カテゴリー

『アヴァン』( Eve )の音域 ~アルバム『廻人』収録

 こんにちは。今回はEveさんの『アヴァン』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『アヴァン』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルではミュージックビデオが公開されておりません。ただ、タイアップ先のスマートフォン用のゲームのオープニングムービーで一部音源が視聴できますので、その動画を添付いたします。フル音源については、ストリーミングなどでも配信されております。


『アヴァン』(Eve)、Avant(Eve)
『アヴァン』(Eve)の音域






【地声最低音】lowF#(F#2) ※こだわらなくても良い

m1A#[不]屈な精神と A#[は]m1D#[かり]得ない A#[そ]こ無しの愛憎感【Aメロ】
★気まぐれな相づm1C#[ち]など 交わす言葉m2F#m2F[も]な]いけど【Bメロ】

lowF#[お]もいも 声も 言葉も 失くした感情さえm2F#F[愛]も]【ラストサビ[オク下げ]】


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※曲全体で30回程度

★この身が焼けても守るものをhiA#m2G#[知っ]て]【Bメロ】

★おm2G#m2F#[もい]も] hiC#裏[声]hiA#地[も]F#[と]ばも【サビ】
★廻って めm2F#[ぐって] 勝機つhiA#m2G#[ない]でい[け]

★(黒い閃光が散る音) 未来hiA#m2G#[永][な]hiC#裏[正][体も]【2番サビ】
★君だけ思いm2F#[焦がれ]hiA#m2G#[は]ぁ]【ラストサビ】


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※サビで登場

★失くしhiA#m2G#[た][情]hiC#hiF#hiF[さえ[愛]も]【サビ】
★ (番いのように)hiC#hiFhiF#[しばり[あって[ぇ]


【補足】mid2F#hiC#を含むフレーズ一覧

☆おm2G#m2F#[もい]も] hiC#裏[声]hiA#地[も] こF#[と]ばも【サビ】
☆期m2G#m2F#[待] 後]hiC#[悔]m2G#[を][さ]ねた
★微笑む感m2F#[情][鳴]hiAm2G#[る]お][と]【ラストサビ】

※☆の2つはほぼ同じメロだが、hiC#の直後の音が微妙に違う

 まず、『アヴァン』についてです。この楽曲は、2022年に男性シンガーソングライターのEveさんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『廻人』(かいじん)の先行シングルとして配信限定でリリースされました。『廻人』には、人気曲『廻廻奇譚』(過去記事)『夜は仄か』、またヨルシカのボーカルsuisさんとのコラボ曲『平行線』(過去記事)といった楽曲なども収められております。

 その中で、『アヴァン』は同名漫画を原作としたスマートフォンゲーム『呪術廻戦 ファントムパレード』の主題歌として書き下ろされました。Eveさんは、先述の『廻廻奇譚』が、同アニメの主題歌として、記録的なヒットになり、ファン以外にも広く知られるようになりました。アルバムの中では、ラストの14曲目に収められました。
 『アヴァン』はタイアップが付いたシングル曲ですが、現在はミュージックビデオが公開はされておりません。ただ、Eveさんのシングル曲はこれまでMVが制作・公開されておりますので、『アヴァン』についても、今後、公開されるもしれません(2022年4月現在)。


 『アヴァン』はアップテンポのバンド曲です。Eveさんらしいアップテンポのギターロックであります。『呪術廻戦』のスマホゲームの主題歌ということもあり、自身のヒット曲である『廻廻奇譚』なども意識されているのではないかと思います。作詞作曲はEveさん、編曲はNumaさんによりなされております。

 『アヴァン』の音域的な特徴についてです。同曲は、Eveさんの楽曲らしく、low音階からhiF#までと広いレンジで歌メロが構成されております。低音域は男性曲としては低めであり、また高音域も一般的な男性と比べると高めです。音域が広いため、キー調整などはしにくいです。そのため、キー調整などを考慮しても高音域が得意な歌い慣れた男性向けの楽曲です。
 ちなみに、同曲は低音域が低いため、女性が原曲キーで歌うのは非常に難しいといえます。そのため、通常はキーを上げた方がよいと思います。



 最後に『アヴァン』の音域についてですが、【地声最低音】lowF#(F#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、音域も広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowF#はラストサビのオク下げのパートで登場します。通常サビの1オクターブ下のレンジで歌メロが歌われておりますので、低音域が強調されております。このlowF#については、私自身は、そこまで厳密にこだわらなくてもよいのではないかと判断しました。
 私個人としての印象ですが、同曲は、低音域としてはmid1A#辺りを基準としてもよいと思います。ただ、そうだとしても男性曲としてはかなり低いレンジとなります。そのため、低音域が苦手な男性や女性などは歌いにくく感じられるのではないかと思います。

 一方、地声最高音hiA#はサビを中心に登場します。登場回数は30回程度とかなり多いです。加えて、同曲は裏声でhiF,hiF#といった高音域が求められます。そのため、男性が歌う場合、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。ただ、同曲は大きなキー下げには向きにくいですので、その点でやはり高音域が得意な人向けの楽曲になります。


 『アヴァン』は音域自体がかなり広い楽曲であり、キー調整は行いにくいといえます。±1程度の少しの調整ならば可能ですが、歌い慣れた人であっても難儀する部分が出てくる可能性があります。そのため、キー調整を考慮したとしても、ある程度高音域が得意な男性向けの楽曲であると、私は判断しました。ビギナーの練習曲としても使いにくいです。

 『アヴァン』を原曲キーで歌唱する場合、地声hiA#辺りをしっかり歌いこなせる力が求められます。このhiA#は登場頻度が高いです。また、hiF,hiF#といった高音域を裏声で歌う必要もあり、器用な発声が求められます。そのため、「ある程度高音域が得意な男性」が原曲キーでの歌唱に向いているといえます。逆に高音域が得意過ぎると、Aメロなどの低音域が歌いにくく感じられるかもしれません。

 『アヴァン』は音域が広く、リズムなども難しい部分があり、難易度が高い楽曲と言えます。ただ、アップテンポのバンド曲であり、歌えるとカラオケでも盛り上がるのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    リクエストに応えていただきありがとうございました!かっこいい楽曲ですよね。3オクターブも使ってるのは驚きでしたw

    • もりっしー より:

      やまさんコメントありがとうございます。
      この曲は歌いこなすのがホントに大変だと思います。