こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENの『Phantom Joke』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『Phantom Joke』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、はショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『Phantom Joke』(UNISON SQUARE GARDEN)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★ずれるピントに迷った 合わせる辻褄をm2A[さ]がせ(Aメロ)
★退屈の理由m2G[は] 思考m2A[て]いしの evidence(Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビ中心に頻出

★善々hiA#[悪]hiA[々]m2G[も][審]A#[議不]hiC[能]]に]hiA[な]A#[る](サビ)
hiA#[言]hiA[え]そうA[で良]A#[かっ]hiC[た]
m2G[ものが]たりがゴミhiC[に]hiA#[な]hiA[る](2番Bメロ)
★「hiA#[ま]hiC[だ][ずっ]hiA[と]愛しA[てい]A#[たい」](2番サビ)
hiA#[I'll] hiA[ne-]-ver hiA#[catch] hiC[bad] fake(ラスト)


【裏声最高音】hiD(D5) ※各サビで1回

★だからこのhiA#[そ]hiC地[ら][の]C裏[先]A#[を見]hiD裏[たい]




【補足】mid2G(一部のみ)hiA#の注意箇所

★そしてチューニングm2G[合]って hiA[あ]とはなんm2G[だっ] け(Aメロ)
★秒速で不条理がhiA#[は]hiA[じ]m2G[ま]A[る]
★とりm2G[あえず]hiA#[え]hiA[らん]G[だせい]だから 
★方をつけhiA[な]m2G[きゃ]いけないな

★守るものも守れないならでしゃばるm2G[な]hiA[よ](Bメロ)
m2G[きょ]hiA[う]hiA#[かんもえい]A[こ]G[う]A[も]
hiA#[賞]hiA[さ]m2G[んも]hiA[欲]しがるのは野m2G#[暮っ]G[て]G[と]
★引き金を引m2G[い]hiA[てしまう]G[から]

hiA#[冗]hiA[だ]んじゃm2G[ねえよ Phanto-]-m’s be-[-gun!]G(サビ)
m2G[嘘にまみ]hiA[れ]hiA#[きっ]A[て蜃]G[気]
m2G[全部嫌になっ]た G[それ]hiA[さえ]hiA#[も] 
hiA#[しあ]hiA[わ]A[な]A[つ]A#[まつ]A[だ]
★邪魔すぎるhiA#[運]hiA[命]のターゲッhiA[ト睨みな]A#[ら]
★「hiA#[ま]hiA[だ]愛A[てい]A#[たい」]

★おい誰だ 無下に弄ぶhiA[な](2番)
★うらはhiA#[ら]hiA[は]暴かなきゃ結末のhiA[理]路は不整前

hiA#[悲し]hiA[く]A#[ちゃ]hiA#[終わ]A[れ]ない 覚悟の幕が上A[が]A#[る](2番サビ)
★じょうしhiA[き][か][み]だ[し]て[も][ら][う][をや]hiA#[めない]

『Phantom Joke』(UNISON SQUARE GARDEN)









 まず、『Phantom Joke』についてです。この楽曲は、2019年に3人組バンドUNISON SQUARE GARDENによりリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』オープニングテーマ曲として書き下ろされました

 『Phantom Joke』はアニメの主題歌ということもあり、疾走感のあるバンドサウンドです。カラオケなどで歌唱すると盛り上がる楽曲だと思います(ただ後述しますが、難易度は非常に高いです)。

 同曲の音域的な特徴ですが、上述するように、hiA以上だけでも楽曲全体に渡ります。テンポが速いので、見た目以上に音域の高さは感じませんが、それでも高音域を安定的に使いこなす持続力が求められます。ちなみに私事ですが、『Phantom Joke』の音域調査は記述することが多く、非常にしんどかったです(ユニゾンは記述が膨大になりやすいです)。音域とは少し逸れますが、歌唱する際は歌詞をしっかり覚えておくことも、この楽曲には求められます。
 



さて、『Phantom Joke』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについては、サビに登場します。そのほかにも2番Bメロなど要所要所に登場します。また、hiA#などについては上述のように楽曲全体を通してマシンガンのように頻出します。『Phantom Joke』をそこそこ形にするためにはhiCも重要ですが、とりわけhiA#を1曲通して安定的に歌唱できる持続力が必要になります。その点でかなり難易度が高いといえます。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのがもっとも堅実な選択肢なのではないかと思います。たとえば、原曲キーから3つ程度下げて、hiC部分をhiAに、hiA#部分をmid2Gあたりにしてもよいと思います。ただ『Phantom Joke』は楽曲全体を通して、高音域が頻出しますので、場合によってはもっとキーを下げてもよいかもしれません。

 『Phantom Joke』は音域に関していえば決して広いわけではありません。よって、キーの調整はしやすい楽曲といえます。原曲キーから5つ下げて、mid1E~mid2G,裏声hiAあたりにしてもよいと思います。

 先にも述べましたが、『Phantom Joke』は歌メロのテンポが非常に速いです。よって、歌詞をしっかり覚えた上で、歌唱しましょう。歌詞がおぼろげなままでいると、歌う方に集中が向かいづらいです。歌詞をしっかり覚えた上で取り組みたいです。

 ちなみに、『Phantom Joke』は女性が歌唱してもよいと思います。原曲キーでもよいですが、各々の状況により微調整してください。