スポンサーリンク
カテゴリー

『DEEP KISS』(B’z)の音域

こんにちは。今回はB’zの『DEEP KISS』(1997)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『DEEP KISS』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、よこやまーさんのドラムカバー動画を添付いたします。


『DEEP KISS』(B’z)

『DEEP KISS』(B'z)










【地声最低音】mid1D#(D#3) 

★ハヤかったm1D#[り] ヘタクソだったD#[り](1番Aメロ)


【地声最高音】hiG(G5)  

★そりゃhiA#[他]hiC[にお]hiD[とこ]C[も]A#[で][る]わぁhiG[ぁぁ]

※サビの直前です。また、2番終了後のフェイクもhiGです。


【補足】mid2G(一部略)hiD辺りの注意箇所

hiA[イヤイヤ]hiA#[イヤ]A[イヤ]……
★予想m2G[通]りあの娘は逃げちゃった 

hiA#[僕にはぼ]hiA[くの夢]m2G[がある]
hiA[ふられつづ]m2G[けてもこ]たえない
hiC[強]hiA#[力な][び]C[し]hiD[さ]A#[に]負けなA#[い] 
hiC[ア]hiA#[イアン]マンになりA#[た]hiD[ぁぁい]
hiC[石]hiA#[の]A#[う]D[に]



 まず、『DEEP KISS』についてです。この楽曲は、1997年にロックユニットB’zによりリリースされたアルバム『SURVIVE』に収録されています。アルバムの1曲目を飾ります。同アルバムには『Liar! Liar!』、『Calling』、『FIREBALL』といった楽曲が収録されています。

 『DEEP KISS』は激しいハードロックナンバーです。私なりのイメージなのですが、歌唱難易度が高いB’zの楽曲群の中でも「特に難易度が高い作品の1つ」として、この曲がよく列挙されております。図にも示すように、高音域が非常に高いです。

 『DEEP KISS』の音域については、広めなのですが、低音部分に余裕がありますので、キーを下げることは可能だと思います。原曲キーでの歌唱は大変ですが、キーを下げて歌ってみるのも良いのではないかと私自身は考えております。





 さて、『DEEP KISS』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiGはサビ前で登場します。【そりゃhiA#[他]hiC[にお]hiD[とこ]C[も]A#[で][る]わぁhiG[ぁぁ]】の部分です。この辺りは、一般的な男性の声域ではありませんので、キーを下げて歌ってみた方が良いのではないかと思います。
 『DEEP KISS』は音域自体は広めですが、しっかり歌い慣れた男性であれば、キーを下げれば一通りメロディーをなぞることは可能だと思います。そこから、上手く自分なりの表現に持って行ったり、もしくはB’zの稲葉さんのような表現を目指すのも良いと思います。ただ、やはり原曲キーで歌唱するのは非常に大変だと思います。

 『DEEP KISS』は低音部分に余裕がありますので、キーを下げることも可能です。ただ、原曲のような表現をするにはかなりの努力が必要になります。その点は留意しておいてください。
 普段歌い慣れていない人の場合は、正直最初は手も足も出ないのではないかと思います。『DEEP KISS』は初心者の練習曲としては不向きですので、別の曲で練習した上で少しずつレベルアップしていってください。B’zは1990年代半ば頃までの作品が、比較的キーが低め[hiA~hiBくらい]で歌いやすいですので、まずはその辺りを目指してみると良いのではないかと思います。

 『DEEP KISS』はB’zの楽曲の中でもかなり難しい部類の作品であり、歌う人を選ぶ作品です。ハードルは非常に高いのですが、歌いこなせると非常にカッコイイと思います。。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かたおか より:

    ひげだんの新曲パラボラの解説をお願いします!

  2. Kaz Sakamoto より:

    リクエストに答えていただきありがとうございます
    個人的には高すぎて逆に歌える曲です(中途半端な音域をウロウロしてないからでしょうか)

  3. もりっしー(管理人) より:

    >>2
    確かに高すぎて歌えるというのもある気がします。
    あと、上手く言語化できないのですが、
    ロック系の曲はメロディーが直線的で
    意外と高い声が出やすいイメージです。

  4. Kaz Sakamoto より:

    個人的にはWANIMAとかが1番歌ってて疲れますね(B’zにもWANIMAのようなタイプの曲はありますが)
    リクエストが多くて大変だと思いますが、MY FIRST STORYの失踪FLAMEお願いしたいです

  5. もりっしー(管理人) より:

    >>4
    WANIMAも高いですね。楽曲全体でハイテンションな作品が多いですので
    非常に辛いです。
    実はWANIMAは調べるのも大変です(笑)

  6. Kaz Sakamoto より:

    >>5
    高いだけでなく、息継ぎする場所がなく、演奏も常に激しめ(声量も必要)なとこが余計ですね
    普通の人だとキー自体届かないでしょうし、高域が得意な人でも他の要素で苦労します

  7. もりっしー(管理人) より:

    >>6
    最近の曲は特に息継ぎのポイントが少ない作品が増えた印象です。
    『ともに』辺りはホントにブレス入れるタイミングが無い。