こんにちは。今回は星野源さんの『恋』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『恋』(星野源)、Koi (Gen Hoshino)
『恋』(星野源)










【地声最低音】mid1E(E3)  

m2E[い]となみの街が暮れたm1E[ら] 色めき(Aメロ)
★カラスとひとm1E[び]との群れ


【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※楽曲全体で頻出

★風たちはm2F#[は]m2E[こ]ぶわ(Aメロ) 

★むm2E[ね][な]m2F#[か][に]あるもの(サビ) 
★いつもおm2F#[も]m2E[い出]F#[し]E[て]
m2F#[ほ]m2E[ほの][お]F#[り] (夫婦を越えてゆけ)

★泣m2E[き]m2F#[が]E[お]も(Cメロ)
m2F#[い]m2E[つま]F#[も]E[ぉ]


【裏声最高音】hiA(A4) ※各サビ2回ずつ

★いつかhiA裏[見]m2G#[え]m2F#[な]m2F#[な]るもの(サビ)
★恋をしm2F#[た]の あなm2G#裏[た]hiA[の]

【補足】

★この世にいm1E[る]誰も 2人かm2E[ら](サビ前)



 まず、『恋』についてです。この楽曲は、2016年に星野源さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『POP VIRUS』に収録されております。2020年現在、星野さんを代表するシングル作品の1つだと思います。星野さんのYouTube公式チャンネルで公開されているMVは、再生回数が2.2億回を超えております。
  『恋』は、海野つなみさんの漫画を原作としたテレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のために書き下ろされました。星野源さん自身もメインキャストとしてドラマに出演しております。

 『恋』はダンスミュージックやファンクなどをベースとした軽快なポップソングです。イントロでは中国の伝統楽器である二胡が使用されるなど、東洋と西洋を折衷したようなアレンジが特徴的です。
 
 一方で、『恋』は恋愛の多様化が歌詞に盛り込まていれる点なども新しいところだといわれております。サビの「夫婦を超えてゆけ」とあるように、これまでの『夫婦』というゴールだけではない価値観を明確に提示しております





 最後に、『恋』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2F#は、サビでは『全てのフレーズ』で登場します。また、裏声のhiAなども一緒に登場したりします。mid2F#は一般的な男性の音域の範囲内ですが、登場回数が非常に多いですので、歌い慣れた人でも意外と余裕がないです。原曲キーの場合、見た目以上に難易度が高いです。

 以前、当ブログで取り上げた星野源さんのアルバム曲『Friend Ship』というものがありました。この曲も『恋』と同じく、サビの最高音がmid2F#ですが、「最高音がそこまで高くないのに、意外としんどい曲」ととして記事にしました。『恋』も「最高音は高くないのにしんどい曲」だと私は分析しております。各々の状況によってはキーを下げることも考えてもよいです。

 『恋』は音域自体はそこまで広くありません。キーの調整はしやすいです。よって、普段歌い慣れてない人向けにキー調整することも可能です。同曲は裏声が使われる場面もありますので、やや難しい部分もありますが、練習曲として使っても良いのではないかと個人的には考えております。

 ちなみに『恋』は最低音自体がそこまで低くないので、女性がチャレンジしても良いと思います。一般的にはキーを上げた方が歌いやすいですが、声が低い人や歌い慣れていない人は原曲キーでも良いかもしれません。