スポンサーリンク
カテゴリー

『napori』(Vaundy)の音域

こんにちは。今回はVaundyさんの『napori』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『napori』(Vaundy)
『napori』(Vaundy)の音域








【地声最低音】mid1B(B2) 

m1C#[ろく]な音楽もなくm1B[て] C#[そん]なひびをまた2人B[で]【1番Aメロ】


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※曲全体で7か所

★あれはm2G#[べ]m2F#[り]そっとflight【サビ】 
★酒入ってなくても 酔いm2G#[がま]m2F#{わ]G#[る]んだな【2番Aメロ】


【裏声最高音】hiB(B4) ※曲全体で1か所

★oh right oh right oh right 二人はキスをhiA#裏[す]hiB[る]A#[ぅ]【ラストサビ】


【補足】mid2Emid2F#を含むフレーズ一覧

★僕ら互いの指を絡m2E[め]m2F#[あっ]てもう【サビ】

※上述以外ではmid2D#が頻出します


 まず、『napori』(ナポリ)についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターのVaundy(バウンディ)さんによりリリースされたアルバム『strobo』(ストロボ)に収録されております。アルバムの1曲であり、タイアップなどは確認できませんが、今年に入り、特に注目が集まっております。

 『napori』はミディアムテンポのヒップホップ曲であります。歌メロについては、AメロBメロサビといった形になっておりますが、従前のJ-POPの楽曲と比較すると、サビの盛り上がりが少し抑制されております。その分、歌う際は、キーの高さよりも抑揚の付け方などが重要になると思います。

 『napori』の音域的な特徴についてです。同曲は、地声最高音がmid2G#であり、男性の音域よりやや高めです。最近のポップスとしてはそこまで高いわけではないですが、声が低めの人などはキーを下げてもよいと思います。キーを下げる余地は少ないですが、歌い慣れた人であれば手を付けやすいレンジです。

 さて、『napori』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくはやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビを中心に登場します。曲全体で7回程度です。この辺りは、男性の地声音域のボーダーラインであります。歌い慣れた人であっても、スムーズな発声が損なわれれることがあります。よって、場合によっては歌い慣れた人であっても、キーを下げてもよいと思います。各々の状況に応じて、キー調整を行ってください。

 『napori』は音域自体がやや広めであり、キー調整の余地は少ないです。ビギナーの場合は、キー調整を行ったとしても歌いにくいところがあるかもしれません。その点は留意しておいてください。歌い慣れた人は、ある程度キー調整も行いやすいと思います。

 『napori』はVaundyさんの微妙な発声など難しい部分もありますが、音域だけで見ると、『不可幸力』(過去記事)『怪獣の花唄』(過去記事)といった楽曲よりは手を付けやすいです。
 私自身もそうした経験がありますが、「歌手のシングル曲を歌うのが難しい場合は、アルバム曲で練習する」というのもよいと思います。この『napori』もそうした位置にある楽曲ではないかと私は分析しました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする