カテゴリー

『ひたむき』(SUPER BEAVER)の音域

こんにちは。今回はSUPER BEAVERの『ひたむき』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲ですが、記事の執筆中にリクエストも頂戴しました。
 なお、今回は低音がやや聞き取りづらいところがあり、最低音の部分が少し自信がありません。ただ重要度としては低いので、そのあたりはあまり厳密でなくてもよいと思います。


『ひたむき』(SUPER BEAVER)、Hitamuki(SUPER BEAVER)
『ひたむき』(SUPER BEAVER)の音域






【地声最低音】mid1C(C3) ※ラストサビ前[転調-1]で登場

★そのための m1C#[け]ついじゃなかっ1C#[たろ]【Aメロ】
★どれだけ生き急いm2D#[で]も 明日はずっとm1C#[あ]したで【Bメロ】
★どれだけ強く願っても m1C#[と]きに世界は1C#[無]情だ
★もう一m1C#[歩] 1C#[あと]一歩 間に合えって【サビ】

★迷う理由は際限ない 悔やみたくないかm1C#[ら慎]重に【2番Aメロ】
☆ただ一m1C[歩 でも]一歩 明日へ C[って繰り]m2Gm2F[返]す]【ラストサビ前[転調-1]】

※☆はサビ近いメロディーですが、キーが1つ低い


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※全体で4回

★繰りm2G#m2F#[返]す]hiA#地G#[た]むき][さが]【サビ】
★踏み出す人の 真ん中にある けm2F#[ついは]hiA#m2G#[み]ら][いだ]


【補足】mid2F#mid2G#を含むフレーズ一覧

★理想を茶m2D#[化す]と 決まって ねm2F#[むれない]夜になった【Aメロ】

m2G#m2F#[何]度も] 心がさG#[けん]で] 涙ぬぐっていく【サビ】
m2F#F[希望]をつ]ないでいく 意味はずっと F#[意志]そのもF#[の]
m2G#m2F#[いつ]だっ][今日が] G#[人]生][ピーク] 超えてF[い[け]

m2Em2F[結[局] 一生m2GF[懸]命] 一生懸命に【ラストサビ前[転調-1]】
★想いすれ違うかもしれない でも m2G#m2F#[で]も]【ラストBメロ】

※ラストサビ前にhiAが1回登場します(転調して1つ[半音]キーが低い場面)。

 まず、『ひたむき』についてです。この楽曲は、2022年にロックバンドSUPER BEAVERによりリリースされたシングル作品です。現在は配信限定のシングルですが、11月末にCDシングルとしてのリリースが予定されております。
 『ひたむき』は堀越耕平さんの同名漫画を原作としたテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』のOP曲として書き下ろされました。ヒロアカは2022年1月時点で、世界累計発行部数が6500万部を超えており、連載中の作品では日本を代表する人気作の一つといってよいと思います。主題歌も多くヒットしており、米津玄師さんの『ピースサイン』(過去記事)などが知られております。


 『ひたむき』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性としては高めのレンジで歌メロが作られております。そのため、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。ちなみに、ラストサビの前のアコギが印象的な【結局一生懸命 一生懸命~】の場面は、サビメロより1つだけ低いキーで歌メロが展開されます。ここは、慣れてないと音程が少し取りづらいかもしれません。
 一方、同曲はmid1C#などの低音域が多いため、人によってはキー調整をしても歌いにくく感じられるかもしれません。低音~高音まで満遍なく求められる楽曲だといえます。
 ちなみに、女性が同曲を歌唱する場合、通常はキーを上げた方が歌いやすそうです。同曲はmid1C#辺りの頻度が高いため、原曲キーだと女性の声域は歌いにくいと思います。



 最後に『ひたむき』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Cはラストサビの前で登場します。ここは、サビと同じようなメロディーですが、サビよりもキーが1つ低いです。そのため、サビで登場するmid1C#よりも1つ(半音)低いmid1Cが最低音となります。
 このmid1C,mid1C#辺りは男性の音域の範囲内ですが、低音感があります。低音域が苦手な男性は少し歌いにくいかもしれません。また、同曲はmid1C#の回数がかなり多く、女性が原曲キーで歌うのは非常に大変です。「女性」や「高音域が得意な男性」などはキーを上げてもよいと思います。

 次に、地声最高音hiA#はサビで登場します。登場回数は4回程度です。これ加えて、同曲はmid2F~mid2G#辺りも比較的多いです。そのため、一般的な男性は少しキーを下げた方が歌いやすそうです。一つの目安ですが、原曲キーから2つ程度下げてみてください。


 『ひたむき』は低音域に若干の余地があり、キー下げは可能です。ただ、準最低音にあたるmid1C#の登場回数が非常に多いです。そのため、見た目以上に低音感があり、大きなキー下げには向きにくいです。そのため、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲といえそうです。

 『ひたむき』を原曲キーで歌唱する場合、高音域はhiA#,mid2G#辺りがしっかり地声で歌いこなせる力が求められます。また、先述のように、mid1C#などの低音域も意外と多く登場し、低音~高音まで広く歌いこなせる力が求められます。そのため、「ある程度高音域が得意な男性(低音もしっかり歌える)」が原曲キーにマッチしやすそうです。
 私自身は、アニソンのOP曲というのは、「高音域の気持ちよさ」が魅力の一つだと思います。ただ、今回の『ひたむき』は意外と低音域も多く登場します。その点をしっかり意識しておきたいです。


 『ひたむき』はアッパーなバンド曲であり、私自身も非常に耳に残りました。私は、SUPER BEAVERについては歌詞も好きなのですが、今回も勇気をもらえるような前向きな歌詞に共感できました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする