カテゴリー

『愛をとりもどせ!!』( クリスタルキング ) の 音域

 こんにちは。今回はクリスタルキングの『愛をとりもどせ!!』(1984)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。クリスタルキングの楽曲を取り上げるのは、『大都会』(過去記事)以来、2回目となります。
 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルではミュージックビデオが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません(ストリーミングでは配信されているようです。)。

『愛をとりもどせ!!』(クリスタルキング)、Ai wo Torimodose!!(Crystal King)
『愛をとりもどせ!!』(クリスタルキング)の音域







【地声最低音】mid1F#(F#3) 

hiBhiA[You][Shock]) 愛でm1Gm1F#[そ[らが]落ちm2E[て]くる【Aメロ】
★熱いこm2G[こ]ろ クサリでGm2F#[つ]ない]でも 今は無駄1G-m1F#[だ[よ]【Bメロ】


【地声最高音】hiC(C5) ※全体で4回

hiBhiA[俺との愛を守]る為] おまm2G[えは]hiCB[た]び立ち]【サビ】

※hiCに次ぐ高音としてはhiBが22回と超頻出


【補足】mid2GhiBを含むフレーズ一覧

★あm2G[し]hiA[を] hiBA[見うし]な]B[た]【サビ】
m2G[あ]hiA[を 取りも]hiB[せ]



 まず、『愛をとりもどせ!!』についてです。同曲は、1984年にロックバンド・クリスタルキングによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、1985年にリリースされたベストアルバム『クリスタルキング THE BEST』に初収録されました。

 さて、『愛をとりもどせ!!』は週刊少年ジャンプで連載されていた同名漫画を原作としたテレビアニメ『北斗の拳』のオープニングテーマとしてタイアップが付きました。また、『愛をとりもどせ!!』のカップリング曲である『ユリア…永遠に』もエンディングテーマとなっております。
 『愛をとりもどせ!!』は楽曲の質とアニメの人気が相まって、1980年代を代表するアニメソングとなり、カバーも多くなされております。2009年には着うた部門でミリオンセラーを記録する等、リリースから時を経てもなお愛され続ける楽曲といえそうです。また、海外での人気も高く、私自身もYouTubeで海外の方が歌唱される動画も見たことがあります。


 『愛をとりもどせ』の音域的な特徴についてです。同曲はアップテンポのバンド曲ですが、低音パートと高音パートのツインボーカルでメロが歌われております。低音パートは【mid1F#(F#3)~mid2G(G4)】で大よそ一般的な男性の音域の範囲内(どちらかといえば高音寄り)高音パートは【mid2E(E4)~hiC(C5)】と男性音域としてはかなり高いレンジで歌メロが作られております。そのため、全パートを歌唱すると男性の音域としてかなり高レンジとなります。そのため、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいです。
 ちなみに、同曲は低音パートも含め、女性が原曲キーで歌唱することも可能です。ただ、過去の女性によるカバーなどを考えると、低音パートはやや歌いにくそうに感じました。2人以上で歌唱し、低音を男性、高音パートを女性が歌唱するのもよいかもしれません。



 最後に『クリスタルキング』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、かなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#はAメロやBメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内です。音域的には女性も歌唱可能ですが、低音感があるのではないかと思います。女性の場合、キーを上げた方が歌いやすそうだと私は判断しました。

 次に、地声最高音hiCについてはサビで登場します。全体で4回程度です。このhiC以外ではhiBが非常に多く、全体で22回登場します(2番サビまでの曲としてはかなり多い)。そのため、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいと思います。


 『愛をとりもどせ!!』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに調整することができそうです。ただ、この曲はハイトーンが魅力の作品でもありますので、キーを下げるにしてもなるべく高音域をキープした方が原曲のニュアンスに近づきやすそうです。

 『愛をとりもどせ!!』を原曲キーで歌唱する場合、hiB,hiCといった高音域を地声でしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りは男性の音域としてはかなり高く、コントロールが難しいです。そのため、「高音域が得意な男性」が原曲キーに合いやすいと思います。
 先述のように、同曲は低音パート【mid1F#(F#3)~mid2G(G4)】と高音パート【mid2E(E4)~hiC(C5)】によりなっております。そのため、「低音パートを男性」、「高音パートを女性もしくは高音の得意な男性」というように役割分担するのもよいと思います。


 『愛をとりもどせ!!』は今もなお愛されるアニメソングであり、ハイトーンが魅力的なロックナンバーです。そのため、カラオケなどで歌こなせると映えそうです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    低音パートが意外と高いですね、(低音じゃないと言ってもいい)
    最高音hiC4回だけなのを考えるとそこまでなんですが実際に歌唱をするとめちゃくちゃ高音感があります、(hiBを余裕で出せてもしんどい)
    過去記事にはhiCくらいでも「高い」表記で収まってる曲も多いですが、この曲は明確に「かなり高い」と感じます

    • もりっしー より:

      ぴたっくまさんコメントありがとうございます。
      この曲、サビが2回しかないのに、hiBが22回も出てるのです(hiB連発は1回扱い)。
      サビだけ見ると、完全に女性曲ですね。

      • ぴたっくま より:

        低音が女性でもギリギリ出ることも予想外でした
        全く関係ないですが結束バンドの「なにが悪い」をリクエストします

        • もりっしー より:

          確か、15年くらいの前のアニメで、
          女性が低音パート、男性が高音パートという
          ちょっと変わったパート分けでこの曲をカバーしてましたね。
          記事にする際に聴いてみたのですが、男女ともに歌いにくそうでした。
          『なにが悪い』大丈夫です。リストアップしておきます。