カテゴリー

『GONG』(WANIMA)の音域 / 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』主題歌

こんにちは。今回はWANIMAの『GONG』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。WANIMAは久々の登場です。


『GONG』(WANIMA)
『GONG』(WANIMA)










【地声最低音】mid1G#(G#3) ※サビで登場

★それぞれの夢が一つに[つ]ながる(サビ)
★強くなって守りたい仲間[が]hiA#[る]mid2G#[か]


【地声最高音】hiC#(C#5)    ※Bメロサビ等で登場

★嵐の夜にmid2G#[よ][さ][知]hiC#[れば][~]hiA#(Bメロ)
★狙いhiA#[さ]mid2G#[め] ため[らう]hiC#[と][く](サビ)
★ためmid2G#[らうこ]hiC#[と][な]hiA#[く~~] hiB[う][う][う](ラストサビ)


【補足】mid2G#hiBの箇所

★ひhiB[ろ]hiA#[い]mid2G#[う][を](Aメロ)
★近道なんてもったいhiB[な]hiA#[い]
hiB[これか]hiA#[ら]mid2G#[も][う]けんは]
★続hiA#{く]hiB[の][で]mid2G#[しょう]

★なみhiA#[だ]hiB[ひ][と][つ見][せ]m2G#[ない](Bメロ)
hiA#{真っ]mid2G#[赤][ほ]のお

★生mid2G#[き抜]hiA#[いたさ][き]に 見[つ]け(サビ)
★手に入れhjiB[たい]hiA#[も]
★旅はまだ途mid2G#[中]hiA#[だ][ろ]
hiA#[つ]mid2G#[のる][お][もい]

mid2G#[見]hiA#[に行]こう(Hey!!)ま[だ][ら][町]へ(ラスト)


今回の音域の記載についてですが、mid2G#とhiA#の箇所について全てを記載していません。基本的には、当ブログではmid2F,midi2G辺りの音階から上のキーはなるべく記載するようにしています(男性ボーカルの場合)。
 しかし、今回は全て記載すると、膨大な量になり却って混乱する可能性があると感じました。故に、mid2G#とhiA#の箇所について一部省略しています。他の高音域のミュージシャンでもこのような対応を取ることがあります。


 まず、『GONG』についてです。この楽曲は3人組ロックバンドWANIMAが2019年にリリースしたシングル『Summer Trap!!』に収録されている楽曲です。
 この楽曲は、劇場アニメ『ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)』のために書き下ろされた作品です。ちなみに、STANPEDEとは「(動物や群衆などの)大脱走」、「殺到」などの意味があるようです。
 『GONG』はWANIMAのYouTube公式チャンネルでMVや音源が公開されており、合計200万回以上もの再生回数を記録しています。非常に注目度の高い楽曲です。

 『GONG』のサウンドについてです。WANIMAらしい疾走感のあるギターロックです。WANIMAの楽曲は、歌メロディーが異常なほどのテンションの高い点も特徴的です。J-POP一般ではAメロBメロが助走でサビが全力疾走といった楽曲が多く見られます。しかし、WANIMAの作品はAメロの時点で全力に近いような高音域が登場してきます。また、今回の『GONG』はそうではないですが、冒頭からサビが登場する作品も多く見られます。
 今回の『GONG』についてはAメロが楽曲全体で一度しか登場しないのですが、サビのようなテンションです。そして、キーも高いです。冒頭の高いテンションのまま、最後まで突っ走っていきます。カラオケなどで歌唱する場合、キーの高さもさることながら、休憩箇所がほとんど無い歌メロディーも難所の一つだと思います。
 



 さて、『GONG』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、『GONG』の音域の特徴についてです。上述しているように、mid2G#,hiA#といった音階が楽曲全体を通してマシンガンのように登場します。mid2G#,hiA#は一般的な男性ボーカル曲の地声最高音に設定されることも多い高い音階です。
 地声最高音hiC#に注目が集まりがちですが、歌メロディーが切れ目なく続き、休憩箇所がほとんど無い中で、こうしたmid2G#などの音階が楽曲全体で登場するという点で難易度が高いです。よって、キーの高さも去ることながら、スタミナも求められます。一般的な音域の男性が『GONG』を原曲キーで歌う場合、非常に困難が伴うという点を留意しておいてください。

 ちなみに、高音域が続く楽曲は「裏声で対応する」という方策を、私はしばしば提案することがありますが、今回はその作戦は使えません。楽曲全体が高いテンションですので、その中で裏声を駆使するのが難しいですし、使えたとしてもニュアンスが崩れるのではないかと思います。

 これらを踏まえた上で、一般的な男性がこの楽曲を歌う場合は、やはりキーを下げるということだと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから5~6程度下げると歌いやすくなると思います。この場合、地声の最高音がmid2G#(mid2G)に設定されます。楽曲のテンションを考えると、もう少し高めのキーに設定しても良いかもしれません(hiA~hiA#あたり)。
 ただ、普段歌い慣れていない男性の場合、このキー(mid2G)でも少し高いと思います。とはいえ、一般的な男性の場合、mid2G辺りまでならば練習を重ねることで地声で歌いこなせるようになる可能性が高いです。そうした点を踏まえて、練習に取り組んでください。
 
 ちなみに、『GONG』は音域的には女性の方が合いやすいキーだと思います。楽曲のニュアンスとしては男性の声質の方が合いやすいと思いますが、興味のある方は試してみても良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする