スポンサーリンク
カテゴリー

『幸せ』(back number)の音域と感想

こんにちは。今回はback numberの『幸せ』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 back numberは前々回『SISTER』を取り上げたのですが、その後『幸せ』へのリクエストがありましたので、今回取り上げることにしました。
 『幸せ』はベストアルバムにも収録されている楽曲ですが、カップリング曲であることもあり、MVや音源が公式チャンネルにアップロードされていません。よって、当ブログにおいても添付動画などはございません。ご了承ください。


『幸せ』(back number)、Shiawase

【地声最低音】mid1B(B2) 

★ほん[と]うはもう知ってたの


【地声最高音】hiA(A4)  

★あなたが恋に落ちてゆmid2F#[く] [そ]mid2G[の]hiA[よ][こ][で][わ][た][は](Bメロ)
★何にも気mid2F#[付]かないでわhiA[らう]m2G[あ][な]たの
★よmid2F#[こ]mid2G[か]hiA[ら][背]中押す[か]ら(サビ)
★どこかで手F#[は]G[打]hiA[てな][かっ][た]のかな(Cメロ)
★私がえmid2F#[ら]mid2G[ん][で]望んでhiA[恋][し][たん][だ][から]


【補足】

★そっとあなたに恋をしてmid2F#[い]たの(Bメロ)
★横顔m2F#[を]m2G[ず]m2F#[っ]と見ていまし[た]
★最mid2F#[初]から [あな]mid2G[た][の][あ][わ]せしかね[が][っ][て]いないから(サビ)
★それがたとえわ[た]しじゃ[な]ーいとしても ちゃんと最後[は]
★誰よりもmid2F#[し]mid2G[あ][わ]せにしてあげ[てー]
★こんなに好mid2F#[き]mid2G[に][な]る前[に](Cメロ)
★かF#[な]G[わ][な]くても気持ちが伝えられなくても
★本m2F#[[当]m2G[だ][よ]


『幸せ』(back number)







 まず、『幸せ』についてです。この楽曲は2011年にback numberによりリリースされたシングル『はなびら』の中に収録された楽曲です。ちなみにこのシングルは、back numberにとっては記念すべきメジャー1枚目です。『幸せ』はアルバム『スーパースター』のラストナンバーとして収録され、ベストアルバム『アンコール』にも収録されました。そうした意味では隠れた名曲といった位置づけなのかもしれません。

 『幸せ』のサウンドについてです。この楽曲の編曲はback numberと新屋豊さんによってなされています。新屋さんがストリングスアレンジを担当しています。back numberは近年は『ヒロイン』、『ハッピーエンド』、『瞬き』、『HAPPY BIRTHDAY』など冬の名曲を連発していますが、そうした人気曲のアレンジの萌芽がこの『幸せ』にはあるのではないかと思います。ストリングスアレンジも印象的ですが、バンドの演奏も負けないくらいに存在感を発揮しております。前奏のギターリフなどが印象に残ります。

 歌詞についてです。以前に、『ハッピーエンド』という楽曲をレビューしましたが、歌詞の世界観としては『ハッピーエンド』と近いと思います。自分が引き下がることにより「相手の幸せを祈る」という形です。ただ、この『幸せ』は『ハッピーエンド』よりも好きな相手との距離が遠い印象があります。
 いずれにしても非常に切ない歌詞内容です。「あなたの背中を押す」と言いながら、全体として「あなた」への未練を感じさせます。また、「女性から男性に向けた楽曲」という点でも特徴的であると思います。




 最後に『幸せ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2) ~【地声最高音】hiA(A4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高いです。

 『幸せ』は地声最高音がhiAという点で少し難易度が高いと思います。このhiAの箇所は裏声で対処しやすい場面もあります。ただ、Cメロの『hiA[恋][し][たん][だ][から]ぁ』は地声で歌わないと楽曲のニュアンスが変化してしますと思います。原曲キーでチャレンジするならば、できればhiA辺りまで地声で歌えた方が良いと思います。

 hiAは声質によっては努力しても届かないという人も居ると思います。よって、キーを下げるということを考えておいてもよいと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから1~2程度下げると歌いやすくなると思います。これにより、最高音がmid2G#(mid2G)に設定されます。

 また、『幸せ』はmid2F#,mid2Gといった音階が頻出します。hiAが難しいとしてもmid2F#,mid2Gといった音階を練習するのには非常に良い楽曲であると思います。ただ、音域自体は狭いわけではなく、また低音部もあまり余裕がありません。その点で、普段歌い慣れていない人にとっては練習曲としてはあまりお勧めできないかもしれません。その点は留意しておいてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. のぎたま より:

    リクエストに応えて頂いてありがとうございます。いつも楽しみにしています。

  2. もりっしー より:

    >>1
    こちらこそ、いつも読んで頂いてありがとうございます。
    『メッセージ』に対しては、返信できずに申し訳ありませんでした。