カテゴリー

『たましいの居場所』( マカロニえんぴつ ) の 音域

 こんにちは。今回はマカロニえんぴつの『たましいの居場所』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、同曲は、ラストサビで一部主旋律が聞き辛くなっている場面があります。その場面は、テレビでの歌唱なども参考に調査しました。その辺りを踏まえた上で、ご拝読ください。


『たましいの居場所』(マカロニえんぴつ)、Tamashii no Ibasho(Macaroni Enpitsu)
『たましいの居場所』(マカロニえんぴつ)の音域






【地声最低音】mid1E(E3) 

★あくせく働いてぼくらは生m1Fm1E[活[を] あの日の浪漫を守り抜m2E[く]【Aメロ】


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※全体で1回のみ

★おhiA#地[もい]出泳いで いまさm2G[ら]会いm2G#Gm2F[に]行く]ぅ]【Dメロ】

※サビを中心にhiAが9回

【裏声最高音】hiC(C5) ※全体で1回

m2G[泣いて]hiAG[いいん]だ]ぜ、A[ま][だ] まだ hiC裏hiB[ま]だ] まだ【ラストサビ】

※この場面は音源ではあまり聴きとれず、テレビでの歌唱動画を参考にしました。

【補足】mid2FhiAを含むフレーズ一覧

★どんなみらm2G[いの] GhiA[い[ろ]だっ]【サビ】
★さぁ!受m2Fm2E[け入][て生]き]なきゃダメ なん[て]
m2E[そりゃ]ないよなぁ、hiAm2G[ヘイ]ブ][ラ]ザー

★アクセル踏み込んで道なきm2Gm2Fm2E[未]知]へ]【Aメロ】
m2G[愛]のsomething m2E[充電していざ]DANCING【Bメロ】
★帰ろう(マイホーム)心が向かう方m2F[に] m2G[oh] E[oh]

m2G-m2F[た]ま]しいG[の居]場]所はレコードの[な]【Dメロ】
★あなm2Fm2G[た[と]聴いたラヴェル

★こんなみらm2G[いで いま  oh] m2F[oh]【ラストサビ】
m2E[託]されてうhiAm2G[たを描]いてる!]
★風を舞う種になm2Gm2F[ら]い]、うm2F[た]を繋ぐ

 まず、『たましいの居場所』についてです。この楽曲は、2022年にロックバンド・マカロニえんぴつによりリリースされたシングル作品です。CDシングルとしてリリースされました。また、同シングルには、アニメ『サマータイムレンダ』のオープニングテーマとなった『星が泳ぐ』も収録されております。

 『たましいの居場所』は、2022年に発売された日産自動車の電気自動車「サクラ」のCMソングとして書き下ろされました。自動車のCMソングは昔から話題曲が多く生まれており、現在でも米津玄師さん、King Gnu、藤井風さんなど多くのヒット曲が送り出されております。今回の自動車については、電気自動車で、また名前が「サクラ」ということもあり、企業側の期待の大きさが伺えます。タイアップ曲としてマカロニえんぴつが選ばれたのも、バンドの勢いを感じさせられます。


 『たましいの居場所』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性曲としては高めのレンジで歌メロが作られております。そのため、通常はキーを下げた方が歌いやすそうです。
 同曲のもう一つの特徴は、楽曲全体を通してmid2F~hiAといった中高音域の登場回数が非常に多いという点です。そのため、ある程度高音域が得意な人であってもスタミナが求められます。
 ちなみに、同曲は、中高音域が多い分、声域が標準より低めの女性が原曲キーで歌うことも可能です。少し低音域が少ししんどいかもしれませんが、「女性曲が高すぎる」という女性は選択肢に入れてみてもよいと思います。



 最後に『たましいの居場所』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内です。ただ、女性にとってはかなり低いレンジとなります。ただ、低音域が得意な人であれば、出なくもないレンジですので、「標準より低めの音域」の女性辺りだと、原曲キーで歌ってみるのも良いかもしれません(一般的な女性の場合は、キーを2~3つ程度上げた方がよさそう[#2~3])。

 次に、地声最高音hiA#については、Dメロで登場します。登場回数は1回のみです。このhiA#以外では、サビを中心にhiAが多く登場(全体で10回近く)します。また、mid2E~mid2G辺りの登場回数も多いため、一般的な男性は、キーを下げた方が歌いやすそうです。一つの目安ですが、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。



 『たましいの居場所』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに調整することが可能だといえます。一方で、音域自体が広めの作品であるため、ビギナーなどは、キーを調整しても難しい部分が出てくるかもしれません。その辺りは留意しておいてください。

 『たましいの居場所』を原曲キーで歌唱する場合、とりわけmid2F~hiA辺りを地声でしっかり歌いこなせる力が求められます。そのため、「ある程度高音域が得意な男性」、「標準より低めの音域の女性」などが原曲キーで歌いやすそうです。ただ、先述のように、mid2E~mid2G辺りの中高音域が頻出ですので、ある程度高音域が得意な男性であってもスタミナは必要不可欠となりそうです。


 『たましいの居場所』はミドルテンポのバンド曲であり、カラオケにも向きやすいです。とりわけ1990年代のMr.Children、奥田民生さんなどが好きな方は、非常にハマるのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 釘崎 より:

    ありがとうございます!思ったよりスタミナが大変そうですね笑

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      この曲は地声最高音、地声最低音だけだと難易度が分かりにくいので
      私のブログみたいなサイトが役に立ちやすい気がしました(手前味噌ですが)。
      高音が使えるだけじゃなくて、体力が求められる作品ですね。