こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『鯨の唄』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『鯨の唄』(Mrs.GREEN APPLE)、Kujira no Uta


【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[散]らばっD[ち]まったアD[イ]デンティティが
m1D[手]を挙m2G[げ]て叫んでいるのも(ラストサビ)

【地声最高音】hiC(C5)  ※サビの直前

★僕の居hiA#[場]hiA[所]に気hiD裏[付]hiC地[か]hiB[せ]よう A[oh]


【裏声最高音】hiG(G5) ※各サビで2回ずつ登場

★手hiB[を]hiD[挙]hiG[げ]D[て] D[さ]C[け]B[ん]hiA[でい]B[る]A[の]




【補足】mid2G(一部略)hiD辺りの注意箇所

★ひょんなこm2G[と]からhiA[ま]hiB地[よ]G[い]hiD裏[こ]G[んだ]
★m2G[見]hiA[慣]hiB[れ]G[た]A[も]G[のは]何一つ無いな

★だれhiA[か]hiB[が]ぁ きっと見hiD裏[てい]hiC[る]hiB[か]C[ぁ]

hiD裏[あ]hiC[め]hiB[が]hiA[上]B[がっ]A[た]ぁ 
hiD裏[そ]hiC[ら]hiB[が見]hiA[え]たら

『鯨の唄』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『鯨の唄』についてです。『鯨の唄』は、2017年に5人組バンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたアルバム『Mrs.GREEN APPLE』に収録されているナンバーです。タイアップなどはありませんが、演奏時間が6分を超えるスケールの大きな楽曲であります。アルバムリリースと同時にMrs.GREEN APPLEのYoutube公式チャンネルでMVが公開され、2020年1月現在、600万回近い再生回数を記録しております。

 『鯨の唄』は演奏時間が6分を超える壮大なバラードです。ストリングスも用いられており、中西亮輔さんがアレンジを担当しております。ミセスの大森元貴さんは裏声を多用したハイトーンのボーカルが特徴的ですが、本作『鯨の唄』においてもそうした歌唱が色濃く出ております。
 ボーカル場面において印象的だと感じたのはラストサビの「hiB[い]hiD[つ]hiG[ま]D[で]」の部分です。通常サビの部分【手hiB[を]hiD[挙]hiG[げ]D[て] 】と比べて、音が1つ(「手(m2G)の部分」)少ないのですが、その少しの違いで印象に残りました。

 『鯨の唄』の音域的な特徴についてです。先に述べたように、ボーカル大森元貴さんのハイトーンボイスが今回でも遺憾なく発揮されております。以前レビューした僕のことと毛の色が似ていますので、比較してみてもよいかもしれません。音域は広めですので、キー調整で歌唱するとしても、ある程度歌い慣れておく必要があります。



 さて、『鯨の唄』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、サビについては「裏声」と「地声」が目まぐるしく入れ替わるように器用に使われてり、こうした部分で非常に難易度が高いです。これは以前レビューした僕のことについても共通する部分です。原曲キーで歌唱する際はhiB,hiCといった高いキーを歌いこなすことも重要ですが、その中で裏声を交え器用に使いこなすことも求められます。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな選択肢になると思います。例えば、原曲キーから4~5つ下げて地声の最高音をmid2G(#)辺りに設定するとかなり歌いやすくなると思います。一方で、ミセスの場合は、その中で器用な裏声も求められますので、その点でハードルが高いです。そこについては留意しておいてください。

 『鯨の唄』は音域が広い楽曲ですが、低音部分に少し余裕がありますので、キーの調整は可能であります。ただ、普段歌い慣れていない人が歌いやすい音域に設定するのは難しいです。裏声なども多用されておりますので、「しっかり歌い慣れた人向けの楽曲」であると言えます。私なりの印象ですが、僕のことより少し難易度が低いです(それでも難しい)。