こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENの『黄昏インザスパイ』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。

 なお、今回の楽曲はアーティストおよびレコード会社の公式チャンネル等で音源やMVが公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『黄昏インザスパイ』(UNISON SQUARE GARDEN)、Tasogare in the spy



【地声最低音】midC(C3)  ※楽曲全体で1回(詳細は後述します)

m1C[い]hiA[き]hiA[吸って]


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビ、Cメロ

★三択でも答えらhiC地[れ]hiA[な]
hiA[の]hiB[がせるわけ]A[がな]hiB[いんだ]hiC[よっ]B[て]
hiB[照]hiC[ら]すだhiC[ろう] だかhiC[ら]


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビ

hiC地[あ]hiB[せっ]hiA[て]る君に歌hiD裏[う]hiC[よ]




【補足】hiAhiBの注意箇所

★明日hiA[も辛いま]hiB[ま]だなんて思うな
★たそがhiA[れ健忘症 置き]hiB[忘]れた 
★速すぎるきせhiA#[つ]hiA[の]中心で

★ここでhiA[もう終わ]るのか
★僕も知らないから 君が決めなhiA[よ]
★これはhiA[絶好の]A[間で]hiB{あっ]A[て]
hiB[君]hiA[の]B[こ]A[え]B[が]A[く]hiB[らいはずのこの世界](☆)

☆このフレーズはテンポが速く自信が無いので、参考程度にしてください
※mid2G辺りは記載すると膨大になるので省略。
『黄昏インザスパイ』(UNISON SQUARE GARDEN)









 まず、『黄昏インザスパイ』についてです。この楽曲は、2014年に3人組バンドUNISON SQUARE GARDENによりリリースされたアルバム『Catcher In The Spy』に収録されているナンバーです。アルバムの最後の曲であり、終盤を彩ります。
 『黄昏インザスパイ』は1番ではアコギのストロークが中心であり、2番以降はエレキギターを中心としたバンドサウンドに移行します。ユニゾンらしい速いメロディーの節回しの場面あるのですが、全体として非常にメロディアスです。多くの人に届きうるような普遍性のある作品であり、カラオケなどでも歌いやすい楽曲だと思います。ただ、歌唱難易度が低いという意味ではありません。その辺りも後述していきます。



 さて、『黄昏インザスパイ』の音域についてですが、【地声最低音】midC(C3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、低音部分についてです。最低音はラストサビ直前のCメロでmid1Cという音階が登場します。ただ、ここはカラオケなどでミスをしたくない等の特別な目的が無い場合、mid2Cなど別の音を当てても違和感はないと思います。
 ちなみに、私の記憶が間違っていなければ、mid1C1とmid2Cのようにオクターブ違う音を歌唱しても減点にはならないような気がしております。

 地声最高音についてですが、hiCという音階がサビやCメロで登場します。ただ、それ以上に、上の記述にあるように、hiBやhiAの音が連続で登場する場面の方が個人的には大変なのではないかと思います。Cメロなどはメロディーのテンポも速く、全体として非常に難易度が高いです。
 一般的な男性の場合は、キーを下げた方が間違いなく歌いやすいと思います。原曲キーから4~5程度下げるのを一つの目安にしてみてください。hiB辺りがmid2G,mid2F#辺りに設定されます。

 ちなみに、この『黄昏インザスパイ』は女性の方が歌いやすいのではないないかと私は考えております。『黄昏インザスパイ』はmid1C等の低音が登場しますが、全体的に女性の音域の範囲内でメロディーが展開されます。また、女性の音域の範囲外にあるような音についても別の音で置き換えたり、あるいは少し声が擦れたりしても楽曲全体にあまり違和感はありません。YouTubeなどの動画を確認してみましたが、やはり女性が歌唱されている動画ばかりでした。

 また、男性でも女性でも注意すべき点は、歌詞やメロディーをしっかり覚えておくことだと思います。『黄昏インザスパイ』は全体としてメロディアスなのですが、独特のリズム感であったり、早回しのメロディーであったり、初見では歌いづらいメロディーラインやテンポも多く見られます。歌詞やメロディーをしっかり覚えた上で、実際に歌唱する際は、音程を取ったり、上手く抑揚を付ける方に注意を向けていきたいです。