カテゴリー

『ハッピーエンドへの期待は』(マカロニえんぴつ)の音域 [2021年]

 こんにちは。今回はマカロニえんぴつの『ハッピーエンドへの期待は』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は久々に自選曲になります。


『ハッピーエンドへの期待は』(マカロニえんぴつ)
『ハッピーエンドへの期待は』(マカロニえんぴつ)の音域






【地声最低音】mid1C#(C#3) 

m1E[ああ] m1D#[終][わ]りは何も告げず始まっ[た]【Aメロ】
m2E[ど]のくらいの無鉄砲がm1E[ぼ]m1D#[く]m1C#[ら]にはD#[似]{合う?]【Bメロ】


【地声最高音】hiA(A4)  ※曲全体で3回

★いまm2GhiA[君に[会っ]て]思いきり泣いてみたい【通常サビ】
★あいつm2F#[の]m2G#hIA[背[が]きゅ]うにこG#F#[い][い]ぃ]【2番Bメロ】
★愛してるよ、m2F#[ぜん]m2G#[ぶ]G#[りなか][っ]G#hiA[まい[に]ち]【ラストサビ】


【裏声最高音】hiB(B4) ※ラストサビで1回

m2G#[じま]m2F#[っ]G#[もう]hiB[き]G#[み][ぃ]のいない【ラストサビ】


【補足】mid2E(一部略)mid2G#を含むフレーズ一覧

m2E[残酷だっ][なぁ]人生は」思っていたより【冒頭サビ】
★m1E[いま]m2Em2F#[君に[会っ]て]思いきり泣いてみm1E[たい]
★まm2E[た]君のいm2F#[ないき][せ]m2G#[つ]F#[へ]【Bメロ】

m2Gm2F#[残酷だっ][なぁ]人生は」思っていたより【通常サビ】
★どうm2E[に]m2G[かな][る]はずさ どうにかなるはずさ
★付m2E[け]ないで お[もい]出になるほど[綺]麗じゃEm2F#[な[いか]ら]

★おとm2G[なに]なりG[そびれ]m2F#[た]哀れなかF#G[げ[た]ち]を 【2番サビ】

★終わりは何もm2F#[告]m2G#[げず]【ラストサビ】
★季m2F#[節]m2E[も]選んでよかっ[た][おもう]
m2G#[ど]m2E[の夜のことを思い出してしまって]m2F#[も]G#[ね]
★悲しくm2E[は]m2F#m2G#[ない[の][だ]

※アウトロの【ラララ】の一番高いところはhiA

 まず、『ハッピーエンドへの期待は』についてです。この楽曲は、2021年にロックバンド・マカロニえんぴつによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル曲であります。同曲は、2022年にリリースされたマカロニえんぴつのメジャー初のフルアルバム『ハッピーエンドへの期待は』にも収録されております。

 アルバム『ハッピーエンドへの期待は』はマカえんとしては初のメジャーフルアルバムであり、『生きるをする』、『八月の陽炎』、『はしりがき』といったシングル曲が収められております。また、ロックバンドDISH//に提供した『僕らが強く。』もセルフカバーされております。とりわけ、シングル『なんでもないよ、』(過去記事)は大きな話題となっており、すでに再生回数が1000万回を超えております。
 その中で、『ハッピーエンドへの期待は』はアルバムの1曲目として収録されております。タイトルを見ても分かるように、アルバムの表題曲であり、重要な位置づけといえます。私個人としても、ここ最近のマカロニえんぴつの作品としては特に好きな楽曲です。
 同曲は、カツセマサヒコさんの同名小説を原作とした映画『明け方の若者たち』のために書き下ろされました。同映画は、DISH//のボーカルでもある北村匠海さんが主演しております。マカロニえんぴつは先日も『沈丁花』(過去記事)という楽曲をDISH//に提供しており、縁が深くなっております。


 『ハッピーエンドへの期待は』はアップテンポのバンドナンバーです。頭サビでメロが始まり、AメロBメロサビへと展開します。同曲は、転調が比較的多く、また場面ごとにカラーが大きく変わる作品です。例えば、AメロBメロは強いアッパーなロックアレンジですが、1番サビはやや穏やかなサウンドになっております。そうした展開でありながら、演奏時間が3分30秒程度であり、非常に密度が濃いと私は感じました。


 『ハッピーエンドへの期待は』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性としては高めのレンジで歌メロが作られております。地声最高音はhiAで、加えてmid2G#辺りの登場回数も非常に多いです。一般的な男性は少しキーを下げた方が歌いやすいです。
 先述しておりますが、同曲は転調が多くみられるアレンジになっており、慣れないと少し音程に迷うかもしれません。


 最後に『ハッピーエンドへの期待は』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#はBメロで登場します。同曲は、AメロBメロ辺りではmid1C#~mid1E辺りが登場します。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内でありますが、低音域が苦手な男性は少し歌いにくいかもしれません。また、女性にとってはかなり低めの声域になります。そのため、女性の場合は原曲キーでの歌唱は難しく、一般的にはキーを上げた方が歌いやすいです。

 一方、地声最高音hiAについてはサビやラストサビなどで登場します。回数は4回程度です。また、同曲はmid2G,mid2G#辺りの回数が多く、その点でも男性にとっては高く感じられると思います。一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。目安としてですが、原曲キーから2つ程度下げてみてください(♭2)。

 『ハッピーエンドへの期待は』は低音域に少し余裕があり、キー下げは可能です。低音が若干歌いにくいかもですが、ある程度歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに合わせることができるのではないかと思います。
 一方で、ビギナーの場合は、キー調整をしても難しい部分が出てくるのではないかと私は分析しました。同曲は、転調が多く、また、ラストサビなど歌メロのリズムが取りにくい部分があります。そのため、音域面以外でもハードルがある印象です。

 『ハッピーエンドへの期待は』を原曲キーで歌唱する場合、hiA辺りがしっかり歌いこなせる力が求められます。また、サビなどを中心にmid2F#~mid2G#辺りも多く登場します。よって、ある程度高音域が得意な男性が合いやすいと言えます。
 大まかな目安ですが、マカロニえんぴつは、Mr.Children、back number、レミオロメンなどと声域が近いことが多いです。そうしたバンドの曲が歌える方はチャレンジしやすいと思います。

 『ハッピーエンドへの期待は』はアップテンポのバンド曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。私自身も、マカロニえんぴつのなかでも特に好きな作品の1つです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆゆ より:

    YO_KOのパラレルワールド【⠀後編⠀】という曲の音域お願いします

    • もりっしー より:

      リクエストありがとうございます。
      リストアップしておきます。
      昨日Mステでも紹介されてました。