スポンサーリンク
カテゴリー

『正解』(RADWIMPS)の音域

こんにちは。今回はRADWIMPSの『正解 (18FES ver.)』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『正解 (18FES ver.)』(RADWIMPS)
『正解 (18FES ver.)』(RADWIMPS)









【地声最低音】mid1E(E3) ※全体で多く登場

m1E[この]E[に出]会うどんな友とE[も]【Aメロ】 
m1E[分][ち]合えない[ヒ][ツを]E[も]にした


【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※曲全体で2回だけ

★次のm2F#[空]m2E[欄]に当てはまる言葉を【ラストサビ】


【裏声最高音】hiA(A4) ※サビで登場

★いつもhiA裏[せ]m2G#[い]m2F#[か]m2E[い]など【サビ】


【補足】mid2Eを含むフレーズ一覧

★りm2E[く]つに合わない こE[と]【Bメロ】
★どこかで僕らおm2E[もっ]ていたm1E[のか]

★あぁ 答えがある問m2E[い]ばかりを【サビ】



 まず、『正解』についてです。この楽曲は、2018年にRADWIMPSによりリリースされたアルバム『ANTI ANTI GENERATION』に収録されております。と表記されており、アルバムのラストを飾ります。
 『正解 』は2018年に行われたNHK主催のイベント『18祭』のために書き下ろされたナンバーです。そうしたこともあり、アルバムでは『正解 (18FES ver.)』と表記されており、テレビでのパフォーマンスがそのまま音源として収録されております。
 18祭ではRADWIMPSの他に、WANIMAやONE OK ROCK、[ALEXANDROS]といった人気のバンドが参加しており、そのために楽曲が制作されております。当ブログでは、ワンオクの『We Are』(過去記事)、WANIMAにより制作された『シグナル』(過去記事)を取り上げてまいりました。



 さて、『正解』はピアノを基調としたゆったりしたテンポのナンバーです。18歳世代とのコラボということもあり、一部合唱といった形が取られております。RADWIMPSが歌うパートについては上述の通りですが、女声のパートについては、主にmid2E~hiDで作られており、男声パートについてはmid1E~mid2Eで作られております。今回はRADWIMPSのパートを中心に記述しております。

 『正解』の音域的な特徴についてですが、最近の男性のポップスとしては、そこまで高くないレンジで歌メロディーが作られております。一部裏声などがありますが、練習曲としても比較的使いやすいのではないかと思います。



 さて、『正解』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2F#についてですが、終盤で2回だけ登場します。曲全体では高めの音程としてmid2Eが多く登場します。この辺りは、一般的な男性の音域の範囲内であります。ある程度歌い慣れた人であれば、形になりやすいのではないかと思います。歌い慣れていない人は少しだけキーを下げても良いです。mid2F#辺りは歌い慣れていないとスムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねてください。

 『正解』は音域自体はめちゃくちゃには広くなく、キー調整も可能です。ただ、mid1Eなどの低音部分は意外と登場回数が多いですので、意外と下げる余地は少ないと感じました。キー下げる場合は、微調整程度にとどめた方がいいかもしれません。
 とはいえ、『正解』は音域がおおよそ男声の範囲内にありますので、比較的手を付けやすいです。裏声などに抵抗が無ければ、練習曲としても使いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする