こんにちは。今回はさユりさんの『フラレガイガール』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。さユりさんは、以前にMY FIRST STORYとのコラボ曲『レイメイ』(過去記事)『月と花束』(過去記事)の2曲を取り上げております。


『フラレガイガール』(さユり)、Furaregai Girl(Sayuri)

『フラレガイガール』(さユり)










【地声最低音】mid2B(B3)  

m2B[そ]れだm2G#[け]で もう生きていける(Aメロ) 
m2B[とお]hiA[もっ]m2G#[た]のです

※楽曲全体で多く登場します。【補足】も参考にどうぞ。


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で7回登場

hiC#[ど]hiB[こへいっ]B[の?] ねぇhiC#[ど]こにいったの(Bメロ)

hiB[だ][ら最]後に伝えB[させて] hiC#[2][分]でいいから(Cメロ)
★あなたが好hiC#[き]hiB[だった]B[と] (とびっきりの「バカヤロウ」)


【補足】hiAhiBの注意点

hiB[愛]をひろいあげた手のぬくもりが(Aメロ冒頭) 
★いhiA[ま]もまだ残るのです

★まhiB[ずい]hiB[ずい]hiB[ずい] 強烈にまずm2B[い あなたが買った歯]磨き粉も(Bメロ)(Bメロ)

★わたしをフッhiB[てん]m2G#[じゃな]いよバカ(サビ)
★たまに倦hiB[怠]m2G#[期予]防のサプライズも忘[れ]hiA[ない]G#[で]
★もうhiB[い]いから そm2B[ろそろ た]ね明かしB[しにき]てよ
★次の hiA[な]m2G#[み]だも m2B[溜]まった G#[こ]ろよ


 まず、『フラレガイガール』についてです。この楽曲は、2016年に女性シンガーソングライターのさユりさんによりリリースされたシングル作品です(アルバム『ミカヅキの航海』収録)。カップリング曲の『アノニマス』にはタイアップが付きましたが、この『フラレガイガール』はノンタイアップです。同曲はYouTubeで公開されている動画がショートバージョンのみでしたが、2019年末にMVがフル公開されました。

 『フラレガイガール』は作詞作曲編曲をRADWIMPSの野田洋次郎さんが担当しております。ゆったりとしたテンポの失恋ソングで、演奏時間が6分を超えております。野田さんが担当しているということもあり、歌詞が非常によいです。また、さユりさんの「少女の泣き声」を彷彿とさせる歌声が楽曲に非常にマッチしております。




 さて、『フラレガイガール』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、同曲は楽曲全体を通して、hiBが非常に多く登場します。hiB辺りは女性ならば比較的到達しやすい音階です。登場回数は多いですが、このhiB辺りを安定的に歌唱できることを1つの目標としても良いと思います。
 一方、地声最高音hiC#はBメロとCメロで登場します。この辺りも女性の音域の範囲内ですが、人によっては発声しにくいこともあります。場合によってはキーを下げることを検討してください。
 『フラレガイガール』は最高音自体は高くないですが、hiBが非常に多く登場し、音域自体も狭めなので、持久力が要求される楽曲なのではないかと私は分析しております。

 『フラレガイガール』は音域自体はそこまで広くありません。よって、キーの調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けのキー調整も可能だと思います。音域的な側面で考えると、練習曲としても使いやすいです。

 この『フラレガイガール』はさユりさんの作品では人気の高い楽曲なのですが、私個人としては、今後もっと広く評価される作品なのではないかと思います。楽曲の質もそうですが、ボーカルの表現、声質が非常によいです。一昔前に隆盛したタイプの恋愛アニメ、ラブコメなどに非常に合いそうです。