スポンサーリンク
カテゴリー

『Renegades』(ONE OK ROCK)の音域

こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Renegades』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 なお、同曲は、フレーズの歌い出しなど所々低音が多く登場します。私自身はm1Dで判定しておりますが、一部聞き逃しがあるかもしれません。その辺りはご了承ください。


『Renegades』(ONE OK ROCK)
『Renegades』(ONE OK ROCK)の音域







【地声最低音】mid1D(D3) 

☆Got a fire in my soul m1D[I’ve lost] my faith in this broken system【Aメロ】

※フレーズの頭やサビ等でも低音が登場しますのが、象徴的なのは☆の部分だと思います。ただ、低音域が苦手な方はあまりこだわる必要もないと思います。


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で2回

hiA#hiChiD[We could be the reneg][a][des]【2番サビ終了後の間奏・アウトロ】


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビ

hiA#[I’m here] hiA[for] A#[you] hiD裏[uh] m2G[uh] A[uh]【サビ】

※カラオケなどでは判定外かもしれませんが、重要なので表記しております


【補足】mid2GhiCを含むフレーズ一覧

m2F[We’re the forgo]tten generation F[We want an o]pen conversation【Aメロ】

hiA#[I’m not] hiA[a][fraid]A# To A#[tear it down and build it up] A[a][gain]m2G【サビ】
hiA[Are you] hiA#[here for] hiC[me to][o?]A#


 まず、『Renegades』(レネゲイズ)についてです。この楽曲は、2021年に4人組ロックバンドONE OK ROCKによりリリースされたシングル作品です。現在のところ配信限定のシングル作品です。最新シングルということもあり、アルバムには未収録であります。
 この楽曲は、和月伸宏さんの同名漫画を原作とした実写映画『るろうに剣心  最終章 The Final / The Beginning』のために書き下ろされれた作品であります。ONE OK ROCKはこれまでに『The Beginning』(過去記事)『Mighty Long Fall』(過去記事)『Heartache』(過去記事)と『るろ剣』の実写映画シリーズ全ての主題歌を担当しております。同曲は、配信リリースと同時にワンオクのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されております。ワンオク自身久々のシングル曲ということもあってか、MVも500万回以上の再生回数を記録しております(日本語バージョンとグローバルバージョンの合算です)。

 『Renegades』は壮大なロックバラードであります。歌メロはAメロサビといった形で作られており、比較的シンプルであります(歌うのが簡単というわけではありません)。また、同曲は、ボーカルのTakaさんとイギリスの男性シンガーソングライター Ed Sheeran(エド・シーラン)さんとの共作であります。ちなみに、作詞作曲クレジットには、ワンオクの近作に携わる米国のプロデューサーなどに加え、coldrain(コールドレイン)のMasatoさんの名前も入っております。

 『Renegades』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、男声としては高い音域で歌われております。低音は図に示すほど低くなく、あまり気にしなければmid1G位を低音の基準に置いてもよいかもしれません。そのため、キー調整はしやすいですが、質を伴った歌唱表現をするためには、しっかり歌い慣れておく必要があります。

 さて、『Renegades』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声・裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDは曲全体で2回程度登場します。歌メロとしては、2番サビ終了後の間奏、アウトロですので、サビのど真ん中で登場するhiDなどと比べて発声しやすいかもです。ただ、一般的にはかなり高いレンジです。このhiDに加え、各サビで1回ずつhiCも登場します。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも高めであります。よって、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。ただキーを下げる際、最高音hiDやhiCは自分がギリギリ出せる高音辺りに設定した方が原曲のニュアンスに近づきやすいと思います。

 『Renegades』は音域自体が広めですが、低音部分に余裕があります。特に上図で示す程低音は辛くないですので、キー調整の融通は利きやすい方だと私は分析しました。
 ただ、ボーカルのTakaさんは高音域をエモーショナルに歌唱しております。そのため、キーを調整するにしても、自分が出せる高音ギリギリ辺りに設定した方が原曲のニュアンスに近づきやすいと思います。高音域を上手くコントロールする必要がありますので、キー調整するにしても歌い慣れた人向けの楽曲だといえます。

 『Renegades』は原曲キーの場合は、目安としてhiC辺りをしっかり歌いこなせると比較的形になりやすいです。その点でハードルの高い作品になりますが、歌いこなせるとカッコいいと思います。また、レンジとしてには女声に近いです。女性も含め、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする