カテゴリー

『ヒロイン』(back number)の音域と感想

(2020/08/01)MVがフル公開されましたので、添付いたします。

 こんにちは。今回はback numbgerの『ヒロイン』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、back numberの作品はYoutube公式チャンネルではショートバージョンのみが公開されております。よって、当ブログでもその動画を添付します。ご了承ください。

『ヒロイン』(back number)、Heroine


【地声最低音】mid1D(D3)  

[き]みの毎日に 僕は似合わないかな
白い空から [ゆ]きが落ちた


【地声最高音】hiB(B4)  ※楽曲全体で1箇所のみ

mid2G[は] や[っ]hiA裏[ぱ]hiB裏[り]裏[ぼ]2G[く]hiA地声[は] hiB[ah ah] [ah](ラストサビ)



【裏声最高音】hiB(B4) 

ありがm2G[とう]って[た]hiA裏[の]hiB裏[しそ][う][なの][も](サビ)
mid2G[行ってみたい遠]mid2F#[い]場所で見たい2F#[よ]G[ぞ]hiB裏[も](Cメロ)



【補足】サビなどの箇所

雪が綺麗とm2G[わ]m2F#[ら][う]hiA[の][は]hiA[み]2G[が][い][い](サビ)
でも寒いねっm2G[てう]m2F#[れ][し]hiA裏[そう]なのも
それもきm2G[み]m2F#[が][いい]

『ヒロイン』(back number)











 まず、『ヒロイン』についてです。この楽曲は2015年にback numberによりリリースされたシングル作品です。この楽曲は、「JR SKISKI」(JRスキースキー)というJR東日本が展開するスキー旅行のキャンペーンソングとして書き下ろされた作品です。CMのために書き下ろされる作品というのは少し珍しいように思えます。
 このスキーのキャンペーンシリーズはこれまでに数多くのヒット曲を生んでいる枠でもあります。具体例として、ZOOの『Choo Choo TRAIN』(EXILEのカバーでよく知られています)、globeの『DEPARTURES』、GLAYの『Winter, again』、SEKAI NO OWARIの『スノーマジックファンタジー』などそうそうたるラインナップです。
 back numberの『ヒロイン』も広瀬すずさんの出演するCMで非常に話題になりました。back numberの作品の中でも人気の高い楽曲の一つであると思います。また、この『ヒロイン』以降、back numberは寒い季節の話題作が増えていった印象があります。

 『ヒロイン』のサウンドについてです。この楽曲は共同編曲として、日本を代表するプロデューサーの一人である小林武史さんが携わっております。イントロのフレーズなどは非常に小林武史さんらしいと思います。バンドサウンドが基調となっていますが、サビはストリングスを交えるなど非常にドラマティックに展開されます。
 メロディーの構成についてはJ-POPで典型的に見られる【(AメロBメロサビ)×2→Cメロ(+Bメロ)サビ】というものです。大きなタイアップということもあり、非常にリスナーにとって馴染みやすい展開です。

 歌詞についてですが、冬のラブソングです。内容を見ていくと、「僕」の片思いといった感じだと思います。「君」の気持ちについては歌詞では描かれていませんが、「僕」がメールを送ろうと考えて止めた場面が描かれております。気軽にやり取りをする関係ではないものの、それなりに近しい間柄であることが垣間見えます。

 個人的に好きなフレーズはベタですが、「思えばどんな映画を観たって、どんな小説や音楽だって そのヒロインに重ねてしまうのは君だよ」という箇所です。これはタイトル『ヒロイン』とも関わるフレーズだと思います。非常に共感できる歌詞です。





 さて、『ヒロイン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりはやや高いと思います。
 
 地声に関して言えば、hiBが最高音ではありますが、楽曲全体で1箇所のみです。サビの中心はhiAです。hiAについてはある程度歌いなれている人であっても歌うのが難しい、もしくは非常に長い期間の鍛錬が必要になる人もいます。その点については留意しておいてください。ゆえに、歌いなれている声の低い人は原曲よりも2つ程度(♭2)下げると良いと思います。一般的な男性でもその程度の音域のほうが歌いやすいとは思います。
 ある程度高い声に自身がある方は原曲キーでチャレンジしても良いと思います。目安としては、やはりhiAがある程度使いこなせることが基準になります。hiAがある程度使いこなせるとJ-POPで歌える楽曲が非常に広がると思います。

 ちなみに普段歌いなれていない人が『ヒロイン』を歌う際は、キーを3~4つ程度下げて(♭3~4)も良いと思います。低音域に少し余裕がありますので練習曲に使うこともありえます。ただ『ヒロイン』は音域自体は狭いわけではありません。よって、「練習曲として強くお勧めできる」とまでは言えません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする