カテゴリー

『燃えよ』(藤井風)の音域

 こんにちは。今回は藤井風さんの『燃えよ』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『燃えよ』は現在、アーティストの公式チャンネルなどでMVが公開されておりません。シングル曲ゆえに、いずれMVが制作される可能性がありますので、その際は記事に添付いたします。


『燃えよ』(藤井風)、Moeyo(Kaze Fujii)
『燃えよ』(藤井風)の音域






【地声最低音】mid1D#(D#3) 

★しょげた顔をひっさげm1F[て]m1D#[ぇ]【Aメロ】
☆石ころを蹴っm1F[飛]m1D#[ば]して

※☆のところは表記が複雑になるため、若干簡略化してます。


【地声最高音】hiB(B4)  ※曲全体で1回

hiB[は]hiA[じ]m2F#[か]いてもm2G[ええ]F#[よ]【ラストサビ転調[+2]】


【補足】mid2FhiAを含むフレーズ一覧

m2E[確か][も]のには E[Keep], hold m2F[on]【Cメロ】
★なら明日m2E[の]ことなど No, no baby

★燃m2E[え]よ あm2F[の]E[そ]らに燃えよ【ラストサビ転調[+2]】
m2E[あ]m2G[し]m2F[た][な]んか来[る]
hiA[お]m2G[も]m2E[わ]ずに燃えよ

☆クhiA[ー]m2G[ル]m2F#[な]フリ もうF#[ええ]【ラストサビ後半】
m2E[つ]m2G[よ]m2F#[が][り]も もう[ええ]
m2F#[あ]hiA[せ]m2G[か][い]てもF#[え]えよ 
hiA[あ]m2G[の]m2F#[ら]に燃F#[え]よ (燃えよ 燃えよ)

hiAについては通常のサビで1回ずつ、ラストのサビで5回の計7回


 まず、『燃えよ』(もえよ、Mo-Eh-Yo)についてです。この楽曲は、2021年に男性シンガーソングライターの藤井風さんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルであり、2021年9月現在、アルバムには収録されておりません。
 『燃えよ』は、先日行われたフリーライブ『Fujii Kaze “Free” Live 2021 at NISSAN stadium』で初披露され、その後ストリーミングなどでもリリースされました。同ライブは、同時視聴者が17万人を超えるなど、大きな反響を呼びました。

 『燃えよ』はアップテンポのR&Bナンバーです。歌メロはAメロサビCメロで作られており、構成自体は比較的シンプルです。大まかなメロディー自体は何度か聴いていると口ずさめるようになるのではないかと思います。一方で、同曲は要所要所で転調が行われております。藤井風さんの作品は転調が用いられやすいですが、『燃えよ』はそうした特徴が顕著な楽曲と言えるかもしれません。
 歌唱する上で特に目に付きやすい転調は、「サビでの転調」です。同曲はサビに関して、2つの転調が行われております。1つはサビの中での転調です。サビを前半と後半に分けると、後半は前半と比べて、キーが2つ上がります(#2)。具体的には【燃えよあの空に燃えよ】と【クールなふりもうええよ】の場面でキーが2つ違います。
 2つ目の転調は、ラストのサビでの転調です。ここは常のサビと比較すると、キーが2つ上がっております。具体的には、通常サビ【m1G[燃]m2D[え]よ あの空に燃えよ】と、ラストサビ【m2A[燃]m2E[え]よ あの空に燃えよ】となります。歌唱する際はその辺りも意識するとよいと思います。
 『燃えよ』の歌詞については、全体として非常に良いのですが、サビのことば遊びの部分が私は非常に印象に残りました。【燃えよ⇒もうええよ⇒〇〇もええよ】の部分です。シンプルながら、よく練られていると思います。

 『燃えよ』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性としては高めのレンジで歌メロが作られております。私のイメージでは、藤井風んさんは高音域は裏声などを多用する印象でしたが、この『燃えよ』は藤井さんのシングル曲としてはかなり高音寄りです。一般的には少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。
 同曲は先にも述べたように、転調が非常に多いです。そのため、慣れていない人などは音程が取り辛く感じられるかもしれません。その辺りも踏まえて、聴き込んでおきたいところです。


 最後に『燃えよ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてはAメロで登場します。私としてはしっかり調査しましたが、新曲ゆえに、もしかしたら見落としがあるかもしれません。

 一方、地声最高音hiBについては、ラストサビで登場します。回数としては1回だけです。ただ、同曲は曲全体を通してhiAが7回程度、またmid2G辺りも登場回数が多いです。主にサビやCメロを中心に中高音域が多いです。そのため、一般的な男性は、場合によってはキーを少し下げた方が歌唱しやすいと思います。目安としては、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。

 『燃えよ』は低音に若干の余裕があり、キー調整は可能です。歌い慣れた人であれば、合いやすいキーに調整することができるのではないかと思います。一方で、ビギナーの場合は、歌いにくい部分も出てくると思います。藤井風さんの作品の多くに言えますが、歌唱がテクニカルであり、歌い慣れた人向けのものが多いです。この『燃えよ』については、テクニック的な面だけでなく、音域的な面においても、歌い慣れた人向けといえます。

 『燃えよ』を原曲キーで歌唱する場合、通常サビではmid2D#~mid2G(hiA)、ラストのサビではmid2F~hiA(hiB)辺りが高音部分のポイントとなります。その辺りを踏まえて、練習に励んでください。この辺りがしっかり歌えると、J-POPではかなり選曲の幅が広がります。

 『燃えよ』は藤井風さんの作品としては、かなり直球の泥臭いナンバーでもあります。転調なども多く大変ですが、カラオケなどでも歌いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする