こんにちは。今回はきただにひろしさんの『ウィーゴー!』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。きただにひろしさんは以前に、ワンピースのオープニングテーマである『ウィーアー!』(過去記事)を取り上げました。


『ウィーゴー!』(きただにひろし)、We Go(Hiroshi Kitadani)
『ウィーゴー!』(きただにひろし)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★スリープからm1F#[の]ジャンプスタート(Aメロ)
★ありm2G#[えな]m2F#[い]世界を行m1F#[く]なら 
m1F#[君の][フ]ネス それが必要

【地声最高音】hiC(C5)  ※ラストで2回

m2G[ウィー]hiC[ゴー!] G[ウィー]C[ゴー!](ラスト)


【補足】mid2FhiA辺りの注意点

★じっm2G[と]m2F[出来]m2E[な] G[止]F[まれ]E[な] い(サビ)
m2E[夜]明[け]がE[お][く]て ジレ[っ]hiA[たい]
m2G[いち]、に、Sun-[-shine]m2F よんっ..[.ウィー]hiA[ゴー!]

★目立ち過ぎ それってm2F[つ]み 指名手配→つまりF[Wi]nner(Bメロ)
★自由だm2F[け]が 俺F[た]m2G[ち]のルール
★心配なm2F[ん]て どこ吹く風

★醒めm2G[な]m2F[い]m2E[こ]とが 大事(サビ)
m2F[俺たちは]E[行]く...[夢の在り]処へ(Cメロ)


 まず、『ウィーゴー!』についてです。この楽曲は、2011年に男性歌手のきただにひろしさんによりリリースされたシングル作品です。同曲はテレビアニメ『ONE PIECE』のオープニングテーマ曲として書き下ろされました。きただにひろしさんは『ウィーアー!』(過去記事)以来、久々のワンピースの主題歌を担当します。

 『ウィーゴー!』はアップテンポのロックナンバーです。1999年の『ウィーアー!』同様に、作詞を藤林聖子さん、作曲は田中公平さん、編曲は根岸貴幸さんが担当しております。アニメでは主要キャラ
である麦わら海賊団のメンバーが再集結し、新章に突入した場面です。そうしたこともあり、主題歌も『ウィーアー!』を意識したものになっているのだと思います。
 


 さて、『ウィーゴー!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについてですが、ラストのサビで2回登場します。回数としては少なめです。この場面を除くと、サビでhiAを中心に歌メロが展開されます。このhiAを起点として、キー調整をすると良いのではないかと思います。
 このhiA辺りは、一般的な男性の音域よりも高めです。原曲キーよりも2つ程度下げると歌い易くなります
 原曲キーで歌唱する場合は、hiA辺りがしっかり歌いこなせると安定してきます。

 先にも述べましたように、この楽曲はラストのサビでhiCのフレーズ【m2G[ウィー]hiC[ゴー!] G[ウィー]C[ゴー!]】が登場します。場面としてはここだけですので、歌い慣れている人は、このhiC場面を利用してロックの高音域の発声を練習してみても良いかもしれません。例えば、ポップ色の強い楽曲でhiA#~hiB辺りが歌える人は、コツが掴めればロック系の楽曲のhiCにも届きうると思います。

 『ウィーゴー!』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整は可能です。歌い慣れていない人向けのキー調整も可能だと思います。ただ、きただにさんのボーカルが特徴的でありますので、そうしたニュアンスを表現するためには、しっかり歌い慣れておく必要があります。

 『ウィーゴー!』は、とりわけアニメの『ONE PIECE』を視聴されていた方には思い入れのある楽曲といえると思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。