こんにちは。今回はB'zの『イチブトゼンブ』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 なお、『イチブトゼンブ』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、代わりとしてall-tab.netさんによるギター演奏の動画を添付します。こちらの動画で、歌メロディーおよびボーカルのニュアンスがフル尺で確認できます。


『イチブトゼンブ』(B'z),Ichibu to Zenbu


【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[ア]ナタはわたG[し]のほんのイチブしか知らない


【地声最高音】hiD(D5)  ※楽曲全体で1回

★愛しい理由を見m2G[つ]hiA[け]G[た]A[の]hiD[な]hiB[ら](ラストサビ)

※ここを除くとhiCがサビで複数回登場します。




【補足】mid2GhiCの注意箇所

★勝ち誇るm2G[よう]に笑われても(Aメロ)
★オカズにm1G[な]れるくら2G[い]hiA[で]m2F#[す]

★すm2G[べ]hiA[て]G{知]A[るの]hiB[は](サビ)
hiB[ぼ]hiC[く]m2G[らは]どうB[し]hiA[て]
★せいm2G[ふ]hiA[く]G[し]A[たが]G[る] 
★愛しm2G[ぬ]G[る]hiA[ポ]hiB[イン]A[ト]G[が]
m2G[ひ]hiA[と]hiB[つ]hiC[あ]B[りゃ]A[い]G[い]のに

★僕だけが見m2G[え][い]ること どれもG[ホン]トのこと(Cメロ)

『イチブトゼンブ』(B'z)









 まず、『イチブトゼンブ』についてです。この楽曲は、2009年に2人組のロックユニットB'zによりリリースされたシングル作品です。『DIVE』との両A面シングルとしてリリースされ、アルバム『MAGIC』に収録されております。この楽曲は、フジテレビ系月9ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』のために書き下ろされ、大ヒットを記録しました。こうしたこともあり、ファン以外の多くの人にも知られている楽曲であります。

 『イチブトゼンブ』はミディアムテンポのロックナンバーです。サウンドはハードロックなのですが、ドラマのタイアップということもあり、馴染みやすい歌メロディーでもあります。歌メロはAメロとサビ、Cメロで作られており、比較的シンプルな構成です。私なりのイメージですが、サビの直前のメロディーが取りづらいと感じました。

 『イチブトゼンブ』の音域的な特徴についてです。ハードロックナンバーということもあり、非常にキーが高いです。ただ、低音部に余裕がありますので、キーを下げて歌唱することも可能であります。



 さて、『イチブトゼンブ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビで登場します。この場面を除くと、サビではhiCが複数回登場しますので、最低でもhiCくらいまで歌いこなせる必要があると思います(hiDまで歌えるに越したことは無い)。

 これらの音域は一般的な男性の音域よりもかなり高いです。よって、キーを下げて歌唱することが一般的なのではないかと思います。私なりのイメージですが、原曲キーから5つ下げて、地声最高音hiA位にするとよいのではないかと考えております。hiAは一般的な男性の音域よりも少し高いですが、サビで頻出するhiCがmid2Gに設定されます。少し苦しいくらいで歌唱した方が原曲のニュアンスに近づけるのではないかと思います。ただ、このキーであっても、歌い慣れた人でないと滑らかな発声が損なわれますので、その点は留意しておいてください。

 『イチブトゼンブ』は低音部分に余裕がありますので、キーの調整はしやすいと言えます。歌い慣れていない人でも歌唱可能なキーまで下げることも可能ではないかと思います。ただ、うまく音程が取れたとしても、ボーカルの細かい抑揚まで再現するには練習が必要です。その点は注意してください。練習をしていく中で少しずつ高いキーにも挑戦できるようになると思います(原曲キーは非常に難しいです)。