カテゴリー

『名悪役』(フレデリック)の音域

こんにちは。今回はフレデリックの『名悪役』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでフレデリックの楽曲を取り上げるのは『オドループ』(過去記事)以来、2回目になります。


『名悪役』(フレデリック)、Meiakuyaku(FREDERIC)
『名悪役』(フレデリック)の音域






【地声最低音】mid1D(D3) 

★何かと素っ頓狂で頓珍漢なm1D[名]演技であったんだ【Aメロ】
★最低な考えm1E[さ] m1D[この]E[感]情さえも一丁前で【Bメロ】


【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で2回

★二度m2G#[と]hiA#[あ]hiC[な]m2G[た]ぁに歌[わ]hiA#[な][いよ]【サビ】

※上手く発声できるのであれば、裏声でもよい


【補足】mid2F(一部略)hiA#を含むフレーズ一覧

★このm2G#[ま]hiA#[ま][ぼ]m2G[く][は]【サビ】
m2G#[曖]m2G[昧]m2F[な]最終回なんて過ごしたくはないよ
★思m2F[い][に]されるくらいなら

★思m2F[い][を][え]m2G#[る]m2G[く][らい]にさ【ラストサビ】
 まず、『名悪役』(めいあくやく)についてです。この楽曲は、2021年に4人組ロックバンド・フレデリックによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル作品であり、現在アルバムには未収録であります。
 同曲は、元々フレデリックの武道館ライブで先立って披露されており、今回待望のシングルリリースとなります。MVは『オドループ』などフレデリックとも縁の深いスミス監督により撮影されております。スミスさんは、数多くのミュージシャンのMV監督を務めており、フジファブリック、氣志團、NMB48などとも縁が深いです。

 『名悪役』はアップテンポのバンドナンバーです(フレデリック史上最高のBPMらしいです)。花形のギターのみならず、ベースなども非常に心地よいです。同曲は、頭サビで歌メロが始まり、AメロBメロサビへと展開していきます。演奏時間も3分台であり、全体としてコンパクトです。作詞作曲は、ベース担当の三原康司さん、編曲はフレデリックがセルフプロデュースで行っております。

 この楽曲は、転調が特徴的であり、頭サビ【思い出にされるくらいなら 二度とあなたに歌わないよ】は通常のサビよりも1つ低いキーで歌われております(♭1)。また、ラストのサビ終了後は、通常のようにキーが元に戻らず、1つ上がったキーのままアウトロに向かいます(よって、「頭サビ後の間奏」と「ラストサビ後の間奏」はキーが半音違います)。
 実際に歌唱する際は、そこまで考える必要はないですが、「何故かうまく音程が取れない」といったことが起こる場合は、その辺りも考えてみてください。Bメロ⇒サビでも転調しております。

 『名悪役』の歌詞についてですが、好きな人のために悪役を演じ、別れを選ぶ姿が描かれております。元々は「思い出にされるくらいなら 二度とあなたに歌わないよ」というフレーズが浮かび、そこから物語を広げていったそうです。恋人との別れが歌われており切ない作品です。

 『名悪役』の音域的な特徴についてです。同曲は、AメロBメロは比較的低めのレンジで歌われ、サビで中高音域が頻出するようになります。hiCを無理に地声で歌う必要はないと思いますが、一般的な男性よりも高めですので、キーを下げた方が歌いやすいです。音域やリズム、転調などを考えると歌い慣れた人向けの楽曲だと私は分析しました。


 最後に『名悪役』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1DはAメロBメロで登場します。この楽曲はAメロBメロについてはmid2Eまでで歌われており、ある程度歌い慣れた人であれば問題は少ないと思います。ただ、歌い慣れてない人の場合は一部難しいと感じる部分もあるかもしれません。

 一方、地声最高音hiCはサビで登場します。曲全体で2回程度です。ボーカルの三原健司さんの声質もあり、hiCを裏声気味に歌っても原曲に近い表現が出来るのではないかと私は推測しております。器用に裏声が出せる方は試してみてください。ただ、一般的には高めのレンジが続きますので、キーを下げた方が歌いやすいです。目安として、サビの頭のフレーズで登場するhiA#を基準に、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。

 『名悪役』は低音部分に若干の余裕があり、キー調整は可能です。歌い慣れた人であれば、自分の歌いやすいキーに合わせることができるのではないかと思います。一方、歌い慣れていない人の場合は少し歌いにくい部分が出てくるかもしれません。キー調整まで考量すると、当ブログで以前取り上げた『オドループ』(過去記事)の方が練習曲として使いやすいですので、そちらの方も練習曲として検討してみてください。

 『名悪役』を原曲キーで歌唱する場合、目安としてhiA#位までを地声で歌いこなせると形になりやすいのではないかと思います。この楽曲はAメロBメロなどはそこまで高い音は多くないですので、持久力が強く求められるという楽曲ではありません。その点では、ある程度高音が得意な人ならばアプローチしやすいです。

 『名悪役』はアップテンポで、バンドの演奏なども非常に映える作品です。カラオケなどにも向きやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする