こんにちは。今回は菅田将暉さんの『ロングホープ・フィリア』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『ロングホープ・フィリア』(菅田将暉)

【地声最低音】lowG(G2)  

寄る辺なさはりょうlowG[ぜ]んたる感傷


【地声最高音】mid2G(G4)  

立ち向[かう]その歩ずつが 君の勇敢さの勝利だった
荷物ならばそれでじゅ地声[うー]ぶんだ

【裏声最高音】mid2G#(G#4) サビ箇所

立ち向[かう]その[一]歩ずつが


【補足】サビ、Cメロなどmid2F箇所

★あ[まねくた]びじに光あれ 強さや弱さでは語[れ]ないぜ
mid2E[と]おき友よ 今[で]はもう 蒼[い]星座 少[な]からず 僕[ら]生きてる


『ロングホープフィリア』(菅田将暉)










 まず、『ロングホープ・フィリア』についてです。この楽曲は、2018年に菅田将暉さんの4枚目のシングル曲として発表された作品です。アニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜』の主題歌として書き下ろされました。作詞作曲は、amazarashiの秋田ひろむさんが担当されております。編曲はamazarashiの作品でも有名な出羽良彰さんが担当されています。

 この楽曲は漫画の人気タイトルのアニメ映画作品ということもあり、若い世代を中心に認知された楽曲でもあると思います。ソニーミュージックのYouTube公式チャンネルでは、2019年3月現在、再生回数が1000万回を超えております。2018年7月に公開された楽曲であると考えると、非常に人気のある楽曲です。


 『ロングホープ・フィリア』のサウンドについてです。疾走感のあるギターサウンドですが、個人的にはサビの箇所は、ややパンク寄りのメロディックハードコアに近いニュアンスに感じられました。amazarashiの楽曲については多くを知っているわけではないのですが、amazarashiの楽曲群にはあまり無いようなサウンドだと思いました。
 メロディーについては非常に秋田ひろむさんらしいフレーズが散見されると思います。菅田さんのボーカルもamazarashiを意識しているような発声になっていると思います。人気曲の『さよならエレジー』と比較しても芯が強いです。

 歌詞についてですが、アニメの主題歌ということもあり、物語に沿うような形で描かれている箇所が多く見られると思います。『僕のヒーローアカデミア』自体は、私もある程度は把握してますので、主人公のデクくんをイメージすることが出来ました。作詞が秋田ひろむさんということもあり、歌詞自体は良い意味でネガティブなフレーズが散見されますが、その中で小さな光を手にする内容になっております。
 タイトルの『ロングホープ・フィリア』とは、「末永き希望を愛する者」という意味だと思います。挫折や失敗などを重ねる中でも、希望を失わないという力強さがタイトルに強く表現されていると思います。

 個人的に好きなフレーズは「今日の君が笑ったことで 敗北も無駄にはならなかった」という箇所です。敗北というと、非常に後ろ向きな表現ですが、その中で残った「小さな希望」というものが表れていると思います。

 


 最後に『ロングホープ・フィリア』の音域についてです。地声最低音lowG(G2)~地声最高音mid2G(G4),裏声最高音mid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 当ブログでこれまでレビューした『さよならエレジー』、『見たこともない景色』などと比べると、低音部が重視された楽曲です。ただ、その分ボーカルの力強さが表現されています。

 力強さなどを考慮せずに普通に歌うならば、3曲では一番手をつけやすい楽曲だと思います。「WANIMAなどの楽曲を歌いたいけど、原曲キーでは無理」だと考えている人は選択肢に入れてもよいかもしれません。

 サビ等ではmid2F,mid2Gといったキーが登場します。歌い慣れていない場合だと、滑らかな発声が難しいですが、難易度は高くないです。『ロングホープ・フィリア』はこの音階が使いこなせると、かなり高いレベルで歌いこなせると思います。この音階が使いこなせると、BUMP OF CHICKENやRADWIMPSなどの人気曲も上手く歌えると思います(ただ、BUMPやRADには「テンポの速いメロディーライン」という別の難しさはあります)。