こんにちは。今回はKing Gnuの『Teenager Forever』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Teenager Forever』(King Gnu)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★伝えm1C#[か]たがわからなくて 今でも言葉を探しているんだ


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※楽曲全体で多く登場

☆他のだれm2F[か]F[なん]m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ](冒頭)
m2F#[Teen-]m2G#[-a-][-ger For-]hiA#[-e-]F#[-ver](転調後[3回目])
m2F#[愛せな]m2F[かっ]m2G#{た]hiA#地[とし][て]F#[も]G#[ぉ]A#[ぉ](ラスト)

☆これと同じフレーズが多く登場します

【裏声最高音】hiB(B4) ※ラストサビ(アコギの部分)

★他の誰m2F#[か]m2F[に][なん]F#[なれ]F[や]F#[し]hiB裏[ない]hiA#[よ]




【補足】mid2FhiAの注意箇所

m2F[そんな]F[わ]m2G[かっ]hiA[て]G[るん]F[だ]

☆伝えm2F[たい]想いは溢れているのに
☆貴方の煌めきに m2F[気づけた]m2G[いいん]F[だ]

※☆の部分は転調後にキーが1つ上がります。

『Teenager Forever』(King Gnu)









 まず、『Teenager Forever』についてです。この楽曲は、2020年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されているナンバーです。これまでライブなどで演奏されていた楽曲ですが、ソニーのワイヤレスイヤホン、ウォークマンのCMソングとして起用されました。アルバムに先立ち、配信も開始され、King GnuのYoutube公式チャンネルでMVも公開されました。アルバムのリード曲といってよいのではないかと思います。

 『Teenager Forever』はアップテンポの軽快なナンバーです。バンドサウンドが中心ですが、要所要所でアコースティックギターなども用いられております。King Gnuの作品の中ではかなりポップ寄りの楽曲なのではないかと思います。リード曲らしい趣きがあります。

 『Teenager Forever』の音域的な特徴についてです。この楽曲の一つの特徴としては、途中で転調が行われ、歌メロのキーが1つ上がる点であると思います。King Gnuはこれまでも転調が行われる楽曲が多くありましたが、今回もそうした楽曲であります。ただ、一般的に多くの人がイメージする転調と比べて、少し分かりにくいのではないかと私は感じました。「気が付いたらキーが上がっていて、歌いにくくなっている」ように感じる人もいると思います。歌唱する際は、その辺りに注意を払ってください。



 さて、『Teenager Forever』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は楽曲全体で多く登場します。【他のだれm2F[か]F[なん]て m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ]】というフレーズに代表されます。また、転調後も登場します。ちなみに、歌メロの転調は【煌めきを探せよ】という常田さんのフレーズ部分で行われます。
 この辺りの音階は、高音域が出やすい歌が得意な人は比較的克服可能なキーでありますが、一般的には高めです。よって、一つの選択肢としてキーを下げることも考えてください。例えば、原曲キーから2~3程度下げると最高音がmid2G辺りに設定され、歌いやすくなります。

 『Teenager Forever』は音域はやや広めですが、キーの調整は可能です。ツインボーカルのKing Gnuはこの辺りの融通が利きにくい楽曲も多いのですが、今回は大丈夫です。
 ただ、それでも音域自体はやや広めですので、普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに合わせて歌唱できるほどの融通は利きません。キーを下げるにしてもある程度歌い慣れていることが前提になると思います。その点については留意しておいてください。歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジすると良いです。

 私なりの認識ですが、『Teenager Forever』はKing Gnu作品の中では比較的歌いやすい部類に当たると思います(原キーで歌唱する場合は、ある程度難しめです)。アップテンポでカラオケなどでも歌いやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。個人的にはお奨めのKing Gnu作品です。