スポンサーリンク
カテゴリー

『イノチミジカシコイセヨオトメ』(クリープハイプ)の音域

こんにちは。今回はクリープハイプの『イノチミジカシコイセヨオトメ』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『イノチミジカシコイセヨオトメ』(クリープハイプ)、Inochi Mijikashi Koi Seyo Otome(CreepHyp)
『イノチミジカシコイセヨオトメ』(クリープハイプ)の音域








【地声最低音】mid1G(G3) 

★なんぼm2G[よ]ごれm1G[たアタ][で]【Aメロ】
★m2G[かわ]いいベm1G[ベ着]てお買い[も][ぉ]

【地声最高音】hiE(E5)  ※曲全体で7回

m2G[あし]hiE[た]hiD[に][は 変われ][や]hiA[ろ]hiB[か]【サビ】
★(花びら三枚数えたら あんたに言えるか スキキライ)スhIE[キ]hiD[ィィ]【ラストサビ】


【補足】mid2GhiDを含むフレーズ一覧


m2G[イ]ノチG[ミジ]hiA[カシ]hiB[コ][イ][セ][オ]A[ト]G[メ]【Aメロ】
m2G[札束]三枚数えては [独]りでG[つぶ]hiA[やく]
hiB[ス]hiA[キ]m2G[キ][イ]A[ス]G[キ]

★(明日には)hiB[ラ]hiA[ラ]B[ラ]hiD[ラ]ララ【Cメロ】


 まず、『イノチミジカシコイセヨオトメ』についてです。この楽曲は、2008年にロックバンド・クリープハイプによりリリースされた自主製作盤のアルバム『東京とライブ』に初収録されました。現在こちらは廃盤となっており、2012年にリリースされたメジャー1stアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』やベストアルバムなどにも収録されております。アルバム曲ながら、人気の高い1曲でもあり、カラオケランキングなどでも上位に入っているようです。

 『イノチミジカシコイセヨオトメ』はアップテンポのロックナンバーです。作詞作曲は、尾崎世界観さん、アレンジはクリープハイプによりなされています。歌メロについてはAメロサビCメロで作られており、シンプルであります。演奏時間も3分程度と短いです。
 歌詞については関西弁で書かれており、その辺りも特徴的です。個人的には、【札束三枚数えては 独りでつぶやくスキキライスキ】というフレーズが非常に印象的でした。最近は、小説家としても活動されている尾崎さんですが、言葉の使い方が非常に面白いです。

 『イノチミジカシコイセヨオトメ』の音域的な特徴についてです。上述しておりますが、どちらかといえば女性の声域に近いレンジで歌メロが作られております。男声としてはかなり高い音域になりますので、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいです。また、女性が歌唱する場合、原キーもしくは少し下げて歌ってもよいかもです。

 さて、『イノチミジカシコイセヨオトメ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについてですが、サビを中心に曲全体で7回登場します。この辺りは一般的な男性としてはかなり高いですので、キーを下げた方が歌いやすいです。ただ、キー調整がやや面倒ですので、その辺りで融通が利きにくいかもしれません。目安としては、原曲キーから4つ(#4)程度上げて、1オクターブ下を歌うとよいと思います。

 『イノチミジカシコイセヨオトメ』は低音部分に余裕があるため、キー調整は可能です。歌い慣れた人であれば合いやすいところが見つかると思います。一方で、音域がやや広めであるため、歌い慣れていない人向けの調整は難しいかもしれません。その点は留意しておいてください。キー調整をするにしても、歌い慣れた人向けの作品といえます。

 先にも述べたように『イノチミジカシコイセヨオトメ』は男声としてはかなり高い音域であります。原キーの場合は、男性にとっては難しい曲だといえます。
 一方で、同曲は、男性よりもむしろ女性の方が歌いやすいかもしれません。原キーでも良いですし、高音域が苦手な方や歌い慣れていない人などは少しキーを下げてもよいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする