カテゴリー

『名前を呼ぶよ』(SUPER BEAVER)の音域

こんにちは。今回はSUPER BEAVERの『名前を呼ぶよ』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『名前を呼ぶよ』(SUPER BEAVER)、Namae wo Yobuyo(SUPER BEAVER)
『名前を呼ぶよ』(SUPER BEAVER)の音域







【地声最低音】mid1D#(D#3) 

m1D#[い]まさら馬鹿みたいなこと言うけm2D#[ど]【Aメロ】
m1D#[そ]れは平凡で取るに足らない日m2D#[常]m2E[で][も]

m1D#[な]にができる[か]な 今何ができるかな【Cメロ】

※低音が苦手な方はmid1F#で代用しても違和感は少ない


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※登場回数多い

★いm2G#[とし]m2F#[さ]溢れる と[き][を]超える【Bメロ】

★名m2G#[前]m2F#[を]呼ぶよ 名G#[前]F#[を]呼ぶよ【サビ】
★あなたのm2F#[ぉ]意味を 僕らの[ぉ]m2G#[意]F#[を]
m2G#[何]m2F#[だっ]て G#[何][だっ]【ラストサビ】

【補足】mid2D#(一部略)mid2F#を含むフレーズ一覧

★言わずもがな ちゃんと守m2D#[り]m2F#[たい] そりゃそD#[う]【Bメロ】
★出会いがm2D#[ぁ]m2E[人][生][す]べてだって思った

★あm2F#[りがとう]m2D#[な]んて こっちの台詞なのに【Cメロ】
m2F#[そう]m2D#[か]ぁ m1D#[こ]れが生きること

 まず、『名前を呼ぶよ』(なまえをよぶよ)についてです。この楽曲は、2021年に4人組ロックバンドSUPER BEAVER(スーパービーバー)によりリリースされたシングル作品です。最新曲ですので、現在はCDシングルと配信のリリースであり、アルバムには未収録です。
 『名前を呼ぶよ』は、和久井健さんの同名漫画を原作とした実写映画『東京卍リベンジャーズ』(とうきょうリベンジャーズ)のために書き下ろされました。同漫画は、約1年前は500万部弱の発行部数でしたが、アニメ化・実写映画化の発表以降、売上が顕著に伸びはじめました。アニメが始まったここ3ヶ月だけでも発行部数が2000万部以上伸び、現在は3200万部の記録的なヒットになっております。ちなみに、当ブログで5月頃に取り上げたOfficial髭男dismの『Cry Baby』(過去記事)はアニメ版の主題歌であります。
 近年は、電子書籍の普及やコロナ禍でのインドア生活も相まって、漫画の売上が非常に伸びております。2020年は電子書籍を含めたコミックの売上が過去最高を記録しており、日本の人口が減少しているにもかかわらず、市場が伸び続けております。これらは、音楽界にも大きな影響を及ぼしており、漫画を原作としたアニメの主題歌がトップセールスを記録しております。


 さて、『名前を呼ぶよ』はアップテンポのロックナンバーです。私自身は、2番のBメロ~Cメロに向かう辺りの演奏が非常に耳に残っております。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られております。サビは特に口ずさみやすく、何度か聴いているうちに自然と覚えてしまいます。
 当ブログで取り上げた過去記事で何度も言及しておりますが、私自身はSUPER BEAVERの歌詞も非常に好きであり、曲を聴くたびに力を貰えたような気持ちになります。作詞作曲は、同バンドのギタリスト柳沢亮太さんによりなされております。

 『名前を呼ぶよ』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な男性の声域の範囲内、もしくは若干高めといったところです。ある程度高音が得意な方は非常に楽しめますが、人によっては若干キーを下げてもよいと思います。
 同曲は、基本的なメロディーはmid1F#~mid2G#で成り立っております。最低音のmid1D#をあまり気にしなければ、1オクターブ超のレンジで歌うことが可能です。そのため、キー調整の融通は利きやすいです。音域的に滅茶苦茶キツイというわけではないですので、ボーカル渋谷龍太さんの表現などをしっかり学びたいところです。


 最後に『名前を呼ぶよ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくはやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてです。mid1D#は上述のようにフレーズの1文字目に登場することが多いため、mid1F#などで代用しても違和感は少ないです。同曲を女性の方が歌唱する場合は、この辺りを意識してみるとよいです。

 一方、地声最高音mid2G#はBメロやサビ等で登場します。正確な数を数えておりませんが、曲全体で少なくとも10回以上は登場するため、回数としては多めです。このmid2G#辺りは、一般的な男性の声域のボーダーラインのような音階であり、歌い慣れた人であってもスムーズな発声が損なれることがあります。キーが高いと感じた場合は、1~2つ程度下げてもよいと思います(♭1~2)。

 『名前を呼ぶよ』は図で示す以上に低音域に余裕があり、キー調整がしやすいです。キー調整に抵抗が無ければ、歌い慣れていない人にも挑戦しやすいキーに合わせることは可能だと思います。ただ、原曲の渋谷龍太さんのようなエモーショナルな歌唱をするためには、練習が必要ですので、その辺りも踏まえて努力を重ねてください。若干リズムが取りにくいと感じる場面もありますが、キー調整も考慮すると、ある程度練習には使いやすい印象です。

 『名前を呼ぶよ』は原曲キーの場合は、mid2D#~mid2G#辺りがしっかり歌いこなせるかが試されます。特に楽曲終盤にはmid2G#辺りが多く登場します。先にも述べたように、この辺りは一般的な男性の声域としては若干高いですが、絶望的に難しいというわけでなく、比較的努力が報われやすいです。ボーカルの渋谷龍太さんの表現も参考になりやすいですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。「J-POPの女性曲は高すぎて全然歌えない」という声が低めな女性にもお奨めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする