カテゴリー

『ALONE』(MY FIRST STORY)の音域

 こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『ALONE』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ALONE』(MY FIRST STORY)
『ALONE』(MY FIRST STORY)の音域






【地声最低音】mid1G#(G#3) 

★NO MORE!! We will never quit to judge m1G#[to] live with e[very]day [and]...【Aメロ】


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※Bメロとサビ

★誰もhiA#[え]hiC[がい]A#[てない] hiC#[くひ][と]A#[りに]C[なっ]ても【Bメロ】

★くhiC[だ]hiC#[け][散っ]hiA#[て] m2G#[さ][よって う][言ったっ]hiC[て]【サビ】
★なhiA#[げい][も][がい][も] hiC#[の]C[ま]A#[ま]C[で]... (Lost myself)


【補足】hiA#hiCを含むフレーズ一覧

m2G#[NO MORE!!] We are sick of people de[ci]ding our lives [with] no fait【Aメロ】

★不m2G#[安定]なぼ[くの]抱いた[最]終的hiA#[感][情]はNee[dless](Needless)【Bメロ】
★What is my m2G#[dream] for right now What if I had let it hiA#[go]

★(絡まって もう)m2G#[消し]hIC[たく]hiA#[て]【サビ】
★僕が何選んだって終わらない僕のhIC[存]hiA#[在]証明は?
★今 重ねhiC-hiA#[あった][たえを]か]がえていた

★歪んだ世界にhiA#[僕]は何をこの先ずっとhiC[待っ][ていれ]ばいい?
★I Don’t hiC[Know!!]hiA#[に]C[もか]A#[も全]部終わらそうとして
★(無理矢理「僕」の「色」)変えhiC[た]hiA#[として]も 最後はきっと…
何度壊れたって消したってhiA#[散っ]たってLead the way
I will release for myself   hiC[We] hiA#[are] C[not alone]

※一部しか記載してませんが、m2G#辺りは頻出です。

 まず、『ALONE』(アローン)についてです。この楽曲は、2015年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、2016年にリリースされた『ANTITHESE』に収められております。同アルバムには、『Missing You』(過去記事)、『不可逆リプレイス』(過去記事)といった人気曲も収められております。
 『ALONE』はCDシングル発売から2か月後にMVが公開されました。現在、レーベルとMY FIRST STORYの公式チャンネルで2つの動画が公開され、2021年6月現在、合計で1600万回以上の再生回数を記録しております。マイファスのシングル曲の中でも人気の高い曲の1つと言えます。

 『ALONE』はアップテンポのラウドロックナンバーです。同曲は、2番終了後、Cメロがあり、その後は通常の「ラストサビ」ではなく、別のメロの大サビのようなものが作られ、アウトロに向かいます。その点で特徴的であります。上述の音域表記についても、hiA#~hiCのみにかかわらず、記述する内容が多くなっております。ボーカルの歌唱についても、シャウト気味に発声されてる場面があり、音域が特定し辛かった場面もあります。

 『ALONE』の音域的な特徴についてです。『Missing You』(過去記事)、『不可逆リプレイス』(過去記事)にも言えるのですが、この『ALONE』も男声としてかなり高めのレンジであります。原キーの場合は、高音域の非常に得意な男性、もしくは女性が向きやすいです。音域がそこまで広くないので、キー調整はしやすいですが、元々のキーが高いため違和感がでてしまうかもしれません。


 最後に『ALONE』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#については、Bメロサビで登場します。この楽曲はサビ自体が2回のみなので、回数としてはhiC#の登場回数も滅茶苦茶には多くないです。ただ、上述の音域表記を見ても分かりますが、hiCががサビや楽曲の終盤にかけて頻出します。一般的な男性の場合はキーを下げた方が歌いやすいと思います。

 『ALONE』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整の融通は利きやすいです。大きな調整に抵抗が無ければ、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。
 ただ、原曲キーの音域が相当高めなので、一般的な男性の音域に設定すると、違和感が出る人も多くなるかもしれません。また、ボーカルのHiroさんのようなしゃくり、抑揚などを利かせた発声をするには歌い慣れておく必要があります。キー調整をするにしても、歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。

 細かく記述はしておりませんが、『ALONE』は原曲キーの場合、mid2G#以上が頻出します。①音域が広くない、②男性としては高めといった特徴を備えているため、スタミナは必須となります。また、ボーカルはシャウト気味に発声している場面もあります。無理は禁物ですが、そうした歌唱が出来ると、原曲のニュアンスに近づきやすいです。

 『ALONE』はカラオケなどで歌いこなすのは非常に大変ですが、上手く歌えると非常に盛り上がるのではないかと思います。私自身は、サビや楽曲の終盤の盛り上がりが非常に耳に残りました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    ラスト除けばマイファスにしては歌いやすいと思ってましたが、普通に高いですね、あと個人的意見としてはキー調整云々の説明はどうなんだろうって思います、音域が広すぎない限り、極論をいえば下げまくれば誰でも歌えてしまうので。(楽曲の難しさを示すには原キーでの難易度を重点にしていいと思います)

  2. もりっしー より:

    コメントありがとうございます。
    ホントはmid2G#も記載したかったのですが、
    ゴチャゴチャになりそうでしたので除外しました。
    hiC辺りが滅茶苦茶多いですね。

    自分としてはキー調整は重要な要素だと考えてるので、そこはいつも記載してます。
    ただ、ぴたっくまさんのおっしゃる通り、マイファスとかX辺りになると
    わざわざ書かなくてもよいのかもです。

    以前、ヒゲダンのリクエストを多く取り上げたときに、あまりに一般人向けの楽曲が無かったので
    キー調整しやすい曲も重要なのではないかと考えました。

    • ぴたっくま より:

      hiCがこんなに多いのは予想外でした、マイファスにしては歌いやすめで、全体が高いわけではない体感でした
      キー調整についてはもりっしーさんが必要と感じて書いてるなら記述はそのままでも大丈夫です、個人的に、叫んで歌うようなバンドの歌を歌いやすいキーにするのは少し違和感を感じただけです。