カテゴリー

『Butter-Fly』(和田光司)の音域 / アニメ『デジモンアドベンチャー』OP曲

こんにちは。今回は和田光司さんの『Butter-Fly』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 なお、同曲は、MVではなく、2014年のアニメロサマーライブでの歌唱動画か公開されております。よって、当ブログにおいても、その模様を動画として添付いたします。


『Butter-Fly』(和田光司)、Butter-Fly(Kouji Wada)
『Butter-Fly』(和田光司)の音域








【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★この空m1E[にと]m1C#[ど]E[くの]だろう【Bメロ】


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

m2E[無限]m2F#m2G#[大[な][め]の][あ][の]【サビ】
★なm2E[に]m2G#[も]m2F#[ない][世のな]F#[かじゃ][ぁ]
m2E[そ]うさ愛しい おE[も][も][け]そうm2G#[にな]m2F#{る][け]{ど]


【裏声最高音】hiB(B4) ※各サビ1回ずつ

★頼m2G#[り]m2F#{ないつ]hiB裏[ば]さでも【サビ】

※他の部分がしっかり歌えていれば、hiBは落としても目立ちにくいと思います。

【補足】mid2Eを含むフレーズ一覧

★何が m2E[WOW] WOW WOW WOW【Bメロ】



 まず、『Butter-Fly』(バタフライ)についてです。この楽曲は、1999年に男性歌手の和田光司(わだこうじ)さんによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、2001年にリリースされたアルバム『all of my mind』に初収録されました。和田光司さんの記念すべきデビュー作であり、代表的な楽曲の筆頭として挙げられます。和田光司さんは、とりわけデジモン関連の主題歌を多く担当したことで知られております。
 『Butter-Fly』は、テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』のオープニング曲としてタイアップが付き、大きく知られることになりました。平成を代表するアニメソングの1つであり、歴代アニソンランキングなどでも度々上位にランクインする人気曲であります。
 男性シンガーソングライターの米津玄師さんはアニメのOP主題歌となった『ピースサイン』を制作する上で、この『Butter-Fly』を強く意識したそうです。

 『Butter-Fly』はアップテンポのバンドナンバーです。歌メロはAメロBメロサビといった形で作られており、特にサビで大きく盛り上がります。作詞作曲は千綿偉功さん、アレンジは渡部チェルさんによりなされております。千綿偉功さんは『金色のガッシュベル!!』のオープニングテーマ『カサブタ』などで特に知られており、渡部チェルさんはアニソンや特撮、アイドル曲の作編曲で非常に知られております。

 『Butter-Fly』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、音域的には一般的な男性の声域よりもやや高めであり、とりわけサビではmid2E~mid2G#辺りが連続的に登場します。
 こうしたmid2E~mid2G辺りの中高音域が連続して登場する楽曲は、普段歌い慣れていない人の場合は、スムーズな発声が難しくなります。この楽曲をGoogleで検索すると、「Butter-Fly カラオケ 難しい」といった候補が出てきます。音域的には難しい曲というわけではないですが、しっかり練習していないと痛い目を見る楽曲なのではないかと私は分析しております。

 さて、『Butter-Fly』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで多く登場します。登場回数が多めで、裏声のhiBやmid2E~mid2F#辺りの音階とコンボになっております。mid2G#辺りは歌い慣れた男性であってもスムーズな発声が損なわれる場合があります。これらの条件を踏まえると、一般的な男性はキーを少し下げて歌唱した方が歌いやすいかもしれません。原曲キーから1~2つ程度を目安にキーを下げてみてください。

 『Butter-Fly』は上図に示す程には低音部分には余裕がありません。よって、キーを下げてると一部の低音が意外と辛いかもしれません。歌唱の際、その辺りはあまり気にしないでよいと思います。
 こうしたこともあってか、この楽曲は、「キー調整は可能であるが、そこまで融通は利かない」と私は分析しました。歌い慣れた人であれば良いですが、ビギナーなどは意外と手を付けにくい楽曲かもしれません。もし、キー調整をしても歌いにくいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習してください。

 『Butter-Fly』は歌い慣れた人であればチャレンジしやすいですが、歌い慣れていない人や声が低い人には結構しんどいといった難易度になるのではないかと私は考えました。ただ、先に述べたように、非常人気の高い楽曲であり、カラオケなどでも歌いやすい作品です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする