こんにちは。今回はUNISON SQUARE GARDENの『Catch up, latency』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『Catch up, latency』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても、ショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。


『Catch up, latency』(UNISON SQUARE GARDEN)


【地声最低音】mid1B(B2)  ※ラスサビ前の1か所

★忠実にひm1B[く]きに流れhiB[け]hiA#{り]


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビを中心に頻出

m2G#[満][持][絶]hiA#[好]hiB[の]A#[ウント]B[ダ]G#[ウン](サビ前)
★ジグザグすぎhiA#[て]hiB[レイ]hiA#[テン]m2G#[シー]が鳴ってる(サビ)
★それがhiA#[意]hiB[外]A#[な]ハーモニー[に]B[なっ]A#[て]
hiA#[あ]まりにもふhiB[めい]A#[りょ]うで不B[確]A#[実] 
★何hiA#[か]hiB[が]A#{頬]を通過したのは
hiA#[拝]啓、わhiB[かっ]A#[て]るよ
★純粋さは隠hiB[す]hiA#[だ]け損だろう?

★後悔は減点対象に数えm2G#[ちゃい]hiB地[ない]hiA#[か]G#[ら]
★それhiA#[な]hiB[ら]A#[そ]の合図で反撃してB[や]A#[ろう] じゃない(2番サビ)
★決定権はこっhiA#{ち]hiB[に][ある]から(ラスサビ前)
★敬具、むhiB[すん]hiA#[で]m2G#[く]m2G[れ](ラスト)




【補足】mid2G#(一部のみ)hiA#の注意箇所

★朝に灯ったm2G#[温]度が 夜更け頃にm2G#[は]hiA[逆]G#[も]どりして
★枷にm2G#{なっ]hiA[た]G#[み]たいだな
★SOSはランダムに都合よく七変m2A#[化](Bメロ)

★でもたまんhiA#[ない](サビ)
★君の心に 追いついたせいhiA#[かな]

※一部を除くと、mid2A#あたりが低音部として頻出します
『Catch up, latency』(UNISON SQUARE GARDEN)










 まず、『Catch up, latency』についてです。この楽曲は、2018年に3人組バンドUNISON SQUARE GARDENによりリリースされたシングル作品です。この楽曲は、三浦しをんさんの小説を原作にしたテレビアニメ『風が強く吹いている』のオープニングテーマとして書き下ろされました。比較的新しいシングル作品ですので、2019年現在はシングルや配信としてのみのリリースになり、アルバムには未収録です。

 『Catch up, latency』は箱根駅伝を舞台としたアニメの主題歌ということもあり、疾走感のあるバンドサウンドでありながら、爽やかさも感じさせられます。カラオケなどで歌唱しても盛り上がりやすいのではないかと思います。

 『Catch up, latency』は音域的に見ると、高音部はmid2G#~hiBといった音階が非常に多く登場します。hiBなどは男性の音階としてはやや高めですが、それが頻出するということで高音域が得意なだけでなく、持続力も求められます。非常にしんどいです。また、一部の低音部を除くと、mid2A#あたりが低音域として頻出します。ラストサビ直前の低音部を上手く工夫すれば、キーの調整はしやすいと思います。



 さて、『Catch up, latency』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりも高めです。 以下、見ていきます。

 まず、上述するように、同曲はhiB,hiA#といった音階が雨あられのように登場します。地声で確実に発声したいですが、これだけ頻出すると一般的にはかなりしんどい音階になります。一般的な男性の場合、キーを下げて調整するのが定石なのではないかと思います。原曲キーから3つ程度さげて、地声最高音をmid2G#あたりで試してみてください(高音域が非常に得意な方は原曲キーなどでもよいと思います)。

 『Catch up, latency』はラストサビ直前にBメロの1オクターブ下を歌唱する場面がございます。そこが同曲の中で一番低音域がきつい場面になります。例えば女性が歌唱する場合などは、そこは原曲よりも1オクターブ上を歌唱するのもアリだと思います。その分、声の大小などでうまく抑揚をつけてください。

 ラストサビ直前の低音部を除けば、『Catch up, latency』はmid2A#あたりが最低音となります。ラストサビ直前の低音部を1オクターブ上を歌唱するのであれば、大体mid2A#~hiBの楽曲になるので、キーの調整は行いやすくなります。キーを下げて歌唱する場合、ラストサビの直前が苦しくなると思いますが、1オクターブ上を歌唱することで乗り越えるのも良いと言えます。