スポンサーリンク
カテゴリー

『キスだけで feat. あいみょん』(菅田将暉)の音域と感想

こんにちは。今回は菅田将暉さんの『キスだけで feat. あいみょん』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『キスだけで feat. あいみょん』(菅田将暉),Kiss dakede feat. Aimyon(Msaki Suda)


【地声最低音】mid1C(C3) ※菅田さんが歌唱

★確かめな[く]ても 湿ってく


【地声最高音】hiA(A4)  ※あいみょんさんが歌唱しています

★傷つけmid2G[て]mid2F[も かま]hiA[わ][な][い][の]?(2番サビ)
hiA[抱]mid2F[きし]めて キスだけで(Cメロ)


【裏声最高音】hiA(A4) ※菅田さんが歌唱

★傷だらmid2G[け]mid2F[に なる]hiA裏[と][し][て][も]
hiA[抱]mid2F[きし]めて キスだけで(Cメロ)


【補足】mid2F,mid2Gの箇所

★抱きしmid2F[め]てもらえないでしょう(Aメロ)
★揺らいでく しmid2F[ず]みたいの(Bメロ)
★キスだmid2G裏[け]mid2F[で]いけそうなの(サビ)
★重なり合いたい気持ちをmid2G[ま]mid2F[た][で](Cメロ)

『キスだけで feat. あいみょん』(菅田将暉)







 まず、『キスだけで feat. あいみょん』についてです。この楽曲は2019年に菅田将暉さんによりリリースされたアルバム『LOVE』に収録されている作品です。アルバムの発売に先立ち、YouTubeの公式チャンネルにMVが公開されました。2019年7月現在、500万回もの再生回数を記録しています。人気、話題性が非常に高い作品だと思います。タイトルにあるようにシンガーソングライターのあいみょんさんが作詞作曲を手掛け、菅田さんとデュエットしております。

 『キスだけで』のサウンドについてです。アコースティックギターなどを基調としたナンバーです。派手なアレンジなどは行われず、菅田さんとあいみょんさんの二者のボーカルが活かされるようなアレンジがなされていると思います。メロディーもAメロBメロサビという構成ですが、ラストはサビがありません。ボーカル含めて全体としてしっとりしたアレンジです。
 それ故にボーカルの歌唱についても「声を張る」というよりは「裏声気味にしっとり歌う」という形です。上記の音域については便宜上、地声裏声についてある程度区別していますが、高音域はそれぞれの特性に合わせて裏声地声で歌うと良いと思います。

 『キスだけで』の歌詞についてです。「わたし今日は女だから」というフレーズが象徴的ですが、これは「生理」の暗喩だと思います。ちなみに女性のパートを菅田さんが歌い、あいみょんさんが男性のパートを歌唱しています。セックスに積極的でない女性と、肩透かしを食らったような男性の姿が描かれます。
 あいみょんさんの男性パートのところで歌詞が「今日『も』女だから」となっているのは、男性側が「いつも断れている」ように感じているのかもしれません。生理周期は大よそ月1回程度ですので、頻繁に会っている恋人同士であれば、いつも断られているわけではないと思うのですが、そうした男性の気持ちがこの「今日も」に込められているような気がします。





 さて、最後に『キスだけで』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。大よそ一般的な男性の音域であります。

 菅田さんが中心にということで、こうした音域になっているのだと思います。ちなみにあいみょんさんの歌唱音域はmid1D~hiAと女性としては低めです。また、hiA部分については菅田将暉さんは裏声で、あいみょんさんは地声で歌唱しております。どちらで歌うかは歌われる方の声の性質に合わせると良いと思います。楽曲全体がしっとりしていますので、そうした表現が出来るように心がけると良いと思います。

 『キスだけで』の楽曲全体を見てみると、mid2F,mid2Gといった音階がよく登場します。こうした音階は普段歌い慣れていない人ではぎこちない発声になりますので、しっかり練習して歌い慣れておくようにしてください。普段歌い慣れていなくても、ある程度練習を重ねていけば、努力が報われるような楽曲だと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする