こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『115万キロのフィルム』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『115万キロのフィルム』(Official髭男dism),115man Kiro no Film


【地声最低音】mid1A#(A#2)  ※楽曲全体で1箇所

m1A#[主]演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメmid2F[ラ]マン


【地声最高音】hiC(C5)   ※楽曲全体で1箇所(ラストサビ)

★これから生まmid2G[れ]るめ[い]mid2G#[ば][め]んを探し[に]いこhiC[う]



【補足】mid2GhiA#の箇所

★ 目の奥にm2G[あ]るフィルム[で]mid2G#[く][る][画]の話さ(Aメロ)
★きっと気に入ってもらえると思うmid2G[な] 
★ここまでのmid2G[ダ]イジェスト[を]少しだけ見せるよ~

★初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれmid2G[ど](Bメロ)
mid2G[ごめ]mid2G#[ん]hiA#[ね]と言って
mid2G[な]mid2G#[か]hiA#[な]おりして[手を][ぎ][っ][て]

mid2G#[ほ]mid2G[ら]、ここで君が[わ][う][シー][ン]が(サビ)
★見どこm2G[ろ]hiA#[なん]m2G#[だ][か]らさ [Ah]
★とてmid2G[も]mid2G#[さ][い][な][そ][仕]草に
mid2G[ど]れか2G[ひ]とつを[切り][取]2G{っ]hiA#[て] 

★クmid2G[ラ][ク][アッ][プ]2G#[が]hiA#[い][つ][な]のか(Cメロ)
★僕らには決めらm2G[れ]m2G#[な][い]
mid2G[だ]から風に吹{か]れていこう 

『115万キロのフィルム』(Official髭男dism)










 まず、『115万キロのフィルム』についてです。この楽曲は2018年にOfficial髭男dismによってリリースされたアルバム『エスカパレード』に収録されている楽曲です。その中で、『115万キロのフィルム』は1曲目に収録されており、重要な位置づけにあると言えます。 
 アルバムの発売に先立ち、ヒゲダンのYouTube公式チャンネルで音源が公開されました。2019年8月現在、約250万回もの再生回数を記録しています。また、ライブ音源も公開され、4か月で300万回近く再生されており、人気の高さが伺えます。





 『115万キロのフィルム』のサウンドについてです。ピアノを基調とした軽快なミディアムナンバーです。ヒゲダンは音楽のジャンルでピアノ・ロックに分類されることも多いですが、『115万キロのフィルム』はそうした傾向が強い作品であると思います。
 また、原曲の音源はエレキギターで演奏されていますが、ライブ版ではアコースティックギターが使われており、オシャレでやや落ち着いたアレンジで、ボーカルがより活きるようになっています。

 歌メロディーについてはAメロBメロサビからなる日本のポップらしい構成です。リード曲でラブソングということもあり、多くの人になじみやすいメロディーの構成だと思います。もしかしたら、そのうち、結婚披露宴で流される人気曲になるかもしれません。
 ちなみに高音部については、ヒゲダンの中では比較的高くない音階で歌唱(1か所hiCがあるが、基本的にサビはhiA#)されています。

 歌詞についてです。まず、『115万キロのフィルム』という独特のタイトルは、「二人が出会って、天寿を全うするまでに必要なフィルムの量」から来ているようです。その点に、歌詞の中でも触れられています。
 歌詞の内容としては、主人公の「僕」の目線(見てきたもの)をカメラの撮影に喩え、「君」との思い出や未来予想が映し出されていきます。こうした比喩による描写は非常に面白いと思います。
 藤子・F・不二雄原作の漫画『ドラえもん』のふしぎ道具の中に、「人が見たものがビデオカメラの映像てて残る」というものがあり、個人的にはそれも想起させられました。ちなみに、漫画の中では、「(道具を使って)無くしたお年玉を探す」というロマンスとはかけ離れた目的で登場しました。




 
 さて、最後に『115万キロのフィルム』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。ただし、難易度がエグイ傾向にあるOfficial髭男dismの楽曲にしては、今回は少し優しめです(一般的には難しい)。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音のhiCについてです。ラストのサビで登場します。このhiCについてですが、裏声でも良いと思います。原曲では地声で歌われており、ニュアンスは変わってしまいますが、裏声で歌っても自然に聞こえると思います。地声でhiCが高いと感じる方は、裏声を選択肢として考えてみてください。

 さて、このhiCを除くと、楽曲全体で一番高い音階はhiA#になります。また上述するように、『115万キロのフィルム』はmid2Gの音階が楽曲全体で溢れる程に登場します。その点では、必ずしも難易度は低くはありません。ただhiA#~mid2G辺りが安定的に出せるのであれば、この『115万キロのフィルム』は選択肢と思います。ただ、全体としてかなり体力を使う印象です。その点は留意しておいてください。
 
 hiA#等の音階が出ない場合は、やはりキーを下げて対応すると良いと思います。hiCは裏声で対応するとして、キーを2~3程度下げるとhiA#の部分がmid2G#,mid2Gに設定されます。この辺りになると一般的な男性の音階の範囲になりますので、かなり歌いやすくなると思います。ただ、普段歌い慣れていない人はこのキーでも難しいと思いますので、確実に練習を重ねてください。

 ちなみにキーを下げると低音がきつくなりそうですが、『115万キロのフィルム』では最低音にあたるmid1A#は楽曲全体で1度しか登場しません。また、そのmid1A#を別の高い音で代用してもあまり違和感はありません。故に、キーを下げてもそこまで辛くはならないと思います。低音部は見た目よりも楽です。