カテゴリー

『飛行機』(aiko)の音域と感想

 こんにちは。今回はaikoさんの『飛行機』(2001)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『飛行機』(aiko)、Hikouki


【地声最低音】mid1G(G3) 

[あ]なたもあたしも少しずつ大人になって


【地声最高音】hiD(D5)  

★あなたにあったhiA[の]hiD[に]hiB[ー][ー] 行かないで(ラストサビ)




【補足】hiAhiBの注意箇所

★同じ道hiA[を]辿っていhiB[ると]一人お[も]い込ん[でた](Bメロ)
★青いそ[ら]真っ[し]ろな鶴[が]舞う (サビ)
★それはた[だ]眩し[く]て心[を][刺す]
★あたし[が]ここにいるあ[か]しは
★あなたにあった[の][に][ー] 行かないで(通常サビ)


『飛行機』(aiko)










 まず、『飛行機』についてです。この楽曲は2001年に、シンガーソングライターのaikoさんによってリリースされたアルバム『夏服』に収録された楽曲です。このアルバムには『ボーイフレンド』、『初恋』などのシングル曲も収録されています。『飛行機』はアルバムのリード曲になっていおり、MVも制作されております。また、aikoさんのYouTube公式チャンネルでもMVもフル公開されております。

 『飛行機』の作詞作曲はaikoさんが行い、編曲は島田昌典さんにより行われました。島田昌典さんはaikoさんとは関わりの深いプロデューサーです。当ブログで取り上げたback numberの編曲なども手掛けています。
 『飛行機』はストリングとバンドサウンドによるアレンジがなされたポップなナンバーです。aikoさんらしい楽曲なのではないかと思います。メロディーについては【AメロBメロサビ】から成るJ-POPらしい構成になっており、非常に聴きやすい作品です。シングル作品であってもおかしくないような楽曲ではないでしょうか。

 歌詞については、異性との別れが歌われています。『飛行機』というのタイトルは歌詞の中には出てきませんが、サビで「青い空真っ白な鶴が舞う」とあります。恐らく「鶴=飛行機」という暗喩なのかもしれません。歌詞全体として、優しく包容力のあった「あなた」に対して、甘えていた「わたし」という構図が見えます。遠くに離れていく「あなた」を「鶴=飛行機」と喩えております。空を飛ぶものに対して、「手に届かなくなったもの」というニュアンスもあるかもしれません。
 全体として、分かりやすい比喩や言葉が用いられており、非常に共感を呼びやすい楽曲なのではないかと思います。私自身が初めて手に取ったaikoさんのオリジナルアルバムなのですが、リード曲の子の作品も非常に耳に残っております。




 

 さて、『飛行機』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiD(D5) でメロディーが構成されております。

 最高音がhiDであるため、一般的な女性の音域よりは少し高いかもしれません。ただhiDについては最後のサビの1箇所で、それ以外での最高音はhiBです。一般的な女性の音域であるhiBやhiCといった音域が器用に歌いこなせると選択肢に入ってくると思います。
 Bメロの中でhiBのロングトーンが入ります。この音階がギリギリという方はキーを下げるか、アレンジしてロングトーンを避けるという方法を取った方が良いかもしれません。

 普段カラオケなどで歌い慣れていない女性はhiBを上手く使いこなせるように意識して練習してみてください。歌い慣れない人はキーを1~2つ下げて(♭1~♭2)チャレンジしてみても良いと思います。別れが歌われた曲ですが、決して暗い曲ではなく、どちらかといえば切ない曲です。盛り上がる楽曲ではないですが、カラオケなどで歌っても合うのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする