カテゴリー

『花の塔』(さユり)の音域 『リコリス・リコイル』ED曲

こんにちは。今回はさユりさんの『花の塔』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、同曲は、現在アーティストおよびレーベルの公式チャンネルではミュージックビデオなどが公開されておりません。ただ、アニメ『リコリス・リコイル』のEDムービーの動画がアニプレックスの公式チャンネルで公開されていますので、そちらを添付します。


『花の塔』(さユり)、Hana no Tou(Sayuri)
『花の塔』(さユり)の音域








【地声最低音】mid1G(G3) ※AメロBメロで登場

★君m1G#[が持]ってき[た]漫画 くれ[た知]らない[なま]G#m1G[のお[は]な]【Aメロ】

★m2G#[ま]どに飾った絵画m1G#[を な]ぞっ[て]【Bメロ】
m1G#[ひ]とり[でう]ちゅ[うを]m2G#[びし]2G#[ぇ]

★(窓に飾った絵画をなぞってひとりで宇宙を)m1G#m1G[旅し[て]ぇ]【ラストBメロ】
m1G#[それ]だけ[で]G#m1G[不自由[な]い]けど


【地声最高音】hiD(D5)  ※全体で8回程度

★孤独hiBhiC#[を[知]ら]ないこB[の]hiD地[ち]C#B[に]ぃは[ぁ]【サビ】
★連れて行って見たhiBhiC#[こ[と]ない]hiD地C#[し]ま]ぁで

※2番サビはキーが1つ低く、地声最高音がhiC#

【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで多く登場

★もhiB[う]hiE裏[二][度]と帰っ[て][る]hiD地hiC#[こ][は]で][き]ないのC#[で][しょ]【サビ】
hiAhIB[歌っ[て]hiE裏[聞][ぁ]E[せて] [このは]hiE[なし]ぃの[つ]E[づき]


【補足】hiA#hiC#を含むフレーズ一覧

m2G#[今日は]まだ来[ない]hiA#hiC[か[な?]【Aメロ】
★初めてhiA#hiC[の[かん]じょ]う知ってA#[しまっ]
★それhiChiA#[だ]け]でいA#[い]はずだったのA#[に]【Bメロ】

★君のhiBhiC#[手[を]に]ぃぎってB[し]まっC#B[た][ら]ぁ]【サビ】
★君がhiBhiC#[手[を]差]し伸べた 光BC#[で[か]げ]が生[ま[れる]【ラストBメロ】

 まず、『花の塔』(はなのとう)についてです。この楽曲は2022年に女性シンガーソングライターのさユりさんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルとしてリリースされ、8月上旬にリリース予定のフルアルバム『酸欠少女』に収められる見込みです。同アルバムには、人気曲『航海の唄』(過去記事)『月と花束』(過去記事)『葵橋』(過去記事)、MY FIRST STORYとのコラボ曲『レイメイ』(過去記事)などのシングル曲が収められております。これらのシングル曲群はいずれもアニメの主題歌となっております。さユりさんとしては5年ぶりのフルアルバムのリリースです。

 『花の塔』はテレビアニメ『リコリス・リコイル』のエンディングテーマとして書き下ろされました。『リコリス・リコイル』は漫画などの原作ではないオリジナルアニメであり、非常に注目が集まっております。アニメの人気と楽曲の質も相まって、主題歌である『花の塔』も配信ランキングなどで上位に位置しているようです。


 『花の塔』はアップテンポのバンド曲です。AメロBメロサビと展開します。同曲の特徴的な点は、1番と最後では「Bメロ⇒サビ」のところで転調が行われるのに対し、2番サビでは転調が行われないという点です(サビ同士で比較すると、2番サビだけ半音低い)。他ではあまり見られない珍しい展開ですので、カラオケなどでも注意したいところです。作詞作曲はさユりさん、編曲は宮田“レフティ”リョウさんによりなされました。宮田さんは当ブログで取り上げられた作品では、Official髭男dismの『イコール』(過去記事)、sumikaの『Shake & Shake』(過去記事)、天月さんの『恋人募集中(仮)』(過去記事)などのアレンジも担当されております。

 『花の塔』の音域的な特徴についてです。同曲は、女性としては高いレンジで歌メロが作られております。キー下げは可能ですが、音域自体が広いため、大きな調整には向きにくそうです。全体的にサビの割合が高く、その分スタミナも求められそうです。



 最後に『花の塔』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べ高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1GについてはAメロやBメロで登場します。この辺りは女性の音域の範囲内ですが、mid1G#とともに登場頻度が高く、意外と低音感を感じるかもしれません。そのため、見た目以上にキー下げがしにくそうに感じました。

 次に、地声最高音hiDはサビで登場します。登場回数は8回程度です。このhiDは女性の音域としては高めであります。また、サビではhiC#,hiB辺りの登場回数が多く、一般的な女性の場合はキーを下げた方がよさそうに感じました。一つの目安ですが、原曲キーから1つ程度下げてみて下さい。
 ちなみに、同曲を原曲キーで歌唱する場合、「(ある程度)高音域が得意な女性」が合いやすそうです。


 『花の塔』は低音域に若干の余地があり、キー下げは可能です。ただ、先述のようにmid1G#,mid1Gあたりの登場回数が多いので、上図に示すほどにキーを下げる余地はないと私は分析しました。そのため歌い慣れた人であっても、一部歌いにくい部分が出てくるかもしれません。キー調整を考慮してもある程度高音域が得意な女性向けだと思います。

 『花の塔』はAメロBメロはメロディーの歌い回しも速いです。ただ、サビについては、曲のテンポに対し、歌い回しが少しゆったりめになります。その分、歌う際に1つ1つの音を長くキープする必要があり、その辺りが私は少し難しそうに感じました。また、「AメロBメロ⇒メロディーが速い」、「サビ⇒メロディーがゆったり」とした特徴のせいか、相対的にサビの時間が長いです(1番AメロBメロ=約25秒間に対し、1番サビ=50秒弱)。そのため、体力的に少し辛い部分が出てくるかもしれません。


 『花の塔』はアップテンポのバンド曲であり、カラオケなどでもうたいやすそうです。また、人気アニメの主題歌ということもあり、思い入れのある人も多いのではないかと思います。私自身はサウンドもそうですが、歌詞なども非常に耳に残りました(1番のメロ、2番のサビなどが好きです)。興味を持たれた方はチャレンジしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    早急な記事化ありがとうございます。moraのランキングで1位だったのでフレッシュな時期に取り上げて欲しかったのです。

    2番サビだけ半音低いのは言われて気づきました、結構珍しいですね。
    全体的にキーが高く、女性にとっては低音も結構多いので音域が結構広いようですね、例によって息継ぎ箇所も無さそうです。
    男性からしたら、『一般的な男性の音域よりもかなり高い』と言う解釈になりますよね、(ようつべで男性キー-4で上げてる人居ますがこれでも結構高いかもですね)
    なお音源だけなら公式がようつべに挙げてるのでそっち貼るのも良かったかもしれませんね(最近はアルバム曲ですらこのケースが増えていて、これではCD売れないよなあって感じます)
    あと航海の唄が公開の唄になっているので直したら5000億点だと思います!

    • もりっしー より:

      ぴたっくまさん、コメントありがとうございます。

      サビが全体的に高いんですよね。
      記事だと一部省略したんですが、サビ頭は、
      君hiA-hiB-hiC#[の[手[を]に]ぃぎって]B-A[し]まっ)]C#-B[た]ぁ[ら]ぁ]
      で、ほぼ全部がhiA~hiC#なのです。
      地声最高音がhiDなので「一般的な女性より高い」としたのですが、
      「かなり高い」としても良かったかもしれません。

      「航海の唄」に修正しました。ご指摘ありがとうございます。
      個人的には今回の曲は歌詞も好きです。

      • ぴたっくま より:

        サビはほとんど全てhi域ですと相当持久力いりますね、あと裏声も多いので自分はそこが大変そうです
        過去記事の中だと平行線か月と花束が1番しんどいですがそれ超えたかもですね、今度挑戦します。