こんにちは。今回はAimerさんの『コイワズライ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『コイワズライ』(Aimer)、Koiwazurai


【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[泣き]虫を笑って [強]がりは気づいて


【地声最高音】hiD(D5)  

hiA#[し]hiC[ら]hiD[ゆ]hiA[きの][様に][ー](サビ)



【補足】

★ありふれた会話や仕草を 少しも忘れたくはhiA[な]hiA#[よ](サビ)
hiA#[ゆ]hiA[ら][り] [き][ら]hiC[り]
★溶けてしまわhiA#[ない][よ][うに]
★空にきらり 瞬いている 星降る夜hiC[に]hiA#[ねが]hiA[いを](ラストサビ)

『コイワズライ』(Aimer)
 まず、『コイワズライ』についてです。この楽曲は2019年にaimerさんによりリリースされたアルバム『Sun Dance & Penny Rain』に収録されたナンバーです。『コイワズライ』はインターネットテレビ局、AbemaTVで配信される恋愛リアリティ番組『白雪とオオカミくんには騙されない♥』のタイアップが付きました。こうしたタイアップの影響があったのかどうかは分かりませんが、Aimerさんの近作の中でも非常に話題になった楽曲の一つだと思います。また、インターネットテレビ局の番組とのタイアップというのも面白いと思います。
 
 『コイワズライ』のサウンドについてですが、Aimerさんの楽曲の中では比較的明るめで非常に共感的な作品だと思います。先に述べたアルバムの『Sun Dance & Penny Rain』は2枚同時にリリースされたのアルバムで、太陽をイメージした『Sun Dance』と雨をイメージした『Penny Rain』に分かれております。『Sun Dance』の側にはアップテンポな楽曲や明るめの曲調の作品が収録されており、今回取り上げている『コイワズライ』はこちらに収録されております。一方で、以前取り上げた『花の唄』、『I beg you』、『Black Bird』はアルバム『Penny Rain』に収録されました。

 『コイワズライ』のメロディーで面白いと思ったのは曲のラストがCメロで終わる点です。つまり、2番のサビが終わると、その後、【Cメロ⇒ラストサビ⇒Cメロ】という展開で楽曲の終盤が展開されるのです。こうした展開は多くはないですが、J-POPでも時折見られたと思います。当ブログでも過去にそうした楽曲が何曲がありました。例えば、米津玄師さんの『灰色と青』はCメロで終わります。ただ、『灰色と青』は非常に盛り上がるCメロであるのに対し、この『コイワズライ』はややしっとりしたCメロです。そうしたCメロの特徴によって、同じ構成であっても楽曲のカラーが異なります。

 さて、歌詞についてですが、ラブソングです。ただ、ラブソングと言っても、片思いもしくは付き合っても恋があまり進展していない初期の状況であると思います。
 個人的に面白いと思った歌詞は2番のAメロに登場する「嘘つきは嫌いで 曖昧を選んで」というフレーズです。本心を隠そうとする際に、「嘘をつく」か「嘘がつけない」のかという違いがあると思います。そうした中で、このフレーズは「嘘を付くのが好きではなく、また上手でもない」主人公の性格が垣間見えるフレーズだと感じました。1番のAメロにも登場する「不器用に笑って誤魔化すんだよ」というフレーズとも繋がっているように思えます。
 



 さて、『コイワズライ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiD(D5) でメロディーが構成されております。 一般的な女性の音域よりは少し広く、また高音部も少し高いです。

 地声の最高音であるhiDについてですが、この場面は裏声で発声してもニュアンスが大きく崩れることはないと思います。高音域が苦手な方は裏声を駆使するのも選択肢です。また、hiCの場面についてもやや裏声気味に歌っても良いのではないでしょうか。
 明るい楽曲ですが、しっとりしています。ゆえにファルセットによる発声でも楽曲が壊れにくいと思います。各々の声質にも寄ると思います。hiCの部分は裏声で歌うのか、地声気味に歌うのか、それぞれ試してみるのもよいかもしれません。

 普段歌いなれていない女性の場合、hiC以上の音階を滑らかに歌うのは難しい人もいると思います。一つの基準として、hiB辺りまでの音階を確実に歌いこなせるように練習をして、そこを基準にキー調整するとよいと思います。『コイワズライ』であれば、原曲キーから3つ下げると(♭3程度)最高音がhiBに設定されます。