こんにちは。今回は阿部真央さんの『貴方の恋人になりたいのです』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲です。


『貴方の恋人になりたいのです』(阿部真央)、Anatano koibito ni Naritai no desu(Mao Abe)

『貴方の恋人になりたいのです』(阿部真央)









【地声最低音】mid2C(C3)  ※楽曲全体で登場

★昨日hiA-hiA#[お[く][た]メ]ールのm2C[へ]んじC[はや]A[はり]

※ここ以外にも多く登場します


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビとその周辺で登場

★聞きhiC[た]いことはたくhiC-hiD地[さ[ん][る]わ](サビ直前)
hiC[な]hiA#[は][な][と]A#[ち]hiD地[合っ]C[て](サビ)


【裏声最高音】hiF(F5) ※Cメロ・ラスサビで登場(2か所)

★なhiC[つ]が終わC-hiD地[っ[て][ま]うぅ]hiF裏[ぅ]hiE[ぅ]C[ぅ](Cメロ)
hiC[今日]もひとり眠りにhiF裏[つ]C[く](ラストサビ)


【補足】hiA#(一部略)hiD辺りの注意点

★(夜が明けた今も)来ないまhiC裏[ま](Aメロ) 
hiA#[あ]hiA[ぁお]hiC[く]らなければA[良]かったhiC裏[な]
★ (今よりもっと)仲良くなりhiC[たい]hiA#[け]A[ど]
★ふhiC[か]いりしたら嫌がりまhiC[せ]hiA#[ん]か?

★厚かましい願いではありhiC[ま]hiA#[ぁすが] (サビ)
hiA#[あ]hiC[た]の恋人になりhiD裏[た]hiC[い]D[の]です


 まず、『貴方の恋人になりたいのです』についてです。この楽曲は、2009年に女性シンガーソングライターの阿部真央さんによりリリースされたシングル作品です。阿部真央さんが高校時代に制作した楽曲です。アルバム『ポっぷ』をはじめ、ベストアルバムなどにも収録されております。阿部さんの作品では人気と知名度の高い楽曲ではないかと思います。

 『貴方の恋人になりたいのです』は、ゆったりめのラブソングです。バンドアレンジにストリングス等が加わります。歌メロについては、図にも示すように、高めの音域で歌われております。地声声域はそこまで広くないですので、キーの調整はしやすいです。



 さて、『貴方の恋人になりたいのです』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めであります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはサビ前、サビで登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内かやや高めになります。場合によっては、キーを下げてもよいと思います。私なりのイメージですが、阿部真央さんの声質はロック色が強いですので、ロック系のボーカルを意識すると原曲のニュアンスに近づきやすいのではないかと思います。
 ボーカルの声色を少し柔らかめにしたい場合は、やはりキーを下げた方がよいと思います。

 さて、『貴方の恋人になりたいのです』は低音部分に余裕があり、キーを下げることも行いやすいです。普段歌い慣れていない人向けのキー調整もしやすいのではないかと私は考えております。裏声などが苦手でなければ、練習曲としてお奨めしたい作品です。

 私なりのイメージなのですが、この楽曲は声が高い男性にも合いやすいのではないかと思います。比較的知られている楽曲ですが、もっと普遍的に広がりうる質の作品だと思います。タイアップ、もしくは誰かのカバーをきっかけに、より広く知られるようになるかもしれません。