こんにちは。今回はGLAYの『Winter, again』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Winter, again』(GLAY)
『Winter, again』(GLAY)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★歴史の深い手に引かれm1F#[て](Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体でここだけ

★あなたを想うほど hiA[ウー]hiD[ウー](ラストサビ)


【補足】mid2F#hiC#の注意点

★厳しくも日々強く生きてるもm2F#[の]m2E[よ](サビ前)

★いつか二人で行m2E[き]たいね【1番サビ】
m2F#[逢いたい]m2E[か]ら、こ[い]しくて
m2F#[あなたを想]hiA[うほど] A[ウー]hiB[ウ]

★戸惑い立ち止m2G[まる]m2F#[ぅ] hiA#[ウー](2番Aメロ)
★遠くを見つめm2E[てた]m2F#[あ](2番サビ)

m1F#[降]り続くしm2E[ろ]m2F[い]E[ゆ]きは(Cメロ)
★むじょm2G[う]なる 人m2G[の]m2F#[世]を 
★すm2F#[べて 許すように降り続いて]hiC#[行く]hiB[ぅ]

★雪が積もるこm2E[ろ]m2F#[に](ラストサビ)
★鐘の音hiB[が]hiA[聞こ]hiA#[え]B[るぅ]
hiB[想い出]m2G[には]ぁ、二人hiA#[があ]m2F#[る]F#[た] 
★あしあhiB[とを]hiA[残]hiA#[し]B[て…]


 まず、『Winter, again』についてです。この楽曲は1999年にロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。アルバム『HEAVY GAUGE』をはじめ、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、GLAYのシングル作品としては最大のヒットを記録しており、代表的なGLAYの作品の1つに挙げられます。
 同曲は、JR東日本「JR SKI SKI」キャンペーンソングとしてのタイアップがつきました。私自身は西日本出身であり、実感が湧きにくいのですが、このJRキャンペーンは多くのヒット曲が生まれている枠です。この辺りについてはback numberの『ヒロイン』(過去記事)の際に少し触れております。

 『Winter, again』はミディアムテンポのバンド曲です。北海道出身のバンドということもあり、冬の厳しさが荒々しいギターサウンドで上手く表現されております。
 歌メロについては、AメロとサビCメロで構成されております。シンプルな構成ですが、サビが長めであります。サビの前半はmid2E~mid2F#くらいが最高音ですが、サビの後半からhiA~hiD以上の音が登場します。こうした構造はGLAYのシングル曲で時々見られます。こうした構造はキー調整を難しくさせるのではないかと私は分析しております。



 さて、『Winter, again』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、ラストのサビで1回登場します。厳密にいうと、ここは歌詞の無い部分なので「フェイク」になるのですが、カラオケでも採点に含められており、また私自身も重要だと考え、最高音に含めました。
 この場面を除くと、Cメロで1回hiC#が登場します。【すm2F#[べて 許すように降り続いて]hiC#[行く]hiB[ぅ]】の部分です。『Winter, again』を原曲キーで歌いこなすには、hiB辺りの音階を使いこなす力と、瞬間的にhiD,hiC#等を使いこなす能力が求められ、その点でハードルが高いです。

 一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。『Winter, again』が低音部分に余裕があるためキー調整はしやすいです(詳細は後述)。

 一方で、この楽曲はサビの一部で急激にキーが上がる場面があり、その辺りでキー調整を難しくしております。最高音hiDを基準にキーを下げると、サビの前半が歌いにくくなります。逆に、hiBを基準にキー調整すると、最高音の部分で高めのキーが求められます。キー調整などは可能ですが、サビでの表現などを考えると、歌い慣れた人向けの作品といえます。