カテゴリー

『カイト』(嵐)の音域 / 米津玄師作詞作曲

こんにちは。今回は嵐の『カイト』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲は、YouTubeのチャンネルでのみの公開となっており、ブログから視聴することは出来ないようです。リンクを貼っておりますので、興味を持たれた方は視聴してください。

『カイト』(嵐)、Kite(Arashi)
『カイト』(嵐)









【地声最低音】mid1C#(C#3) 

m1C#[に]ぎりしめていた糸(Aメロ)
★あなたm1D#[は]m1C#[言]D#[っ]た「愛してる」と(2番Bメロ)

【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビで登場

★(君の夢よ) かm2G#[な]m2F#[え]m2F[と]F[がう](サビ)


【補足】mid2Emid2F#辺りの注意点

★高く飛んでいくm2D#[カ]m2E[イト](Aメロ)
m2E[は]m2D#[な]さないよう
★その度にm2D#[や]まない夢と 空の青さを知っていD#[く](Bメロ)

m2F[か]m2F#[ぜ]F[が]吹けば うF[た]が流れる(サビ)
★溢m2F[れ]m2F#[出す] F[ラ]ル ラリ ラ

★嵐m2D#[の]中をかき[分]m2F#[け]F[て]D#[い]く(Cメロ)
★そm2D#[し]m2F[て]帰ろう 
★その糸m2F#[の]m2F[つ]F[がっ]た先まで


 まず、『カイト』についてです。この楽曲は、2020年に男性アイドルグループ嵐によりリリースされたシングル作品です。2019年より紅白歌合戦で歌唱映像が放送され、NHK『みんなのうた』などでも披露されていました。また、新型コロナの影響で延期されましたが、NHKのオリンピックテーマソングとして、大型のタイアップが予定されています。
 
 『カイト』はゆったり目のテンポのポップソングです。作詞作曲を男性シンガーソングライターの米津玄師さん、編曲を米津さんと坂東祐大さんが行っており、サビのストリングスが非常に目立ちます。坂東さんは『海の幽霊』(過去記事)『馬と鹿』(過去記事)『感電』(過去記事)といった米津さんの最近のシングル曲などでもアレンジを担当しています。そうしたこともあり、私自身は嵐の歌声とともに、米津さんのボーカルが重なって聞こえました。



 さて、『カイト』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで1回ずつ登場します。登場回数としては多くないですが、歌い慣れた男性であってもこのmid2G#辺りからスムーズな発声がしづらくなります。場合によっては、キーを少し下げて歌唱しても良いと思います。
 同曲は、おおよそ一般的な男性の音域の範囲内といえますが、Aメロ辺りからmid2E等比較的高めの音階が登場します。サビの歌メロのリズムも少し取り辛く、図に示すより歌いにくい作品なのではないかと思います。音域的な意味では難曲というわけではないですが、しっかり歌いこなすには力量が必要だと私は分析しています。
 私自身上手く言語化できずにいるのですが、とりわけサビのアレンジが非常に壮大であるため、それに負けない歌唱力が必要なのではないかと感じております。

 『カイト』は低音部分に少し余裕があり、キー調整が可能であります。ただ、図に示す程の余地は少なく、少しの調整程度に抑えておいた方が良いと思います。
 歌い慣れていない人も歌唱することが可能だと思いますが、練習曲としては必ずしも使いやすいとは言い難いように感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする