こんにちは。今回はX JAPANの『紅』(1989)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『紅』(X JAPAN)、Kurenai(X JAPAN) 
『紅』(X JAPAN)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※イントロの英語詞

★When I had m2F#[looked] at m1D#[the] shadows on the wall(イントロ)

※こだわらなくていいです。ここ以外ではmid1G#が低音


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※曲全体で10回程度

hiB[紅]hiC#[に]hiD#[染]C#[ま]B[っ]た こhiB[の]hiC#[お]B[れ]


【裏声最高音】hiA#(A#4) ※サビで登場

★(慰める奴は)もういhiA#[な](サビ)


【補足】hiA#hiC#辺りの注意点

★嵐吹くこの街がm2G#[おま]えを抱く(Aメロ) 
★吹き抜ける風にさえm2G#[目を]hiA#[じ]G#[る]

★おhiA#[ま]hiB[えは]A#[走]りだす(Bメロ) 
★なhiA#[に]hiB[かに追]hiC#[われ]B[る]C#[よ]A#[う]

★こhiB[の]hiC#[お]B[れ]hiA#[を](サビ)


 まず、『紅』(くれない)についてです。この楽曲は、1989にロックバンドX JAPANによりリリースされたメジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』に収録されたのちに、シングルとしてリリースされます(シングルではライブ版が収録)。代表曲の多いX JAPANですが、その中でも非常に知られた作品の筆頭なのではないかと思います。
 同曲は、現在では甲子園で行われる高校野球の応援曲としても定番にもなっております。また、2018年には携帯電話のCMで、女優の高畑充希さんが同曲を熱唱する場面が話題になりました。ちなみに、高畑さんは原曲と同じキーで歌唱されております。

 さて、『紅』は疾走感あふれるパワーメタルです。イントロはストリングスや、ギターのアルペジオが印象的な「静」の場面から始まり、英語詞で歌われております。

 歌メロの音域については、図で見るとかなり広い音域に見えますが、イントロの「静」の部分と、Aメロ~サビの「動」の部分で、音域が大きく異なります。
 一般的に知られている「動」の部分の音域は、m2C#~hiD#となっており、こちらの方が体感的に近いと思います。逆に「静」の部分は目安としてmid1G#~mid2F#までとなっております。







 さて、『紅』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。

 まず、地声最低音mid1D#についてですが、こちらはあまりこだわらなくてもよいです。落としたり、mid1G#辺りを代用してもあまり影響はないと思います。また、Aメロ以降のメタルパートではmid2C#が最低音になります

 一方、地声最高音hiD#はサビで登場します。サビは同じフレーズが繰り返し登場し、曲全体で10回hiD#が出てきます。上述のようにかなり高い音域ですので、一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすいです。
 一般的な男性のレンジ(mid2G位)にまで調整しても良いのですが、出来れば、hiAをギリギリ頑張って出すくらいの方が原曲のニュアンスに近づきやすいです。その点では、キーを調整するにしても歌い慣れた人向けの作品といえます。

 『紅』は先ほども申したように、図で示す程は音域は広くありません。よって、キーの調整は可能であります。ただ、先にも述べたように高音域がエモーショナルに歌いこなせる必要があります。その点で、やはり初心者にはハードルが高いです。キーを調整する場合は、自分の安定して歌えるレンジより少し上くらいの方が良いと思います。

 ちなみに、『紅』は音域的には女性の方が合いやすいかもしれません。高畑充希さんのバージョンなども参考になると思います。男性のみならず、女性でも興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。