こんにちは。今回はさユりさんの『月と花束』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『月と花束』は、アーティストおよびレコード会社などの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。代わりの動画として、Drum Pat.さんのドラムカバー動画を添付いたします。


『月と花束』(さユり)、Tsuki to Hanataba(Sayuri)


【地声最低音】mid2B(B3)  

★深いm2G#{も]りの中m2B[で](Bメロ)
★信じm2G#[な]ければ傷付かなm2B[い]か? (Cメロ)


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※2番サビで1回

hiC#[も]hiB[う い]C#[ら]hiD#地[な]B[いよ]


【裏声最高音】hiE(E5) ※Bメロで登場

★私m2G#[たち] hiB[たっ]G#[た]一人hiE裏[き]hiD#[り]B[で]



【補足】mid2G(一部略)hiC#の注意箇所

G#[う]たを焼べG#[て] 誰よりけm2G#[わ]しく美G#[し]く(Aメロ)
m2G#[もらった]hiB[あ]hiA#[い]G#[も] 全て焼べG#[て]
★生m2G#[ま]G#[た]いせつなものにG#[出]会う為歩G#[き]出ぁG#[ぁす]

hiB[止]hiA#[め]A#[こ]B[と]hiC#[も](サビ)
★潜り続けるのhiA#[は]hiB[君]hiC#[が]B[い]C#[る]B[か]A#[ら]
★君が笑ってくhiA#[れ]hiB[るの]A#[な]B[ら]
hiB[答]えに[な]hiC#[る][か]hiA#[ら]B[ぁ]
hiC#[きょ]hiB[うも 生]C#[きる]A#[よ]B[ぉ]

★進まm2G#[な]ければ失くさhiB[な]いか?
★知りたい 進みたい もう背hiB[けない]
★未知を割hiB[い]m2G#[ぇ]
hiC#[きょ]hiB[うも 生]C#[き][て]A#[ゆ]B[くよ] (ラスト)

『月と花束』(さユり)


tsuki to hanataba



























 ※最初に、2つ目に添付されている画像について説明します。『月と花束』はリクエストを頂いた際に、「mid2G辺りから記載してほしい」との要望も頂戴しました。しかし、mid2G#辺りからすべて記載すると、表記が複雑になってしまう懸念がありました。よって、mid2G#は、添付された画像に記載しておきます。気になる方は参考にされてください。
_____

 まず、『月と花束』についてです。この楽曲は、2018年にシンガーソングライターのさユりさんによりリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『Fate/EXTRA Last encore』のエンディング・テーマ曲として書き下ろされました。元々、アニメのタイアップが多いさユりさんですが、本作もそれに則ったものになっています。

 『月と花束』はアップテンポのロックナンバーです。編曲は江口亮さんによりなされています。江口亮さんはいきものがかり、LiSAさんなどの編曲でも知られています。当ブログで多くアクセス頂いているLiSAさんの『紅蓮華』も江口さんのサウンドワークです。今日取り上げているさユりさんの作品にも多く携わっております。私自身も、歌メロディーのみならず、バックの演奏も非常に耳に残りました。

 『月と花束』の音域的な特徴についてですが、全体として低音、高音含めて音域が高めになっております。高音域が苦手な方はキーを下げてもよいと思います。音域が高音寄りになっていますので、低音部分はキーを下げて調整する余地があります。



 さて、最後に『月と花束』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されています。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。


 まず、地声最高音hiD#については、2番のサビで1回だけ登場します。それ以外の部分で一番高い音階はhiC#になります。hiC#はサビで頻出します。高音域を含め、歌うことがある程度得意な方は楽しめる作品なのではないかと思います。
 一方で、hiCあたりから声が出にくいという方もおられると思います。そうした方はキーを下げるとよいと思います。『月と花束』は低音部分に余裕がありますので、キーを下げることがある程度可能です。原曲キーから4つ程度下げると、地声最高音がhiBに設定されます。このあたりであれば、比較的現実的で、多くの人に届きやすい音域になります。ただ、キーを下げたとしても、「歌い慣れているか否か」というのは明確に歌唱力の差になります。しっかり練習を重ねてください。

 ちなみに、さユりさんのボーカルはやや幼さを帯びた声質をしていますが、その反面、低音部分に凄みを感じます。そうした特徴もあるため、キーを下げて歌唱ことは「低音部分の迫力」を表現する手助けになるかもしれません。