こんにちは。今回はEveさんの『心予報』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『心予報』(Eve)、Kokoroyohou


【地声最低音】lowG(G2)  

★故に感m1A#[情線]lowG[は]渋滞


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後(+1)サビで登場

★君にhiB地[染まっ]m2G#[てし]m2F#[まえ]ば
★もhiC#裏[もい]hiB[ろの]m2G#[ここ]hiA[ろ]hiB[よ]G#[ほ]F#[お]ぉ
☆視線が愛 相m2G#[まって]m2F#[ぇ]ぇ hiB[Oh] G#[Oh] F#[Oh] Oh

※☆のhiB部分は歌詞表記されていません

【裏声最高音】hiE(E5) ※転調後サビで登場

hiE裏[つ]hiD#[たえ]hiB[て]m2G#[しま]m2F#[えば]
★グッhiC#[バイ]hiB[ステップ] hiD#[か]hiE裏[み]m2G#[さ]m2F#[ま]ぁ




【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

★m1A#[ほろ]苦い期待 張り裂けてしまいそう (Bメロ)
★想いならば 聞かせて そhiA#[の]m2G#[こ]m2G[え]m2F[を]

★神さまどうm2G[か]m2F[今日]G[は]味方しhiA#[て](通常サビ)
★君だけhiC裏[お]hiA#[もっ]m2G[てい]m2F[たい]な C[Ah] A#[Ah](Cメロ)

★心遊ばm2G#[せ] 余所見してないG#[で] (転調後サビ)
★どうm2G#[か]m2F#[今日]G#[は]味方して

『心予報』(Eve)









 まず、『心予報』(こころよほう)についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターのEveさんによりリリースされたアルバム『Smile』に収録されているナンバーです。『心予報』はロッテのガーナミルクチョコレートのキャンペーン"ピンクバレンタイン"のテーマソングとして書き下ろされた作品です。バレンタインをテーマにしたアニメ作品によるMVも制作されております。

 余談ですが、「楽曲の書き下ろし」はドラマや映画、アニメなどでは多く見られてますが、最近はCMでも大きく取り上げられるようになった、と私なりに考えております。ロッテは昨年もBUMP OF CHICKENの『新世界』で創業キャンペーンを行っており、アニメ動画が制作されました。

 さて、『心予報』についてです。爽やかなギターポップナンバーで、編曲はNumaさんによりなされています。バレンタインのキャンペーンソングということもあり、サウンド、ボーカルの抑揚などについて、明るさや優しさが強調されているように感じました。

 『心予報』の音域的な特徴についてです。当ブログではこれまで、Eveさんの楽曲をいくつか取り上げてまいりました。Eveさんの楽曲は音域が非常に広く、この『心予報』においても低音域から高音域までガッツリ歌唱されています。曲の展開としては、低音域のAメロ~Bメロ前半、高音域のBメロ後半からサビといった形になっております。この辺りは、これまで取り上げたEveさんの楽曲と共通しています。キーの調整などは非常に行いにくく、歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。



 さて、『心予報』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めで、音域自体も広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowGが1番で登場し、その他にも低音域が多く登場します。この辺りはEveさんの楽曲の特徴の一つでもあります。

 一方、地声最高音hiBはラストのサビで登場します。『心予報』はラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。よって、通常のサビではhiA#が地声最高音、hiD#が裏声最高音になります。
 地声最高音hiB,hiA#といった音階は一般的な男性にとっては高めであり、歌いにくいと思います。もし、可能であれば、キーを少し下げても良いです。ただ、『心予報』は音域自体が非常に広く、低音域もキーを下げる余地が少ないです。その点は留意しておいてください。

 『心予報』は音域が非常に広く、キーの調整には不向きです。歌い慣れた男性ならば少しキーを下げることが可能(女性なら少しキーを上げる)といった程度です。普段歌い慣れていない人が練習曲として利用することもあまりお勧めしません。別の優しい楽曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが吉だと言えます。
 一方で、高音域が得意で、歌い慣れた人であれば楽しめる楽曲でもあります。「難易度がべら棒に高い楽曲では無いですが、歌い慣れていない人や高音域が苦手な人にとっては非常にハードルが高い」といったところだと私は解釈しています。