こんにちは。今回は米津玄師さんの『Undercover』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『Undercover』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『Undercover』(米津玄師)、Undercover(Yonezu Kenshi)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★そんなことを思いながら僕はずっと生きていm1C#[く]のか


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※各サビで1回ずつ

★駆け抜けてhiA#[会]m2G#[い]m2F#[にい]m2G#地[く]F#[んだ]


【裏声最高音】hiA#(A#4) 各サビで2回ずつ

★進む方はhiA#裏[た]m2G#[だ]m2F#[ひ]とつ
★駆け抜けてhiA#[会]m2G#[い]m2F#[にい]m2G#地[く]F#[んだ]



【補足】mid2F,mid2F#の注意箇所

★m2D#[どう]やってあがいたって(歌い出し)

★どんm2F#[ない]m2F[ま]も呑みF[込ん]でいけば(サビ)
m2F#[あ]m2F[の]トンF[ネ]F#[ル]F[の]F#{き]F[へ]

『Undercover』(米津玄師)









 まず、『Undercover』についてです。この楽曲は、2015年にシンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたアルバム『Bremen』に収録されているナンバーです。リード曲やシングル曲ではありません。

 『Undercover』はミディアムテンポのロックナンバーです。アルバム『Bremen』は米津さん自身が試行錯誤をする中で、ややゆったりめの曲が多くなっているということです。こうした面が、爆発的なヒットになった次作のアルバム『BOOTLEG』にもつながっているのだと思います。
 『Undercover』は疾走感のあるロックナンバーでもなく、軽快なポップでもなく、美しいバラードなどでもありません。個人的には好きなのですが、カラオケ、ライブなどでは盛り上がるといった楽曲ではないように思えます。ただ、サウンド面やボーカルの音域的な面などにおいて、学ぶ点は少なくないと思います。

_______
 
 『Undercover』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されています。地声部分のついては、一般的な男性の音域、もしくは少し高いくらいです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#で登場します。裏声での歌唱の直後ですので、少し難易度が高いかもしれません。少しニュアンスが崩れるかもしれませんが、場合によっては、裏声で対応してもよいと思います。少しずつ慣らしていって、最終的には地声で歌唱したいところです。

 『Undercover』は上述のように、サビではmid2F,mid2F#といった地声部分が多く登場します。この辺りは一般的な男性の音域ですが、ただ「声が出る」というだけでなく、米津さんのように上手く感情を込めて発声し表現したいところです。普段歌い慣れていない人は、滑らかな発声が損なわれやすい音階でもありますので、少しずつ練習していってください。

 『Undercover』は音域的には低音部がmid1C#ですが、見た目ほどの余裕はありません。キー下げの調整はあまり大きくしないほうが良いと思います。ただ、高音域はそこまで高くないですので、大きくキーを下げる必要はあまりないと私は考えております。
  
 『Undercover』はメロディー的にはポップではなく、ややアンニュイな感じのニュアンスでありますが、表現を学ぶにはよい楽曲なのではないかと思います。音域的にもエグい部分は少ないです。アルバム『Bremen』をお持ちの方は積極的に練習してもよいと思います。