こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『サママ・フェスティバル!』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE),Samama Festival!


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★灼熱の日々にめげない 一年にm1C#[い]ちどの季節さ
m1C#[は]なびへC#[連]れてって


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで頻出

★遊hiC#[ぼ]hiB[う] C#[サ]B[マ]hiA[マ]m2G#[マ][マ][フェス]ティバル


【裏声最高音】hiE(E5) ※楽曲全体で1回

★二度と戻れhiB[な]hiA[いこ]m2G#[の]A[い]B[ま]hiE[を](Cメロ)

※地声にも聞こえるのですが、息漏れの少ない裏声とします。




【補足】mid2G#hiC#辺りの注意箇所

★大好きなものがどんどん増hiA[え]m2G#[て]

★メグリメグルm2G#[な]か 君hiA[を見]G#[つ]けた(サビ)
★hiB[運命の]出会いを信じてm2G[みま]しょう
hiA[ギラギ]hiB[ラ]A[浴]m2G#[び]
★ワクm2G#[ワ]hiA[ク][し]ちゃうよね

★日に焼けたhiB[は]hiA[だこ]m2G#[そ][な]B[つ]A[だ]{ね] (Cメロ)
★メグリメグルm2G#[な]か 君hiA[を見]hiB[つ]G#[け]G#[た]
★わhiB[すれ]hiC#裏[ない][で]m2G#[よ] 胸に抱くエネルギー(ラストサビ)
『サママ・フェスティバル!』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『サママ・フェスティバル!』についてです。この楽曲は、2016年に5人組バンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。2017年にリリースされたアルバム『Mrs. GREEN APPLE』に収録されています。

 『サママ・フェスティバル!』はそのタイトル通り、夏をテーマとした楽曲です。11月に取り上げるには少し時期がずれているかもしれませんが、アップテンポのバンドサウンドです。バンドにキーボードが編成されているということもあり、前奏や間奏などでキーボードも存在感を示します。2番終了後の間奏でギターとキーボードの掛け合いのようなソロが見られるのも面白いです。

 『サママ・フェスティバル!』の大まかな音域的な特徴についてです。大森元貴さんは全体として地声裏声ともに高音域が多く登場するボーカリストですが、この『サママ・フェスティバル!』においてはサビを中心に地声の高音域が非常に目立ちます。hiB,hiC#等です。これらの音はミセスの作品では裏声で発声されることも多いのですが、今回については地声で発声しています。そうした点が難易度を高めているのではないかと思います。大森さん自身は楽に発声しているように聞こえますが、非常に高いキーです。




 さて、『サママ・フェスティバル!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiC#はサビの後半で頻出します。上では表記はしていませんが、【wow hiC#[wo]w】の部分もhiC#です。バンドなどで演奏する場合は、この部分はバンドメンバー全員で歌唱したりしても良いかもしれません。可能であれば、オーディエンスなどに歌唱してもらうのもアリだと思います。全てボーカルが担当すると非常にしんどいです。また、カラオケなどでも周りの人に歌ってもらうのも一つの選択肢です。

 ミセスの楽曲は基本的に高音域が連発されます。一般的な男性の場合、原曲キーから4~5程度下げると歌いやすくなると思います。5つ下げると、最低音がlowG#なるのですが、歌い慣れている人であれば、この辺りはギリギリ出るのではないかと思います。

 普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのがベストだと思います。『サママ・フェスティバル!』は音域が広めの曲なので、キーを大きく下げるのは難しいです。

 このように『サママ・フェスティバル!』はややハードルが高い作品なのですが、上手く歌いこなせればカラオケなどでも盛り上がりやすい楽曲だと思います。