(2020/10/14)MVがフル尺で公開されましたので、添付しました


 こんにちは。今回はback numberの『オールドファッション』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『オールドファッション』(back number)、Old Fashion

【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★ああ m1C#[そ]う [多][そ]んな感じだ


【地声最高音】hiA(A4)  ※転調後大サビ

mid2F#[単純な]mid2G[こ]hiA[と][なん][だ]きっと


【裏声最高音】hiB(B4)   ラストのサビで1回

★風は花[をさ]hiA裏[が][て]



【補足】通常のサビの地声最高音はmid2G#

mid2F[単純な]mid2F#[こ][と][なん][だ]きっと(通常サビ)
★きhiA#裏[み]裏声[が]持ち[合]わせてい[たん]だ(通常サビ)



『オールドファッション』(back number)










 まず、『オールドファッション』についてです。この楽曲は2018年にback numberによりリリースされたシングル曲です。TBS系金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』のために書き下ろされました。2019年にリリースされたアルバム『MAGIC』にも収録されております。編曲はback numberと島田昌典さんにより行われました。島田昌典さんはaikoさんやいきものがかりなどのプロデュースでも知られています。日本を代表するプロデューサーの一人です。back numberについては、『花束』、『fish』などの編曲を担当されています。

 『オールドファッション』のサウンドについてです。この楽曲は、ストリングなどを交えつつ、バンドサウンドを基調としています。ミディアムテンポの楽曲です。大サビ箇所では転調が行われ、楽曲を盛り上げていきます。個人的なイメージですが、サビのメロディーラインは何となくスキマスイッチっぽさを感じます。スキマスイッチに影響を受けているというよりも、大橋卓弥さんが歌っても違和感が無いような爽やかなメロディーです。

 歌詞についてですが、全体として「君」への愛が歌われています。清水依与吏さんらしい冴えない男性像も描かれつつ、非常に幸福感が溢れた内容だと思います。タイトルの『オールドファッション』というのは様々な意味がありますが、この楽曲では「ドーナツ」のことだと思われます。

 個人的に好きな歌詞のフレーズは「デコボコしてても 並んで歩けば この道がいいと思った」という箇所です。これは比喩としての「困難な道も君と歩いていけるならいい」などの意味もあると思います。ただ、私としては舗装されていないあぜ道など、どこか喉かな風景が思い浮かび、癒されます。





 最後に『オールドファッション』の音域についてですが、地声最低音mid1C#(C#3) ~地声最高音  hiA(A4) 、裏声最高音hiB(B4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。
 
 まず、大前提として、mid2Fやmid2Gといった音階を歌いこなせる必要があります。この辺りは、歌い慣れれば到達しうるキーです。BUMP OF CHICKENなどは、最高音が大よそこの辺りで組まれることが多いです。普段声を出し慣れていない人は苦戦する可能性が高いですので、留意しておいてください。
 
 『オールドファッション』では、通常のサビでは地声最高音がmid2G#となり、大サビでは転調が行われ、hiAになります。mid2G#辺りから地声がキツイという人が居てもおかしくないと思います。

 ただ、ある程度歌い慣れた方であれば、「通常」のサビはこなせると思います。もし「通常のサビは歌いこなせる」段階に到達していれば、大サビのhiA部分はかすれたり、裏声になっても大丈夫なのではないかと推測しております。それだけでかなり高い完成度になっていると思います。

 もしhiAといった箇所も含めて完璧に歌いこなしたいのであれば、より一層の努力が必要だと思います。また、個人差もあると思います。ただ『オールドファッション』のメロディーならば、hiAでも比較的こなしやすいのではないかと考えております。スピッツなどの楽曲だと、hiAでもかなりしんどい曲が多い印象です。

br />