カテゴリー

『風のささやき』( あいみょん ) の 音域

こんにちは。今回はあいみょんの『風のささやき』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『風のささやき』(あいみょん)、Kaze no Sasayaki(Aimyon)
『風のささやき』(あいみょん)の音域







【地声最低音】mid1G(G3) 

★またあm2Am1G[いつ[とあ]いつを]m2F[ぶん殴]ってやった【Aメロ】
★使えm1G[たならこの先を]m2F[僕じゃ]ない誰かに変えて


【地声最高音】hiA(A4) ※全体で9回程度

m2Gm2F[こ][ま]ま朝が来なけりゃhiA[いい]のに【Aメロ】
★そm2EhiA[れでも変[わ]らない生活に
★てm2GhiA[き当に買っ[た]コン]パス な[がめるだけA[の]時]【Bメロ】
★「何かあればまたおいでよ」 結局そんなもんhiA[なん]m2G[な]【2番Bメロ】

【補足】mid2Fmid2Gを含むフレーズ一覧

m2Em2F[さ[ん]ぽに行くのも[いF[の]ちがけだな【Bメロ】
m1G[か]m2E[の]ささやき 耳障りE[だ]【サビ】
★ぼm2F[く]のことm2G[なん]も知m1G[ら]ないくせに[ふ][けんG[な]
m2Gm2F[ティファニー]ブ]ルー[のそG[ら]のし]
m2G[手]に届m2Fm2E[き]そう]で届かないなあ

 まず、『風のささやき』についてです。この楽曲は、2017年に女性シンガーソングライターのあいみょんさんによりリリースされたアルバム『青春のエキサイトメント』に収められております。同アルバムには、『愛を伝えたいだとか』(過去記事)『君はロックを聴かない』(過去記事)といったデビュー初期の人気曲が収められております。その後のあいみょんさんブレイクに伴い、『青春のエキサイトメント』も2020年に10万枚の出荷を記録し、日本レコード協会よりゴールド認定がなされました。

 さて、『風のささやき』はスローなバンド曲です。1番AメロBメロではアコースティックギターの弾き語りでサウンドが展開し、サビでバンドが加わります。サビを中心にバンド感はありますが、歌メロはシングル曲と比較すると落ち着いております。作詞作曲はあいみょんさん、編曲は立崎優介さん、田中ユウスケさんの共作でなされております。両者はあいみょんさんの楽曲のアレンジで重要な役割を果たしており、ファンにもお馴染みだと思います。
 同曲の歌詞は、あいみょんさんのブレイク前の作品ということもあってか、夢や目標への苦しみなどが表現されております。私個人はあいみょんさんの歌詞が非常に好きなのですが、今回記事を執筆する過程で改めてその良さに気づかされました。


 『風のささやき』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な女性の音域の範囲内で歌メロが作られております。アルバム曲ということもありますが、高音域にについては最高音がhiAであり、J-POPの女性曲としては決して高いレンジではありません。そのため、高音域が苦手な女性などもアプローチしやすい楽曲なのではないかと思います
 同曲は最高音がhiAということもあり、人によってはキーが少し低いと感じるかもしれません。とりわけ「高音域が得意な女性」などは少しキーを上げるのもよいのではないかと私は推測しております。
 ちなみに、男性が同曲を歌う場合、「ある程度高音域が得意な男性」などは原曲キーでも一応は歌唱可能だと思います。ただ、楽曲のしっとり目のニュアンスを考えると、高音域が得意な人であってもキーを下げた方がよいのではないかと私個人は感じました。



 最後に『風のささやき』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内(J-POPの女性曲と比べると低い方)です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1GはAメロ等で登場します。場面によってはmid2Aなどを伴います。この辺りは女性の音域の範囲内ですが、「高音域が得意な女性」などはもしかしたら少し低く感じやすいかもしれません。場合によっては、キーを上げるのも選択肢です。

 次に、地声最高音hiAについてはAメロやBメロで登場します。登場回数は10回弱程度です。この辺りは女性の音域の範囲内です。標準的な音域の女性はもちろん、高音が苦手な方もある程度取っ付きやすそうなだと思います。ただ、歌い慣れておらず、高音のコツがつかめない方、「低音が非常に得意な方」などはキーを下げることもあり得そうです。その辺りは各々の状況を判断し、微調整を加えてください。


 『風のささやき』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。そのため、歌い慣れた人はもちろん、ビギナーなどにもマッチしやすそうです。ただ、キー調整をしたからといってすぐにあいみょんさんのような表現ができるわけではないので、気長に練習に取り組んでください。個人的には、練習曲としてはある程度使いやすい楽曲だと感じます。

 『風のささやき』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F~hiAといった高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りは女性の音域の範囲内です。非シングル曲ということもあってか、J-POPの女性曲と比べると高音が高くありません。そのため、「標準より低め~標準的な音域の女性」等が原曲キーに合いやすいと私は判断しました。また、「高音域が非常に得意な男性」の中には、キーを変えずに原曲のように落ち着いた表現で歌える人がいるかもしれません。


 『風のささやき』はシングル曲と比べるとやや落ち着いたバンド曲ですが、音域的には取っ付きやすく、練習曲にも向きやすそうです。また、私個人としては歌詞も非常に耳に残りました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする