スポンサーリンク
カテゴリー

『しるし』(Mr.Children)の音域

(2020/04/07)MVを添付しました。

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『しるし』(2006)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。



『しるし』(Mr.Children)、Shirushi


【地声最低音】mid1C(C3) 

★最初からこうなこm1C[とが]決まっていたみたいに


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後ラストサビ(+1)

★くhiB[る]hiA[お]m2F#[し]hiA[く] hiB[せん]m2F#[め]いに


【裏声最高音】hiA#(A#4) ※通常サビで登場

★「半信半疑=きm2F#[ずつ]m2G#[か]m2F[ない]為の予防線」hiA#裏[を] 




【補足】mid2FhiAの注意箇所

m2F[ぐ]ちゃ[ぐ]ちゃに[ま]るめて捨てる(Aメロ)
★ちんもm2F[く]の歌F[に]乗って(Bメロ)

★ダーリンm2G[ダー]m2F#[リン](転調後ラストサビ) 
★いm2G[ろん]hiA[な]m2F#[角]度から
★共に生m2F#[き]m2G[れ]F#[ない]日が来たって
★僕のきhiA裏[おく]を埋めつくす


『しるし』(Mr.Children)









 まず、『しるし』についてです。この楽曲は、2006年に4人組バンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。翌年にリリースされたアルバム『HOME』、またベストアルバムにも収録されております。タイアップとして、日本テレビ系ドラマ『14才の母』の主題歌に起用されました。

 『しるし』は演奏時間が7分を超えるバラード作品になっております。ドラマの主題歌ということもあり、AメロBメロサビ転調サビというドラマティックなメロディー展開です。アレンジにもピアノやストリングスが用いられている点も、ドラマや映画の主題歌らしいといえます。

 『しるし』の音域的な特徴についてです。AメロBメロについては、サビへの準備段階ということでややキーが低めです。一番高いところでmid2Fになります。難所と言えるのは、やはりサビでこの辺りからhiA#等の音も登場し始めます。一般的にはやや高めのキーもございますが、高音域がある程度得意な方には楽しめる楽曲と言えるかもしれません。



 さて、『しるし』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、この楽曲はラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。転調前のサビでは1回だけ地声のhiA#が登場し、それ以外はmid2F~mid2G#辺りが中高音域として登場します。楽曲全体を通して、hiA以上のキーをそこまで多くないのですが、ロングトーンが多く、その点で少し難易度が高いといえます。

 地声最高音hiBはラストのサビで登場します【くhiB[る]hiA[お]m2F#[し]hiA[く] hiB[せん]m2F#[め]いに】。この辺りが難易度が高い難所と言えます。1回だけの登場ですので頑張って声を張るのも良いかもしれません。ただ、一般的にはやはり少し高いキーですので、高音域が辛いときはキーを下げてもよいと思います。ただ、楽曲のニュアンスを考えると、少し苦しいぐらいのキーに最高音を設定した方が上手く表現できると私は考えております。目安としては、原曲から1~2程度下げて最高音をhiA(#)あたりにしてもよいのではないでしょうか。

 一方、『しるし』は音域がやや広めな楽曲であり、キーを大きく下げて練習することなどにはあまり向かないといえます。普段歌い慣れていない人は、別の曲で練習した上で、この楽曲にチャレンジするのがよいのではないかと思います。これは、Mr.Childrenのバラード作品、ドラマなどの主題歌作品の一つの特徴とも言えます。初心者泣かせとも言えるかもしれません。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミスチルファン より:

    HiBはB4かと。B5を地声で出せないかと
    あしからず

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    すみません。表記ミスです。
    修正しました。ご指摘ありがとうございます。
    感謝です。