カテゴリー

『M』(プリンセス プリンセス)の音域

こんにちは。今回はプリンセスプリンセスの『M』(1989)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『M』(プリンセス プリンセス)、M(PRINCESS PRINCESS)
『M』(プリンセス プリンセス)










【地声最低音】mid1G(G3) ※Aメロ

★いつも一緒にいm2G[た]かった m1G[となり]で:笑ってたかっ[た]


【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで1回ずつ

★はしゃいだあの時のhiA[わ]hiB[た]hiC[し]hiD[も] B[oh] [oh] oh【1番サビ】
★誰かと見えなくなっていhiD[く] hiB[So] hiA[once] [aga]in【ラストサビ】

※hiDは曲全体で2回、hiCが多く登場します


【補足】hiAhiCの注意点

★あなm2G[た]hiA[の]いないみA[ぎ]m2G[が]わに【Bメロ】
★どうm2G[し]hiA[て]こんなになhiA[み]m2G[だ]m2G#[が]出るの
hiAhiBhiC[[た][す]C[ゆ]C[だ][け]

hiC[い]hiB[ま]A[も]覚えてA[い]る【サビ】
★あなhiA[た]の言葉 hiA[か]hiB[た]の向こうに

★Ah hiC[Ah] hiC[ゆ]hiB[め]A[て]目が覚A[め]た【ラストサビ】
★あなたしか見えhiB[な]hiC[い] hiA[わた]hiB{し]hiC[も]【ラストサビ】


 まず、プリンセス プリンセスについて少し説明します。プリンセス プリンセスは1983年に結成、されたガールズバンドです。ジャンルとしては、ポップロックなどに属します。私自身、プリプリについて細かくはは知らないのですが、サウンド面では、当時のハードロックやアメリカンロックなどの影響も見られます。

 プリンセス プリンセスの代表的な作品としては、『Diamonds』、『世界でいちばん熱い夏』、そして今回取り上げる『M』などが挙げられます。日本でもこれまで多くのガールズバンドが生まれておりますが、商業的にも大きく成功したガールズバンドのパイオニア的な存在といえると思います。

___

 さて、『M』についてです。この楽曲は、1989年に5人組ロックバンド・プリンセス プリンセスに酔リリースされたアルバム『LET’S GET CRAZY』に収録されております。アルバム曲なのですが、人気が高く、これまでも多くのアーティストにカバーされております。2014年には、音楽配信でトリプル・プラチナを記録しました。1980年代以前の作品で配信でのトリプル・プラチナを記録しているのは、『M』と久保田利伸さんの『Missing』の2曲のみだそうです。

 『M』は失恋をテーマにしたバラードです。私自身はカバーなどで耳にすることが多く、もっとアコースティックなアレンジだと思っていたのですが、原曲では、ギターサウンドなどにハードロック色を感じます。一方で、歌メロについては、多くカバーされているということもあり、普遍性のある美しいメロディーです。




 
 最後に『M』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内(もしくはやや高い)といったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、曲全体で2回登場します。このhiD辺りになると一般的な女性には少し高めになります。原曲では地声で発声されていますが、場合によっては裏声気味に発声してもよいかもしれません。裏声が器用に出せる方は試してみてください。
 同曲は、上述のようにhiCが多く登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内ですが、登場回数も多めです。原キーの場合は、このhiCが歌いこなせると、全体として安定してきます。普段歌い慣れていない人や声が低い人などはキーを少し下げた方が歌いやすいと思います。

 『M』は低音部分に余裕があり、キー調整も少しであれば可能です。高音域が苦手な人などはキーを2つ程度下げて歌唱してもよいと思います。ただ、キーを下げすぎると、低音部分が辛くなる可能性もあります。ビギナーであまり歌い慣れていない人などは、その点を留意しておいて下さい。
 
 『M』は全体の難易度としては、女性曲としては標準的といったところだと思います。歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいのではないかと思います。多くにミュージシャンにもカバーされており、今でも人気の高い楽曲です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする