(2019/01/29)初投稿
(2019/04/02)【補足】など音階についてより詳細に記述しました
(2020/01/10)mid2G部分も含めた音域をより詳細に記載しました。解説部分も加筆修正しております。
 
 
※1)あいみょんさんの音域について、当ブログでは、これまでに『マリーゴールド』『今夜はこのまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『夢追いベンガル』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』『あした世界が終わるとしても』『泣き出しそうだよ feat あいみょん』(RADWIMPS)『ら、のはなし』『どうせ死ぬなら』『ハルノヒ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


マリーゴールド(あいみょん),Marigold(Aimyon)
                                      


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

 ●風の強さがちょっと []ころゆさぶりて
 
目の前でずm1F#[っ]と輝いている 幸せだ

【地声最高音】hiB(B4)  

 ●
真面目に見つめた君が恋(こhiB[いー])hiA[しい](1番Aメロ部分)
 

 ●
m2G[か]G[い]G[わ]らえた[あ][の日]hiA[の]恋(サビ) 
 
雲のような優しさでそっと[ぎゅっ]と 抱きしめてはー[な]さな[い]
 
 
 2人(ふー[たり]A)想いが 同じでありますように(Cメロ部分)
 




【補足】
hiA(A4)中心に注意箇所 

 
●麦わmid2G[ら]の帽子G[の]A[き]みが (サビ)
 ●あれは空がまだ青い[な][の]こと
 雲のような優しさでそっとhiA[ぎゅっ]と 
 m2G[抱]きしめて G[抱]きしめて 離さない
 
 ●[は][か][お][い]場所にいても (Cメロ)
 
『マリーゴールド』(あいみょん)











 記念すべき第一回はあいみょんの『マリーゴールド』を取り上げます。(2015年)、『愛を伝えたいだとか』(2017年)、『君はロックを聴かない』(同年)といった楽曲のリリースを経て少しずつ知名度を上げてきたあいみょん。そんな彼女が音楽ファン以外にも知られるようになり、ブレイクを決定づけた楽曲が、この『マリーゴールド』でしょう。2018年末に出場したNHK紅白歌合戦では、この曲が披露され、多くの人の心をつかみました。

 個人的に驚いたことは、『マリーゴールド』はタイアップが付いていないことだと思います。近年のヒット曲は多くの場合、アニメや映画・ドラマなどの主題歌、CMなどのタイアップが付くのですが、この楽曲はそれがありません。その点において、楽曲の完成度の高さを示す一つの側面と言えるかもしれません。
 




 『マリーゴールド』の音域についてですが、地声最低音   mid1F#(F#3) ~地声最高音 hiB(B4)とでメロディーが構成されております。これは一般的な女性の音域の範囲内です。歌い慣れた人や声の高い女性であれば、気軽に楽しめる楽曲だと思います。以下、見ていきます。


 まず、地声最高音はhiBでこれは一般的な女性の音域の範囲内です。ただ、最高音域hiB(B4)が1番のAメロに登場するなど、変則的な特徴もあります。具体的には『真面目に見つめた君が恋(こいー)しい』
の部分です。1番Aメロ、サビ、Cメロと要所要所でこのhiBが出現するため、一般的な女性の音域であったとしても見た目以上に難易度は高いと思います。

 これらを踏まえると、普段歌い慣れていない人、声の低い人などを含めキーを下げることを選択肢に入れてもよいと思います。目安として原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。ただ、『マリーゴールド』は低音部分はあまり余裕がありませんので、キーを下げ過ぎると低音部が歌いにくくなる可能性もあります。その点は留意しておいてください。
 
 一方で、『マリーゴールド』は、あいみょんの人気曲の中では、手を付けやすい楽曲であるのも確かです。『今夜はこのまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』といった楽曲のキーが高めであることを考えると、『マリーゴールド』が4曲では一番手を出しやすいのではないでしょうか。あいみょんの人気曲を歌いたい」と思ったら、最有力候補になる一曲だと言えます。

 原曲よりも低いキーで歌うことに対して抵抗がある人は多いと思います。しかし、原曲キーにこだわってミスを多く重ねるよりも、キーを下げて安定的な発声を行った方が印象は良いですし、長期的に見て歌唱力の向上にもつながっていくと思います。実際、プロの歌手でもキーの調整を行うことはよくあります。『マリーゴールド』の音域ならば、練習を重ねる中で自然に歌えるようになる人も多いです。そうした意味で『マリーゴールド』は努力が結果に繋がりやすい楽曲でもあると思います。


 ちなみに、『マリーゴールド』は男性が歌っても違和感は全くないと思います。あいみょんさんの楽曲は男性目線で描かれた作品が多いですが、『マリーゴールド』もそうした作品です。キーの非常に高い男性であれば、原キーで歌うことも可能ではないでしょうか。カラオケなどで歌に自信がある高音ボイスの男性は、原キーでチャレンジしてみてもいいかもしれません。
 一般的な音域の男性ならば、キーを3つ前後下げる(♭3)と良いと思います。