スポンサーリンク
カテゴリー

『しわあわせ』(Vaundy)の音域

 こんにちは。今回はVaundyさんの『しわあわせ』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『しわあわせ』(Vaundy)、Shiwa Awase(Vaundy)
『しわあわせ』(Vaundy)の音域







【地声最低音】mid1C(C3) 

★合わせてできたしわの数が 僕達のm1C[み]m1D[ら]いの価値だ【Aメロ】
m1C[く]ずれてく時間が増えてくのなら【Bメロ】

※重要度は低いです。m1D辺りを低音の基準に置いてもよい

【地声最高音】hiC(C5)  ※ラストサビで1回のみ

hiA#[ま]hiA[た] [し][わ][あ]hiC地[わ]m2G[せ]A[て]【ラストサビ】


【裏声最高音】hiF(F5) ※ラストサビで2回

★(今もしっかり)つhiA[な]hiC[い]hiD[で]hiE[る]hiF[手]【ラストサビ】
★(やるせない夢が)覚hiE[め]hiF[た]E[こ]hiD[ろ]hiC[に]


【補足】mid2G(一部略)hiFを含むフレーズ一覧

★変hiC裏[わ]らない C[われ]hiC#[ない]hiA地[よ]m2G[ぼ]くら【サビ】
★今もしっかm2G[り]hiA[ぎ][ってい]
★今もしっかり繋いでる手 hiE[uh] hiF[uh]

★そんな しm2G[わ]hiA[あ][わ]hiA#[せ]A[で]【Cメロ】

★あm2G[ふ]hiC裏[れ出す]hiD[が]C[い]込めて僕らは【ラストサビ】
★(溢れ出すねhiD[が]い)m2G[込]hiA#地-hiA[め][ぼ]く]G[ら]
★いm2G[ま]hiA[か]らきG[み]A[の]hiA#[見]A[て][方]G[へと]


 まず、『しわあわせ』についてです。この楽曲は、2021年に男性シンガーソングライターのVaundy(バウンディ)さんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル曲になります。最新シングルであるため、アルバムには未収録であります。
 同曲は、配信開始日と同時にVaundyさんのYouTube公式チャンネルでMVが公開されております。MVは現在、約200万回の再生回数を記録しております。リリース間もない曲ですが、注目の高さがうかがえます。
 『しわあわせ』は専門学校 首都医校・大阪医専・名古屋医専の2021年度CMソングとして書き下ろされました。何となくなのですが、医療専門学校への提供曲ということもあり、楽曲の歌詞はコロナ禍を意識しているのではないかと私自身は感じました。『しわあわせ』というタイトルについても絆や繋がりなどが強く意識されてるように思われます。
 

 『しわあわせ』はストリングスが用いられた壮大なバンドナンバーです。ゆったり目のテンポでバラード曲になります。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、とりわけサビメロの盛り上がりが印象的です。こうした「AメロBメロ」と「サビ」の温度差が大きな作品は音域が広くなりやすいです。
 私なりの同曲のイメージですが、非常に壮大な作品であり、歌が得意な方は歌いこなしたいと強く感じるのではないかと感じました。

 『しわあわせ』の音域的な特徴についてです。同曲は音域が相当広くなっており、高音部分は一般的な男性よりも高いです。こうしたこともあり、ビギナーには手を付けにくいです。
 ちなみに、女性がカバーする場合は、目安として原曲キーから2~3つ(#2~#3)程度上げた方がいいと思います。

 さて、『しわあわせ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについては、ラストのサビで1回登場します。登場回数は少ないですが、楽曲の大きな見せ場の1つです。私なりの目安ですが、この楽曲は地声hiA#辺りを安定的に出せると形になりやすいのではないかと思います(裏声をしっかり使いこなせることが前提です)。この辺りは一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから2~3つ程度(♭2~♭3)を目安に下げてみてください。

 『しわあわせ』ではhiC~hiF辺りの高めの裏声が多く登場します。裏声は「息漏れの少ない強めの裏声」(ヘッドボイス)が多く使われております。こうした裏声は最近では、Mrs. GREEN APPLEの大森元貴さんや、King Gnuの井口理さんが多用しております。よって、同曲を歌う上では、ヘッドボイスが使いこなせることも求められます。

 『しわあわせ』は音域がかなり広いですが、低音部に少し余裕があります。よって、少しであればキー調整は可能です。ただ、高音域が高めでありますので、歌い慣れた人であっても難しい部分が出てくるかもしれません。その辺りは留意しておいてください。当然ですが、ビギナーには向きにくいです。

 『しわあわせ』はキー調整をするにしても難しめの曲になりますが、歌いこなせると非常にカッコイイと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする