スポンサーリンク
カテゴリー

『ひとりで生きていたならば』(SUPER BEAVER)の音域

こんにちは。今回はSUPER BEAVERの『ひとりで生きていたならば』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ひとりで生きていたならば』(SUPER BEAVER)
『ひとりで生きていたならば』(SUPER BEAVER)









【地声最低音】mid1F(F3) 

※Aメロ、Bメロなどで頻出します。【地声最高音】に一部だけ記載しております


※大手通信カラオケでは最低音mid1A#となっておりますが、私自身は確認できませんでした。重要性としても低いと思います。


【地声最高音】mid2G(G4)  

★ひm2G[と]m2F[りで][きてい]G[た]ならば【サビ】
★理m2G[不]m2F[尽も許せ]G[か]F[もな]
★こだm2G[わっ]m2F[て生]きると

m1F[こ]m2F[ころの][こから][らい]m2G[合]うんだ【Cメロ】
★うm2G[れし]m2F[さ]F[知って]G[る]F[のさ]


【補足】mid2Fを含むフレーズ

★それでも愚痴でm2F[は]明けやしない理不尽でも【Bメロ】



 まず、『ひとりで生きていたならば』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドSUPER BEAVERによりリリースされたシングル作品です。『ハイライト 』との両A面シングルで、2021年にリリースされたアルバム『アイラヴユー』にも収録されております。同曲は、映画『水上のフライト』のために書き下ろされました。

 『ひとりで生きていたならば』はゆったり目のテンポのバンド曲です。頭からサビが登場し、AメロBメロサビと展開されていきます。映画の主題歌ということもあり、サビではストリングスが用いられております。


 『ひとりで生きていたならば』の音域的な特徴についてですが、上述のように比較的狭いレンジで歌メロが作られております。最高音も最近の男性曲としては高くないですので、一般的な男性にもチャレンジししやすいと思います。



 さて、『ひとりで生きていたならば』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。

 まず、地声最高音mid2Gについてですが、サビを中心に多く登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、登場回数は多めになります。歌い慣れた人であればチャレンジしやすいのではないと思います。反面、普段歌い慣れていない人や声が低い人などは少しキーを下げて歌ってもよいです。

 『ひとりで生きていたならば』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整なども比較的行いやすいです。少し低音が辛くなるかもしれませんが、普段歌い慣れていない人向けの調整も可能なのではないかと思います。強くお奨めする程ではないですが、練習曲としてもある程度使いやすいと私は分析しております。

 私自身は、SUPER BEAVERの歌詞に勇気付けられることが多いのですが、この『ひとりで生きていたならば』もやはり歌詞が素晴らしかったです。音域的にもそこまで高い難易度ではないですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする