スポンサーリンク
カテゴリー

『エンドレス』(サカナクション)の音域

こんにちは。今回はサカナクションの『エンドレス』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『エンドレス』(サカナクション)、Endless(Sakanaction)

『エンドレス』(サカナクション)










【地声最低音】mid1A#(A2) 

m1A#[だ]れかを笑う人の後ろにもそれを笑う人

※ここはあまりこだわらなくても良いと思います。


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

m2G#[デジャ]m2F#[ブし]hiA#[てる]F#[な]


【補足】mid2F(一部略)mid2G#辺りの注意箇所

★それをまたわm2D#[らう]人 と悲しむ人(Aメロ)
m2G#[AH] m2F#[Ah] F#[耳を塞い]m2F[でる]僕がいる(サビ)
m2F#[見えない夜]に色をつm2G#[ける] 


 まず、『エンドレス』についてです。この楽曲は、2011年に5人組ロックバンドのサカナクションによりリリースされたアルバム『DocumentaLy』(ドキュメンタリー)に収録されています。アルバムのリード曲になります。同アルバムには『アイデンティティ』、『バッハの旋律を夜に聴いたせいです』、といったシングル作品が収録されております。

 『エンドレス』はサカナクションらしいエレクトロナンバーです。歌メロについては、Aメロサビの構成で、シンプルです。ボーカルの山口一郎さんは声の強弱などにより、変化を付けています。反面サウンドについては、冒頭はピアノやドラムなどのアレンジですが、少しずつバンドが加わり、エレクトロ色が強くなるなど場面ごとに変化していきます。

 『エンドレス』は歌詞も特徴的です。私なりの解釈ですが、SNSの発言などネットでのコミュニケーションについて述べているのだと考えております。SNSでの誹謗中傷などにより、苦しめられる人なども多いと思いますが、ネットにより様々な人と容易にコミュニケーションが出来るようになった反面、批判など聞きたくないものも届きやすくなりました。
 


 さて、『エンドレス』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてです。サビで登場します。この辺りは、一般的な男性の音域よりも高めです。キーを下げることを選択肢に入れても良いと思います。ある程度歌い慣れている人の場合、原曲キーから2つ程度を目安にすると良いです。

 『エンドレス』は図で見ると、音域が広めの作品です。ただ、【m1A#[だ]れかを笑う人の後ろにもそれを笑う人】などの最低音の部分はmid1C,mid1F#などに置き換えても違和感は少ないです。よって、見た目ほどキーの低さや広さは感じません。
 よって、キー調整も融通が利きやすいです。歌い慣れていない人がキーを調整して歌唱することも可能なのではないかと私は解釈しております。

 『エンドレス』はカラオケなどで盛り上がる類の曲ではないですが、練習曲としては比較的使いやすく、歌メロも難しい部分が少ないと思います(原曲キーではある程度難しさがあります)。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    サカナクションの中では低めの曲ですね。地声最低音のA#2がA33という表記になってますよ!確認宜しくお願いいたします!

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    コメントありがとうございます。
    すぐに修正しました。A33って…。
    ご指摘感謝です。