J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『生きていたんだよな』(あいみょん)の音域と感想

 こんにちは。今回は、あいみょんさんメジャー1枚目のシングル『生きていたんだよな』(2016)を取り上げます。よろしくお願いします。

 あいみょんさんの音域について、当ブログでは、これまでに
『マリーゴールド』『今夜このまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『夢追いベンガル』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


『生きていたんだよな』(あいみょん) Ikiteitandayona(Aimyon)

2016/11/30発売


【地声最低音】mid1G#(G#3) ※サビ部分、Cメロ、曲の最後 

★最後のサヨナラは他の誰でもなく分に叫んだんだろう
★鳥になって 雲(くも)をつかんで
ヨナラ ヨナラ



【地声最高音】
hiC#(C#5)  

★生きて生きて生きてい
たんだよな



生きていたんだよな(あいみょん)











 あいみょんさんメジャー1枚目のシングル『生きていたんだよな』(2016)




 さて、今回の『生きていたんだよな』ですが、
女子学生の飛び降り自殺をテーマにした楽曲になります。曲の構成として特徴的な点は、Aメロが語りである点だと思います。その語りの部分では飛び降り自殺とその現場の状況、ネットでのやり取りなどが描かれ、臨場感を高めています。
 あいみょんさんと言えば、インパクトの強い過激な歌詞が一つの特徴です。そうした傾向はインディーズ時代に強く表れていたと認識してるのですが、メジャー一枚目のシングルの『生きていたんだよな』ではインディーズ時代の特徴を踏襲していると言えるでしょう。
 

 個人的に気になった歌詞の部分は2つあります。一つは
「ブラウン管の外側」というフレーズです。「歌詞の中で登場するアイテムや登場人物の言動」には、その時代や場所を反映したり、象徴するものが描かれることがあります。また、そうした登場するアイテムで時代背景や描かれている風景が何となく推測出来たりするのです。
 例えば、尾崎豊さんの『15の夜
』では「盗んだバイクで走り出す」というフレーズがあります。それは当然犯罪なのですが、当時の若者の心をつかみました(当時から共感できなかった人もいると思います)。
 また、宇多田ヒカルさんの『Automatic』では「
七回目のベルで受話器を取った君」というフレーズが登場します。これは『固定電話でのやり取り』なのですが、若い世代では分からないという人も多いと思います。


 

 『ブラウン管』というのはテレビモニターなどに使われていた装置ですが、今はほとんど
液晶テレビなどに置き換わり、ブラウン管テレビを目にすることはほとんど無くなりました。もしかしたら、この楽曲のモデルとなった出来事は、現在23歳のあいみょんさんが10代半ばの頃に起こった事件なのかもしれません。
 
 もう一つ気になった歌詞は「新しい何かが始まる時 消えたくなっちゃうのかな」という点です。例えば、「小学校から中学校に、中学校から高校に、学生から社会人に、独身から既婚にといった節目の場面」を思い起こさせます。こうしたことは人生においてよくあることであり、非常に苦しい思いをされた人もいると思います。そうした点をあいみょんさんは上手く切り取っていると思いました。



 さて、『生きていたんだよな』の音域についてですが、Aメロ語りの部分と地声最低音   mid1G#(G#3)~地声最高音 hiC#(C#5)でメロディーが作られています。地声最高音はhiC#であるものの、あいみょんさんの有名曲と比較すると、かなり歌いやすい部類に入ると思います。
 ただ楽曲自体がかなりシリアスであるため、仲間とのカラオケなど「盛り上がる場面」で歌うのは少し躊躇してしまうかもしれません。お祝いの場面などでは間違いなく歌えないと思います。同じ過激な歌詞でも辺りだとネタにもしやすいのですが…。

 注意点としては、セリフの場面とCメロに速い節回しがありますので、しっかり歌詞を覚えておくことだと思います。
  また、この楽曲はキーの非常に高い男性ならば原曲キーでチャレンジしてもと思います。ただ、やはりTPOを考えると、『マリーゴールド』の方が汎用性が高いと思います。


『16』(andymori)の音域と感想

『16』andymori 16(andymori)


【地声最低音】 mid1E(E3) 

★16のリズムで空を行 可愛くなれない性格で



【地声最高音】 hiA(A4) Aメロの中で、計3か所登場します。

★何でもない日をf繰り返し 歌い続けから 幾年が過ぎ



『16』andymori










 こんにちは。今回はandymori(アンディ モリ)の楽曲『16』(2010)を取り上げます。よろしくお願いします。これまでブログで取り上げてきた楽曲の中では最も古い作品になると思います(カバー曲を除く)。

 まず、andymoriとは2007~2014年まで活動していた3人組の日本のインディー・ロックバンドです。現在、メンバー3人はAL(アル)というバンドで活動しています。
 andymoriは一般的に知名度の高いバンドではありませんが、2000年代末から2010年代前半において、非常に大きな影響を与えたバンドの一つと言えると思います。著名なファンとしてはあいみょんさんや菅田将暉さんなどが挙げられます。

 音楽的な特徴は様々あると思いますが、個人的には、ボーカルの早口な言い回し、荒々しいドラムとベースが印象的でした。また、ボーカルで作詞作曲を行う小山田壮平さんの独特な歌詞も魅力的です。一方で、楽曲全体の構成は非常にシンプルであり、尺の短い楽曲が多いように感じます。

 ここでは2009年のファーストアルバム『andymori』に収録されている『FOLLOW ME』という楽曲を紹介しておきます。




 さて、今回紹介する『16』はアルバムに収録された楽曲でありますが、非常に人気の高い作品です。MVは無く、youtubeの公式サイトではライブでの演奏のみが配信されています。楽曲的な特徴としてはボーカルの奏でるアコースティックギターを中心とした郷愁溢れるフォークなサウンドになっています。楽曲もAメロとBメロのみという非常にシンプルな構成で、尺の短い曲です。


 


 シンプルなアレンジであるが故に、この楽曲の大きな特徴はメロディーや歌詞に集約されると思います。歌詞の内容は「空虚な思春期(16歳)」といった感じでしょう。美しいとされる思春期ですが、誰しもキラキラに輝く10代を送れるわけではありません。夢も見つけられず(あるいは失ってしまい)、「どこにも行けない」虚ろな日々を過ごしている若者の姿が描写されます。

 『16』の歌詞の好きなところは多いのです。一部のフレーズだけを取り出すならば

★約束ばかりが増えていく 空っぽの空の向こうに
★変われない明日を許しながら なんとなく嘘をつくのさ
★昔の誰かに電話して 貰った花をまた枯らしながら

といった箇所が非常に頷(うなず)かされます。
 「美しくなれない若人の姿」をボーカルの小山田さんは優しく包み込んでくれています。そうした点が今でも多くの共感を呼ぶのではないでしょうか。
 ちなみに、「どこにも行けない」というフレーズを聞くと米津玄師さんが有名ですが、このandymoriも「どこにも行けない」というフレーズがたびたび出てきます。米津さんとandymoriに共通する、そうした若者の切り取り方は非常に面白いと思います。



 さて、『16』の音域ですが、地声最低音 mid1E(E3) ~地声最高音hiA(A4)で、比較的狭い音域であります。しかし、最高音hiAはAメロの序盤でいきなり登場しますので、そこは丁寧にこなす必要があると思います。

 カラオケなどで歌う際、キーが低くて歌い慣れていない男性の場合、1つか2つ音を下げる(♭1~♭2)とよいでしょう。楽曲がアコースティックギター中心のアレンジで、メロディーも落ち着いていますので、キーを下げてもカッコよく歌えると思います。

 ちなみに女性のあいみょんさんはインスタライブで、この『16』を♭2で弾き語りをしています。あいみょんさんらしくかなり渋いアレンジになっています。
 『16』のキーを2つ下げて(♭2)で弾き語ることの利点は、実は他にもあります。それはコード進行がかなりシンプルになるということです。初心者が弾き語りの練習をするのに、キーを2つ下げた『16』(-2)はもってこいだと思います。

 ちなみにカラオケで女性が歌う場合は原キーか、一つキーを上げる(#1)と良いと思います。








『Lemon』(米津玄師)の音域と所感

(2019/02/21に記事の追記)※1)
(2019/02/23に記事の追記)※2)
(2019/03/23に記事の追記)最高音最低音以外の音階について(補足①)(補足②)で追記しました。解説記事でもその点について少し言及しております。



『Lemon』(米津玄師)、Lemon(Kenshi Yonezu)

2018年3月14日(配信は2月12日)リリース


 ※2)
米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『海の幽霊』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


【地声最低音】   mid1B(B2)


★夢ならばどれほどよかった[で]しょう 未だにあなたのことを夢にみる


【地声最高音】
hiB(B4)  ラストのサビ部分

★そのすべてを愛してた あとともに (緑字の部分はhiA#)




【裏声最高音】
hiB(B4) ※1番と2番のサビ部分

★そのすべてを愛してた あ
とともに (緑字の部分はhiA#)


(補足①)最高音以外のサビ部分について


あの日の悲し[]mid2F#さえ あの日の苦し[]さえ 
★そのすべてをあ[いし]]]mid2G#[]


(補足②)つまずきやすいmid2G#(G#4)箇所

とても忘れらmid2G[れな][ーい]mid2G# [そー]れだけが確か(Cメロ)
★胸に残り離れない 苦い[]モンの匂い(最後のサビ)


『Lemon』(米津玄師)








 こんにちは。今回は米津玄師さんのメジャー8枚目のシングル『Lemon』(2018)を取り上げます。よろしくお願いします。米津玄師さんはに続き、4度目の登場になります。
    『Lemon』は2018年を代表する非常に有名な楽曲です。この楽曲は
TBSテレビドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされました。

 まず、『Lemon』のサウンドについて述べます。コード進行などもそうですが、色で例えるなら黒っぽい曲だと思います。Aメロでは歌とピアノから始まり、ギターのアルペジオが加わり、ストリングが加わっていきます。
 Aメロの途中で発せられる
「クエッ」という音は、洋楽のヒップホップどでよく使われる手法であります。このAメロだけでもこれだけ大きな変化があります。
 また、メロディー全体は日本の歌謡曲を意識したようです。個人的には松任谷由実さんなどが想起されました。

 さて、歌詞についてですが、個人的に一番好きだと思ったフレーズは「切り分けた果実の片方の様に(今でもあなたはわたしの光)」の部分です。以前、取り上げた
『Flowerwall』で、私は歌詞の世界観が好きだと言いました。その中で印象的なフレーズに「僕の欠けたところと 君の欠けたところを 何故かお互いに持っていた」というものがあります。【二人居ることでバランスが取れる、お互いに補い合っている】という点が、私は非常に好きなのです。
 『Lemon』においては、あなたを「切り分けた果実の片方」だと比喩しています。このフレーズを見た時に先ほど取り上げた『Flowerwall』のフレーズが思い出されました。「自分と相手をそれぞれ一つでは完全に成り立たない」という、ただの恋人ではない強い相棒感のようなものを感じます。そうした点が、非常に自分の好みです。


 
 最後に、『Lemon』の音域について述べます。この楽曲の音域は
地声最低音mid1B(B2)~地声最高音 hiB(B4)裏声最高音hiB(B4) で構成されています。実はこの音域、以前取り上げた『TEENAGE RIOT』と同じなのです(ただ、その点については今回はこれ以上話すことはありません)。

 この『Lemon』の音域、高音部分がhiB(B4)一般的な男性よりも高いため、そこがネックになってカラオケなどで上手く行かないという方もいらっしゃるかもしれません。ただ高音域になるのは、サビの「あとともに」の部分で、曲全体で3か所のみ2か所は裏声です。「あとともに」の部分は裏声か、もしくはかすれ声で逃げてもある程度格好がつくのではないかと考えます。

 重要な点は、高音部分以外だと思います。他の部分の音が上手く取れていれば、全体としてまとまる楽曲になっています。サビの部分で余裕が無いという人は、『スタッカート』【staccato】を意識すると良いと思います。『スタッカート』とは「一音一音を切り離して短く演奏する(歌う)こと」です。

 具体的にはサビの前半の

「あの日の悲ーしみーさえ あの日の苦ーしみーさえ そのすべてを愛ーしてた あなーたとーともに」の部分を

「あの日の悲 しみ さえ あの日の苦 しみ さえ そのすべてを愛 してた あな たと ともに」

短く区切ることを意識して歌うのです。「あな」の部分は、音が取れていればかすれ声でもいいと思います。当然ですが、他の部分は普通に歌ってください。これは原曲に必ずしも忠実な歌い方ではないですが、上手く行けばある程度格好がつくと思います。良ければ試してみてください。
※1)慣れてくれば、短く区切る部分を減らしても良いと思います。


03/23追記部分)
 歌い慣れていない方や、声の低い方はmid2F,mid2Gといったキーで苦戦されている可能性があります。最高音域を歌いこなすよりも、
mid2F,mid2Gのキーを滑らかに歌えることの方がずっと重要です。「あとともに」の部分は裏声でも良いです。

 mid2Fmid2Gは努力をすれば、達成しうる音階だと思います。米津さんの作品でもこの辺りを最高音に定めている曲は多いです。少しずつ練習してください。最初のうちはキーを下げても大丈夫です。
 

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索